にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

スターズインヘヴン、引退。

昨日の今日で、思ったより早い展開で。

デジャヴ。

引退が決まった日に兄のセンチュリオンが勝つなんてなんかドラマティック。スターズインヘヴンのハイライトはデビュー戦。好位置から2着に粘り込み。次こそはという時に熱発。これがターニングポイントだったのかな。体質の弱さに泣かされました。

この仔に教わったのは育成期間に長期に渡り休まないこと。ラピュルテもビターレも長期の頓挫があって引退に追い込まれた。3頭の教訓は15年産の出資の際の大きな決め手になった。出資において最も重視するのは「脚元への不安がないこと」が明確になった。15年産の6頭は少々の頓挫はあったものの、順調と言える状態で2歳夏まで来れたので、3頭の分まで頑張ってもらいたい。

兄は活躍馬だし、サンデーも薄くなるので繁殖牝馬として残ってくれないかな・・・と思っています。

【公式コメント】

9/17  引退

「今回はハードルの高い戦いになると覚悟していましたけれど、次へのチャンスを作るためにも何とか頑張って欲しいと思っていました。しかし、思うようにいかず、厳しい結果となってしまいました。砂を被って気にするような素振りがあったものの、まだ良かったように思うんです。それも多少なり影響はあったのでしょうけれど、根本的なペースアップにうまく対応できないような走りになっていましたから言い訳ができません。じっくり時間をかけて成長を促していければそれに連れて力をつけ、先々で花咲く馬になってくれるだろうと期待していました。最初の勝負は新馬戦と思っていたので山元トレセンのスタッフとも力を合わせながら何とか整えて狙いに行ったのですけれど、あれを取りこぼしてしまったのは非常に痛かったです。あとは、繊細さがずっと頭を悩ませる要因になってしまいました。フケの症状が出て敏感になったり、与えたカイバをなかなか食べられず体が細くなってしまったりと牝馬特有の難しさが目立ちコンディションづくりにも苦労しました。それがここに来て不安が少なくなってカイバを食べられるようになっていたので、その点でもここでの勝負に望みをかけたのですが…。皆が同じなのですけれど、時間がもう少しあればと思うだけに悔しく、また皆様の期待にも応えることができなくて本当に申し訳ありません」(田村師)


体質面の弱さから育成に時間がかかり3歳3月でのデビューとなりました。何とか狙いをすましたデビュー戦へ向かうことができたものの、勝負に敗れてしまいました。今思えばここが分岐点だったのかもしれません。その後は馬具を使って工夫したり、メンバーを考えて金沢へ向かったりと、スターズインヘヴンの将来に繋がるように陣営が色々と尽力してくださったのですが、最後の最後は出走間隔の兼ね合いから未勝利戦へ出走することはできそうになく、格上挑戦したものの結果を出すことはできませんでした。ここまでの戦績を鑑みまして田村康仁調教師と協議をした結果ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 22:27:23|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

スターズインヘヴン、14着に沈む

前走金沢まで遠征したスターズインヘヴン。未勝利戦への出走が難しく500万下クラスへ格上挑戦することに・・・。

スタートこそ「おっ!」と思わせるよいものでしたが、すぐに追走が難しくなります。最後まで厳しい内容は変わらず、14着でのフィニッシュ!あれ、デジャヴ!

未勝利戦への出走資格もなく、地方に行って出戻ってきたとしても500万クラスで勝負できないのは明らかな感じです。ゴレアーダ同様、近日中にクラブからアクションがあるでしょう。

【公式コメント】

16日の中山競馬ではスタート直後の進みっぷりは良いように思えたもののコーナー付近から徐々に怪しくなってきて促しながらの競馬。なんとか押し上げていきたかったが、目立つほどの追い上げを見せることはできず14着。「適度に気合いが乗っていい雰囲気でしたし、返し馬ではスッとスピードに乗っていい動きでした。ゲートもそれなりに出てくれたのでそのままの位置で運べたら良かったのですが、まわりの馬の勢いが付くと追走が楽ではなかったですし、最初のコーナーはキックバックを気にしてしまいました。向こう正面では砂を被っても落ち着きを取り戻してくれたのですが、さすがにこのクラスになると楽ではなかったです。何とか良さを見せたかったのですが、力になれず申し訳ありませんでした」(野中騎手)

未勝利戦への出走が厳しいと判断したため果敢に格上挑戦をしました。今後につなげるためにも何とか良いレースをして欲しいと願っていたのですけれど、前半、そして向こう正面での行きっぷりを見ていると追走に苦労していて、最後まで抵抗することができませんでした。未勝利戦への出走資格がないため、今後についてはまずレース後の状態を確認してから協議していきます。
  1. 2017/09/16(土) 21:24:32|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

スターズインヘヴン、金沢を走る

大事な時に出ちゃうのがミスってやつで・・・。

ちょいと出負けしたヘヴンさん。遅れを取り戻そうとスピードを上げ上位を伺おうとしたその瞬間が1コーナー。デビューから指摘されていた左に張る癖。青柳騎手が懸命にコーナリングしようとしている姿に負けを覚悟したもんです。

勝ち馬から大きく遅れ、5着でフィニッシュ。

次の中山が正真正銘のラストチャンス。厳しいレースになると思いますが、最期まで応援します!

【公式コメント】

29日の金沢競馬では五分のスタートから促して行くが、1コーナーで膨らんでしまいポジションを下げてしまう。向こう正面から挽回していこうとしたものの、前半のロスが響き差を詰め切れず5着まで。「パドック、ゲートと落ち着いて良い雰囲気でいたのですが、ゲートが開くとテンションが上がってしまいました。そして、1コーナーで物見をして外へ流れてしまったのは一番痛かったです…。レース前の落ち着きのまま走れていればコーナリングを上手にこなせたのではないかなと思えるだけに残念でなりません。走りから前向きではあるのでしょうけれど、テンションの高揚からかややムキになって走ってしまっている印象も受けましたから、もう少しでも落ち着いて走ることができれば違ったはずです。今回の騎乗依頼を大変嬉しく思っていたのですが、結果で応えることができず申し訳ございません」(青柳騎手)


「馬体重を増やしてレースへ臨めたように前回よりいい状態だったと思います。何とか流れに乗って良さを発揮してもらえたらと考えていたのですが、1コーナーで膨れてしまいましたね…。金沢のコースはあの位置を前目で通過できないと難しいと考えていましたから、スッと好位につけられなかった時点で厳しい戦いになると覚悟していたところ、そこからさらにロスが生じて余計にツラくなってしまいました。スンナリと流れに乗れていれていればと思うと残念でなりません。交流戦でのチャンスを活かせず悩ましいですが、出走回数的に中山の限定未勝利戦への出走資格はあります。それなので、最後のチャンスに賭けてこの後の調整をしていきたいと考えています。まずはレース後の状態を見てからになりますが、開催後半に構えていて絶対にレースに使えるという保証はありませんので、可能ならば開催前半のうちから出走の機会をうかがっていければと考えています」(田村師)

交流戦で押し切りを狙ったのですが、スタート後のポジション争いで後手を踏み、さらにコーナリングで膨らんでしまってレースの流れに乗れませんでした。前と大きく離れていたので苦しいことに変わりはなかったものの、スムーズであればまた違った面を見せてくれたでしょうから残念でなりません。このあとは中山限定未勝利戦への参加資格を有している馬ですので、レース後の状態を見つつ出走機会を探っていきます。
  1. 2017/08/30(水) 23:21:32|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

スターズインヘヴン、福島を走る

スターズインヘヴンが福島のダート戦に出走しました。

東京よりは走りやすそうなので前進を期待していましたが・・・。

スタートがやや遅れて中団からのレースに。どうも行きっぷりがよくありません。3コーナーから4コーナーでは早くもムチが入るなど必死の追走を試みますが、ジリジリ伸びて6着でのフィニッシュになりました。

それでは公式のコメントです。

8日の福島競馬では五分のスタートから中団を追走。勝負どころから追っ付けながら押し上げていくが、直線はジリジリした伸びで6着まで。「最後までしぶとく伸びてきているんですけどね…。今日はブリンカーを着用しましたが、今一つ集中しきれていない感じでしたし、1コーナー付近では外に逃げるような格好になってしまいました。促して促してやっと動くようなイメージなので、もどかしいですね。最低限、権利だけでも取れれば良かったのですが、結果を出せず申し訳ありませんでした」(吉田豊騎手)

立て直しを図っての巻き返しを狙いましたが、カイバ食いや道中の走りを見ても精神面の若さが露呈してしまった印象です。今回はブリンカーを着用した上で前向きさを出せればと考えていましたが、思ったほどの効果が得られなかったのも痛手でした。新馬戦の走りからも勝ち切る力はありますし、次での前進に期待したいと思います。今後はレース後の状態を見た上で検討していきます。

一旦放牧に出して立て直しを図りましたが馬体重は−10kg。飼い葉の喰いも良くないとの情報もあったので、夏負けというか体質面の弱さが露呈してしまったかなと思います。

福島でもう1回使えるのがベストですが、この馬体重では厳しいかな。かといって新潟が合っているとも思えず、次どこで使うかはスターズインヘヴンにとって非常に大事な選択になりそうです。

思い切って北海道での滞在競馬が良いのでは考えはじめています。札幌で2回使う気持ちでチャレンジしてほしいなぁ。体質の弱い彼女にとって暑い本州よりは北海道の方がベター。滞在競馬で輸送がないのも馬体の維持にはもってこい!片道切符になってしまうかもしれませんが、新潟よりは光が見えそうな・・・気がします。
  1. 2017/07/08(土) 21:58:49|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

スターズインヘヴン、大敗・・

スターズインヘヴンが未勝利脱出を目指し、東京ダート2100mに出走しました。

この中間、飼い葉食いが悪いという公式コメントがあり、しかもこの暑さ・・・ちょっと心配していましたが・・・。

スタートはややゆっくり。後方からレースを進めます。なんとなくですが、中山で見せていたスムーズな走りではなく、どこかぎこちない走りで追走が精一杯という印象すら受けます。3コーナー、突然ずるずると後退!!

故障かっ?

と、一瞬思ったほどでしたが、止める気配はなく、最後の直線。

激しい上位争いを尻目に、後方13着でのゴールとなりました。

それでは公式のコメントです。

5/21  田村厩舎

21日の東京競馬ではゆっくりめなスタートで後方からに。道中はそのままリズムを整えて追走していたが、最終コーナーで上手くスピードに乗れず13着。「ダートスタートに変わって良いと思っていたのですが、今日は悪いところが前面に出てしまいました。3コーナーあたりで右手前から左手前に替えると急に突っ張って走っていましたし、そこでスムーズに流れに乗せることができませんでした。直線で右手前に替わるとまた伸びていただけに勿体ない競馬をしてしまいました。次は違う馬具などを検討してもいいかもしれませんね。続けて乗せていただいているにも関わらず、なかなか前進を図ることができず申し訳ありませんでした」(吉田豊騎手)


「スタートが速くなかったので後方からになったのは理解できますし、向こう正面までは決して悪い走りではなかったと思うんです。それが最終コーナーへ向かうために右から左手前に替えたとたんに、急にばかついてフォームが乱れてしまいました。正直何かあったのかと不安にはなったものの、直線で右手前になるとジリジリながらまた脚を使っています。チークを着けていましたし、調教でここまで極端に左手前でスムーズさを欠くことはなかったのですが、今日はそこで気の悪さを見せてしまいました。やはりこれからペースをあげたいタイミングで、近くにいた赤帽に付いて行きたいところを、むしろ大きく離されてしまってはキツかったですね…。カイバ食いに波は出やすくても毛ヅヤは良く見せるくらいでしたし、決して体調が悪いわけではなかったと思いますから、やはり気持ちの面が大きく影響してしまったのかもしれません。まともならここまでの馬ではありませんし、次はしっかりと巻き返せるように手を尽くしていきたいです。今日は申し訳ありませんでした」(田村師)

前走から距離を延ばして前進を図りたかったのですが、3コーナーを回るために右手前から左手前に替えると、フットワークが乱れて前の馬たちから離されてしまいました。直線では脚を使って盛り返して来たものの、ここからというタイミングで減速してしまったのが最後まで響きました。レース直後の歩様に気になるところはなかったので気持ちの面が影響している可能性が高そうですから、次走へ向けてはそこへのフォローもしっかりと行い、次こそは力を発揮して結果につなげていきたいものです。この後はレース後の状態次第になりますが、再来週から2場開催になることも頭に入れて節なども見ながらどうするか判断していきます。

3コーナーの後退は右手前から左手前に替えた時にリズムを乱した事が原因のようです。気の悪さが出てしまったという田村先生のコメントにもあるように、体調や脚元の不安はほとんどないようです。あとはメンタルというところでしょうか。

東京競馬場でのレースを見る限りでは、左回りよりも右回りが良いように思います。つまり夏場は新潟競馬場ではなく、右回りのどこかが良いのではないか・・・。まぁ函館か札幌しかないですよね!

この後一息入れて、福島→函館→札幌のどこかで決めてほしいなと思います。吉田豊騎手のスケジュールが難しければ、減量騎手の起用も良いのではないでしょうか・・・。田村先生は未勝利脱出のための最善を尽くしてくれると信じていますので着いていくだけです!!

頑張れ!田村厩舎&スターズインヘヴン!
  1. 2017/05/21(日) 21:30:33|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad