にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ピボットポイント、デビューは10月15日?

ピボットポイント最新の馬体。

pp0819.jpg

立派な馬体になってきたな・・・。483kg。募集時に413kgだった事を考えるとこれだけで感慨深くなっちゃいます。6月30日にゲート試験に合格。ノーザンファーム空港に戻って調整を重ねてきましたが、すこぶる順調のように思います。脚元にネガティブなコメントが一切ないのも嬉しい限り。

シルクのHPには7月27日の動画があり、この動きも良いのですが、キャロットの出資馬ルベライトの動画にもピボットポイントが走っています。こちらは8月10日の動画ですので、コチラが最新となるでしょうか。

この8月10日の走りっぷりが良い。沈み込むようなフォームとバネ感。ディープ産駒っぽくなってきたなという印象です。出来れば横からの動画も観たいんですけどねぇ〜。

気になるデビュー戦ですが報知POGブログによると10月15日(日)京都芝1800mの予定と記されておりました。

この日は秋華賞がありますから、有力ジョッキーの確保は難しくなさそうです。友道厩舎のディープ産駒でこの条件でデビューしたお馬さんと言えば・・・そう!ダービー馬マカヒキ。デビュー戦はデムーロ騎手が乗りましたが、ルメール騎手、川田騎手など主戦を固定できずに現在に至っています。外国人騎手ですと東西に有力馬がいますから、乗り続けてもらうのは難しいでしょう。なら日本人騎手でお願いしたいところ。福永祐一騎手でいかがでしょうか?

まだしがらきにも行っていませんが、今からデビューが楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/19(土) 22:45:42|
  2. ピボットポイント
  3. | コメント:0

シルクの洗礼

結果から言えば、洗礼を受けた。それも予想以上の。

8月15日(火)午前9時50分、10分後にはじまる争奪戦の武器はスマホ×2とデスクトップPC。

スマホの1つはログインした状態に。
もう1つのスマホはシルクのトップページの状態に。
デスクトップPCはシルクのHPに入る一歩手前。

どれかは繋がると高を括っていたが、10時が過ぎるとすぐに絶望に変わった。笑っちゃうくらい繋がらない。「コレか!」

10時30分には外出しなきゃいけなかったので、それまでに繋がらなかったらその仔は諦めると決めていた。

名は「グランプリエの16」。

あっという間に30分が過ぎ、シルクの洗礼を受けた訳です。

結局twitterでグランプリエが満口になったと知ったのはJR蘇我駅のホーム。ここ10年以上利用した事がない駅の良い思い出になった。

と、ここまでは予想の範囲内。大抽選会、ネットの大争奪戦はビビらなかった。

予想外だったのは残口馬の顔ぶれ。去年はメジロツボネやツルマルワンピース、ペンカナプリンセスにアドマイヤテレサもいたのに、今年の顔ぶれには心躍らないのが正直な気持ち。まるでキャロットの残口馬のようだ。この勢いは来年も増すだろう。キャロットとシルクのどちらかで期待馬を獲得する作戦は甘かった・・・と言わざるを得ない状況だ。

ちなみにシルクはウィストラムのみ様子を見て、キャロットとノルマンディーの後に残っていたら考える方向にします。

で、キャロット。

1番良く見えて1番欲しいお馬さんに突っ込むのは決めている。

牡馬か牝馬か。

短距離か中距離か長距離か。

芝かダートか。

早熟か晩成か。

どのカテゴリを重要視するか、じっくり考えよう。
  1. 2017/08/18(金) 23:04:15|
  2. シルク 2016年産検討
  3. | コメント:4

キャロットの牝馬。

牡馬の16年産募集予定を眺めたので、牝馬も眺めてみよう。

ディープインパクト産駒:5頭
キングカメハメハ産駒:2頭
ハーツクライ産駒:3頭
オルフェーヴル産駒:2頭
ロードカナロア産駒:4頭
ジャスタウェイ産駒:5頭
ダイワメジャー産駒:1頭
ハービンジャー産駒:1頭
ルーラーシップ産駒:2頭
ワークフォース産駒:2頭
ヴィクトワールピサ産駒:1頭
エイシンフラッシュ産駒:1頭
スクリーンヒーロー産駒:2頭
ダノンシャンティ産駒:1頭
タートルボウル産駒:1頭
ディープブリランテ産駒:1頭
マンハッタンカフェ産駒:1頭
ヨハネスブルグ産駒:2頭
ヴァーミリアン産駒:1頭
エンパイアメーカー産駒:1頭
ダンカーク産駒:1頭
トーセンホマレボシ産駒:1頭
ブラックタイド産駒:1頭

という予定。ディープ、キンカメ、ハーツの御三家産駒が10頭で牡馬の倍。ちなみに去年はディープ4頭、キンカメ5 頭、ハーツ4頭で13頭。これでも去年よりは減っている。世代交代は確実に進んでいる。目を引くのが牡馬同様ロードカナロアで去年と同じく4頭。今後の生産界を担う1頭である事は疑いようもなく、その売れ行きと競走成績はクラブにとっても気になるところだろう。そして、新種牡馬ジャスタウェイ。5頭はディープと並んで最多。これは意外だが、種付け料が高くなったハーツに代わり抜擢されたと考えられ、たまたま牝馬が産まれたと思われる。

それにしても2012年以降ダービー馬を輩出し続けるディープ、キンカメ、ハーツの御三家の産駒、牡馬が5頭に対して牝馬は10頭。どう考えても牝馬に偏っている。母馬優先だなんだあるにしてもだ、調整くらいは出来たはずだ。

牡馬が「「新世代先物買い+定番世代」」なら牝馬はなんだ。

レイデオロでダービーを勝った。となると、キャロットの狙いは牝馬によるダービー制覇しかない。牝馬は「牡馬粉砕世代」だ!

あやうくターファイト(ファンディーナ)の二番煎じになりかけたが、キャロットは牝馬でダービーを狙っている。今年の御三家牝馬の中にウオッカがいる!

と、妄想している。
  1. 2017/08/15(火) 18:00:00|
  2. キャロット 2016年産検討
  3. | コメント:0

キャロットの牡馬。

キャロットの16年産募集予定を眺めていて、気になったのは牡馬。

ディープインパクト産駒:2頭
キングカメハメハ産駒:2頭
ハーツクライ産駒:1頭
オルフェーヴル産駒:3頭
ロードカナロア産駒:4頭
ジャスタウェイ産駒:2頭
ダイワメジャー産駒:5頭
ハービンジャー産駒:3頭
ルーラーシップ産駒:3頭
ワークフォース産駒:2頭
ヴィクトワールピサ産駒:1頭
エイシンフラッシュ産駒:1頭
ゴールドアリュール産駒:2頭
シンボリクリスエス産駒:2頭
ダノンシャンティ産駒:1頭
タートルボウル産駒:1頭
ディープブリランテ産駒:1頭
マンハッタンカフェ産駒:1頭
クロフネ産駒:1頭
トーセンジョーダン産駒:1頭
トーセンラー産駒:1頭
ベルシャザール産駒:1頭

と、こんな予定になっていますが、ディープインパクト、キンカメ、ハーツがわずか5頭。去年の9頭から減らしてきた。この3頭の牡馬を買うのは高値で掴む株のようなもの・・・とでも言いたいのか、牡馬は「新世代先物買い+定番世代」と見た。

新世代ロードカナロア産駒は去年の1頭から一気に4頭。2歳戦の活躍を見れば、人気も集中するだろう。オルフェーヴル産駒は去年も3頭。自身がそうだったように3歳になってから成績を伸ばしてくるだろう。一方定番のダイワメジャー産駒は去年2頭に対し5頭。クラブの安定を支えるだけじゃなく、当たりがいるはずだ。それも大当たりかもしれない。ハービンジャー産駒は去年1頭に対して3頭。期待が伺え、確実に当たりはある。またゴールドアリュール産駒も見逃してはいけない。

カタログやDVDが届いてから詳しく検討をはじめるが、1番良く見えて、1番欲しいお馬さんに突っ込むとだけ決めている。
  1. 2017/08/14(月) 18:00:00|
  2. キャロット 2016年産検討
  3. | コメント:0

夢があるキャロット。

悲願のダービー馬を輩出し、15年産の2歳勢も好調。サンデーRよりも勝ち上がりが多い。

キャロットはすごい!

今日、確信しました。

フラットレーの鮮やかすぎる勝利にクラブの底力を感じた次第です。
(MarsAttacks!さんがうらやましい!)

自分もフラットレー気になってましたよ。リッチダンサーの15。だけどあの左眼が怖かった。あ、やんのかコラ!とすごんでいる眼。リッチダンサーの仔ですから、気性面の課題は常にあるでしょうが、やんのかコラ!の闘争心こそ、競走成績に直結するのは間違いないようです。

レイデオロに続いて、今年も藤沢厩舎から有力馬を出してきたキャロット。3年待てばレイデオロやフラットレーのようなお馬さんに出資できる可能性がある!庶民のワタクシにもチャンスが転がっているクラブ。

で、冒頭のキャロットはすごい!に繋がった訳です。今更ですがね。

だけど、どうして自分は未勝利なんだ!!

ゴレヘヴコンビは未勝利脱出を賭け、懸命に頑張っていますがどうなるか・・。去年の最優先カラドゥラには期待していますが、本当に大きいところを目指すにはやはり超人気馬に突っ込まなきゃいけないのではと考えはじめた今日この頃・・・。

シルクは牡馬NO.1評価のプリモスター、牝馬NO.1評価のプチノワールに突っ込み、敢えなく散りましたが、後悔はありません。清々しい気持ちです。

ならばキャロットも×をもらいにいく気持ちで突っ込むべきではないかと。去年は確実にとれる方針にしたけれど、今年は突っ込む年だ。

そう決めた。
  1. 2017/08/13(日) 21:59:10|
  2. キャロット 2016年産検討
  3. | コメント:2
次のページ

FC2Ad