FC2ブログ

にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

URAKAWAファンド。

ノルマンディーのスターズファンドは

一口馬主の入り口として…

あるいは

一口いかないまでも、気になる馬の補完として…

機能していて、うまく作ったなぁと感心しています。(ただね、手数料は高いなぁ)

何頭か集めて、1つのファンドにするアイディアは前出の2つの機能だけでなく、価値観の共有にもなりそうだと考えています。

大抽選会になるくらい売れるからつくる意味はないのですが、シルクで「レイクヴィラファーム生産馬応援ファンド」なんかあったら、メジロに浪漫を感じる人々が集まりそうですよね。

そんな観点からファンドを作ったら面白そうだな…と思うクラブにニューワールドレーシングを挙げたいなぁ。

ワタクシはマイルール(主にお財布問題)により、40口の現役馬は1〜2頭にしています。よって18年産はお休みする予定ですが、クラブを応援したい自分の気持ちはどこに持っていけば良いのだろう…と考える瞬間があります。

そこでファンドですよ。

こんなのどうでしょう?

命名:「URAKAWAファンド」

内容:浦河の、日高の馬を応援しよう!

浦河を中心にした日高の馬を1つのファンドにする。頭数は3〜4頭くらいが良いのかなぁ。

このファンドは毎日のLINEもお中元やお歳暮も要らない。月2で育成状況、あとは次走予定くらいは知りたいけど(笑)

ニューワールドが目指す方向は応援したいけど、1/40はハードルが高い…という方は少なくないはず。自分も数多くは買えない。そんなとき、応援したい気持ちを共有できる出資方法があればな…と思ったりするわけです。

一口馬主の入り口
欲しかった馬の補完
価値観の共有
浦河の応援
NWRへの入り口
毎年40口にいけない人への受け皿

クラブが大切にしたいクオリティーや品格を維持しながら、応援してくれる人を増やすには1/400にするのではなく、ファンドにするところがミソかな…と思う今日この頃です。
スポンサーサイト
  1. 2018/12/12(水) 18:44:19|
  2. ニューワールドレーシング
  3. | コメント:0

どうしても欲しいメジロルバート17。

大抽選会確実のメジロルバート。マックイーン、ライアン、ラモーヌといったメジロの血の総決算にして、オルフェラモーヌの三冠配合。ステゴ×モガミで狂気の暴れ馬になってもおかしくない魅力たっぷりの血統・・。オルフェだから喉のリスクもあるけれど馬体測尺も度外視、すべてを飲み込んで申し込みます。1/500だからできることやね。

果たして自分は運が良いのか悪いのか、これまでの抽選の歴史を振り返ってみよう。

【15年産】
キャロット
ヴェルデライト ○
グレイシアブルー ● 
グレイシアブルー ● キャンセル募集 
後のメールドグラース。2勝しているのでこの仔が取れていたらキャロット退会はなかった。

ノルマンディー
リンダムーン ●

【16年産】
シルク
プチノワール ●
プリモスター ●
ビアンカシェボン ●
1次全敗で仕方なくポチったヴァルドワーズとグランデストラーダが勝ち上がっているから不思議な縁。

キャロット
クライフォージョイ ●
アブソルートリー ●

ノルマンディー
カグラ ○
ジョウノボレロ ○
キョウエイハツラツ ○

【17年産】
シルク
エンプレスティアラ ○
ラトーナ ●
ローマンエンプレス ●
ポルケテスエーニョ ●

ノルマンディー
ミネルバサウンド ●

通算17戦 5勝12敗。

うむ。だめそうだ(笑)
  1. 2018/11/27(火) 21:02:49|
  2. 出資馬検討
  3. | コメント:0

出資馬あれこれ

すっかり忘れていた「月刊出資馬たち」。10月~11月の2ヶ月を一気にどうぞ!

【出資編】

ノルマンディーでペッシュドール17、シュヴァリエ17、コーラルグリッタ17の3頭に出資しました。ペッシュドールは成長の余地を残した馬体でしたがバランスがとても良く、大好きなステイゴールドにゆかりのある血統でしたので10%OFF期間中にポチった次第です。シュヴァリエ17は正直なところ牡馬では3番手評価でした。ミネルバサウンド17に落選してしまい、再検討。脚元の不安は拭いきれませんでしたが、勝ち上がり、2勝目目指せる素材としてポチりました。コーラルグリッタ17は牝馬では1番仕上がりが早そうな印象で順調にいけば2歳デビューが確実だと考えての出資です。完成度で他馬を上回り勝ち上がってくれたらと思える馬。デスティニーソングを彷彿させる血統構成ですし、期待もしたいところですがまずは1勝を目指してもらえたら。

【様子見編】

ウインのアクティビューティ17は見送りを決めました。たぶん走ると思いますが、今年のマイルールをクリアすることができず、お仲間たちを通じて応援しようと思っています。残すはシルクのメジロルバート17かウインのグレートキャティ17。ルバートは大抽選会でしょうからたぶん無理。キャティは次の更新で最終判断です。ただこの世代スクリーンヒーロー牡馬は既に2頭。日高スクリーンヒーロー牡馬三頭はやりすぎ・・・かな。

【出走編】

10月11月はとにかく悔しい2ヶ月でした。唯一の勝利はルヴォルグの新馬戦。ただ1番人気で臨んだ東スポ杯では9着。菊花賞1番人気で臨んだブラストワンピースも4着に敗れ、福島2歳Sで2番人気だったヴァルドワーズは8着・・・。上位人気を裏切る結果が多く、競馬の厳しさを味わった2ヶ月でもありました。

【12月出走予定編】

12/8(土)ピボットポイント、セラールネイジュ
12/23(日)ブラストワンピース
12/28(金)グランデストラーダ

ピボットポイントは8月小倉で勝ち上がって以来のレース。本当に良くなるのは来年以降でしょうが2勝目、3勝目を目指して欲しい馬です。初の40口馬セラールネイジュは4着に健闘した9月以来のレース。山岡トレセンでじっくり乗り込まれていたので善戦以上を期待したいところです。最大の話題としては有馬記念に出走意向を表明しているブラストワンピース。あのお祭りに、ドリームレースに出走できるのなら・・・もみくちゃにされても応援に行こうかな。

以上、「10月11月の出資馬たち」のコーナーでした!
  1. 2018/11/25(日) 23:11:20|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

ブラスト、有馬を走る?

次走予定:ブラストワンピース 有馬記念

この文字を見つけたとき、我が目を疑った。有馬記念はLIVEで見たくないレースNO.1(笑)

足を踏み入れるとそこは早くも初詣と勘違いしてしまうほどのヒト、ヒト、ヒト。馬券を買いに行くのも一苦労で、レースが近づくと身動きなんてとれやしない。人の波に飲まれ、意図しない方向へ流されるだけ…。

ブラストはまだGⅢ2勝のみ。上位の馬とは明らかに格が劣る。グランプリを走る姿を見たくもあるけど、ボロ負けする姿は見たくない。

けれど、もし出れたとしたら出資馬が有馬記念を走るなんて最初で最後だろうから、流されまくって迷子になろうが良い思い出と思えるかもしれない…。

その昔、毎日杯に出走し、ダービーで入着、古馬相手に重賞を勝ち、菊花賞1番人気で掲示板までという3歳馬が有馬記念を制した。

その名はシルクジャスティス。奇しくも同じ勝負服を身に纏い、グランプリに挑もうとしている。

そのロマンに乗っかって、ブラストワンピースに1票投じる事にした。
  1. 2018/11/19(月) 21:16:51|
  2. シルクの出資馬
  3. | コメント:0

出資馬に会いたい。

出資馬と会う事の喜びを教えてくれたのはやっぱりセラールネイジュだった。浦河で会ったときと変わらない愛くるしさは癒やしに近いものがある。もし彼女が勝つことがあれば泣いちゃうかもな。命懸けで走り、引退後もどうなるかわからないサラブレッドだからこそ一期一会の心で応援し、愛したいものです。

現役の出資馬と会うには競馬場か外厩・牧場に限られる。メンコやシャドーロールがない素顔で会いたいとなると競馬場以外になる。

その点では本州で会いやすい環境があるニューワールドはボクにとって大事なクラブ。山岡トレセンはいつでもウエルカムの姿勢でいてくださるので有り難い限り。ウインの鉾田も同様なので楽しいクラブライフが送れるかもしれない。

ノルマン小野町は月・水しか見学できないのが残念。今ならブランメジェールがいるので会える絶好のチャンスなんだけど…。頼むから特別に会わせてくれよ、黙ってるから(笑)

出資馬と会うというベクトルでクラブを見ていくとそれぞれ特徴がある。

勝ちたい、会いたい、語り合いたい。

クラブ選びって自分の大切にしたい事が叶いやすい環境があるかどうかで決めるとゆるくながく続けていけるのかもな。
  1. 2018/11/10(土) 22:16:06|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad