にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

エピカリスの件から思う事。

ベルモントSへ挑戦するために遠征していたエピカリスでしたが、主催者側の獣医によるドクターストップ、無念の出走取り消しとなりました。エピカリスの将来を考えると良かったと思います。あとは無事に帰国して、また元気な姿を魅せてもらえればと。

しかし、各所で話題になっているのがエピカリスの出資者が負担した1口5万円の遠征費が無駄になってしまったという事実。

ドバイや香港といった招待レース(主催者側が遠征費を負担)とは違い、自ら遠征費を負担して海外レースへ挑戦したクラブ馬と言えばサンデーレーシングのオルフェーヴルや友駿のタップダンスシチーやエスポワールシチーが思い出されます。彼らはGIを勝ち、たっぷり賞金を稼いでから遠征したのに対して、エピカリスはまだ3歳になったばかり。中央地方合わせて5500万円ほどしか稼いでいない状況での遠征という判断が物議を醸している要因なのではないでしょうか・・・。

クラブの判断とかノーザンファームの意向とか海外レースの馬券販売を強化したいJRAの意向とか感じる事は多々ありますが、当ブログではこのあたりには触れずに今回のエピカリスの件から

3歳春にダートGIを!
海外遠征費はJRAが負担すべし!

という2つの事を考えてみました。


まずは3歳春のダートGI。ジャパンダートダービーをメインに据えるのは良いとして、中央馬にもそのステップレースとしてダートGIが必要だと考えます。それに伴い、GIの前哨戦となるGIIやGIIIも必要になるでしょう。ユニコーンSをGIに昇格させ、ヒヤシンスSと昇竜Sあたりを重賞に昇格という形が良いと思います。

昇格したユニコーンSの上位馬にジャパンダートダービーの優先出走権を与えることで、ジャパンダートダービーが更に盛り上がり、レースの格が上がると考えています。ダート路線のメインレースは地方に担ってもらうという配慮を維持しながら中央にも路線を設ける事で、2歳時に賞金を稼いだダート馬がレース選択に迷わないようにする事ができます。もしこのようなダート路線があればさすがのエピカリスも国内に専念したのでは・・・と考えます。

続いて、海外遠征について。

島国ですから遠征には必ず航空機での輸送が生じ、その費用は莫大なものになります。クラブ馬は会員が負担する事になりますし、個人馬主でも超がつく大物でない限りは自費での遠征は難しいでしょう。

そこをクリアにする奥の手として、JRAが遠征費を負担するというもの。

といってもただ単にどのお馬さんにも無条件に・・・という訳にはいきませんので、しっかりとポイントや賞金など基準を設けて、実績上位○頭などに絞ったほうが良いでしょう。

原資はズバリ海外レースの馬券売上の一部。

昨年の凱旋門賞、メルボルンC、BCフィリー&メアターフ、香港4競走の馬券売上は約95億円。たとえばそのうち1%を遠征費としてプールする制度を設ければ9500万円が残ります。これを遠征費として使う事で、実績上位馬の海外挑戦がしやすくなるのではないでしょうか。

将来的に海外遠征が活発になり、海外レースの馬券売上が200億円まで到達したと仮定すれば、1%でその予算2億円。10頭ほど招待でないレースに参戦できます。

もし活躍すれば、引退後に種牡馬や繁殖牝馬としてオファーがあるかもしれません。オファーを受けなくてもその仔を海外の馬主さんが買ってくれるかもしれません。馬産地にとっても良い事ですので、ぜひ検討してくれないかなぁ。


と、そんな事を考えさせてくれたエピカリスの遠征でした。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 23:56:52|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

POG 2016-2017結果

そういえば、JRA-VANでPOGに初参加したのも昨年から。ダービーをもって1年が終わりました!

さて、結果は!

555.png

999.png


トータルポイント:89,420人中29,506位
シェアポイント:89,420人中14,910位

トータルポイントでは重賞勝ちがミスエルテだけと厳しい結果に終わりましたが、シェアポイントではディバインコードと我が愛馬ブランメジェールのおかげで健闘したと勝手に解釈しております(笑)

2017-2018シーズンでは「ノルマンディー2頭」「キャロット2頭」「シルク2頭」という縛りの中でチョイスしてみようと思います。POG本ではピボットポイントがそれなりに名前が挙がっていたので指名しようかな。
  1. 2017/06/02(金) 22:51:14|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

ダービーを終えて

ダービーを終えて、また新たな世代の戦いがはじまります。

14年産から一口をはじめたワタクシにとって、最初の1年が終わったという気持ちです。

そこで、14年産の出資馬たちの奮闘を振り返ってみたいと思います。

1番最初に入会したキャロットは特に何も考えず知名度だけでクラブを選びましたが、残口馬もわずかな状況でしたので、母馬のレースを知っていたゴレアーダときょうだいにデビュー勝ちが多かったスターズインヘヴンに出資。

ノルマンディーはバランスの良さに惹かれたラピュルテへの出資で入会。2次募集で鍛えがいがありそうなラグランドルーと筋肉質なキャラメルフレンチに出資。年明けて、利発そうな表情をしていたハリウッドレーヴとトレーニングセールでの走りを見て出世を確信したビターレ、アメリカで圧巻の走りを魅せたブランメジェールに出資し、2クラブ計8頭で最初の1年に臨む事に。


そして結果です。(一口馬主DBさんから拝借しました)


dadad.png

bzbzbzbz.png


いやぁ、散々・・・といった内容。

自慢じゃありませんが、デビュー戦シンガリ負けが3頭もいます(笑)

勝ち上がりは2頭。既に引退が1頭。5頭の未勝利馬が生き残りをかけて、この夏を走ります。来年も走れるお馬さんが増えるのか、微妙な情勢ですが、なんとかあと2頭は勝ち上がってほしいなぁと・・・。8頭中4頭は生き残った・・・という形になればいいなぁ。

最初の世代に出資してみて、自分の一口スタンスみたいなものが見えてきました。

最も重視すること。

「丈夫で数多く走る」

あれっ?これってノルマンディーのコンセプト。

2世代目にあたる15年産では脚元の不安で長期の頓挫だけは避けたかったので、自分なりにお馬さんを見て、基準を厳しくしたつもりです。今のところ、長期にわたって頓挫している出資馬はいないので今のところはまずまず。

数多く走るのはお馬さんの体質はもちろんのこと、クラブや厩舎の意向もあると思います。このあたりは15年産と16年産でしっかり見極めたいです。

今のところ、ノルマンディーのコンセプトはかなり良いと思っているので、コアサテライトのサテライトの気持ちで入会したクラブでしたが、今後はメインクラブとして考えています。ノルマンディーで頭数を多めに、キャロットとシルクはこれだという一撃必殺の1頭に絞っても良いかなと。

最初の1年はノルマンディー愛が深まった1年にもなりました。
  1. 2017/06/01(木) 23:46:15|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:2

騎手の差

日本ダービーが無事に終わりました。

勝ったのはレイデオロ!キャロットが初のダービー制覇です!!出資者の皆様、本当におめでとうございます!!

何回かレースを見返しましたが、騎手の差をこれほど感じたダービーは記憶にありません。最初の1000mをしっかり抑え、どスローと見るや一気に加速し好位につけ、最後の直線は抜け出し快勝と言って良いレースでした。ルメール騎手は本当に素晴らしいですね!人気のお馬さんでこういった判断ができるのは外国人騎手ならでは。条件戦でもスローペースになると脚質に関係なく好位につけようとするお馬さんの鞍上はほとんど外国人騎手です。脚質よりもレースの展開を重視している事が良くわかります。

カデナやサトノアーサーが「自分のレースに徹する」という展開よりも脚質を重視した作戦でレースに参加する事ができなかったのを目の当たりにすると、大きなレースになればなるほど、後悔をしないために外国人騎手に任せたいという調教師や馬主の気持ちはわかりますねぇ。

ペルシアンナイトは序盤に折り合いを欠き、レイデオロが上がっていくのを見て、マークしにいったように見受けられました。テン乗りでしたし、あの歓声では折り合いを欠いてしまっても仕方がないと思う中、戸崎騎手は勝ちにいく騎乗を魅せてくれたように思います。

スワーヴリチャードの四位騎手やマイスタイルの横山典弘騎手らはほぼ完璧なレース展開でしたが、このレースに勝つには完璧以上の騎乗が求められたのだと思います。

さて、1番人気アドミラブル。どスローの中、シンガリに近い位置取り。ペースが速くなるシナリオを描いていたのかもしれませんが、レイデオロが動いた時に脚をつかうと大外枠の影響もあって、最後までもたない公算が高くなってしまいます。デムーロ騎手は事前のシナリオ通り、最後の直線に賭ける作戦をとります。終始外をまわされて、馬券圏内を死守した事は1番人気を任された騎手としては仕事をしたと言えるのではないでしょうか。ただ、このダービーは普通の仕事では勝てなかった。大仕事が必要でした。

最初の1000mをしっかり抑えて、ペース次第で位置取りを変えようとしていたルメール騎手。レイデオロの力はもちろんですが、抑えるテクニックとニュートラルな作戦プラン、そしてそれを実行する度胸が噛み合った最高の騎乗だったと思います。
  1. 2017/05/28(日) 22:57:45|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

POG関連本 2017-2018

今年のPOG関連本も出揃ったところで、ワタクシが購入したものに関してまとめてみようと思います。

①POG虎の巻 2017-2018 デイリースポーツ 350円

pogtora.jpg

新聞スタイルで情報量は控えめなので、価格も安くノーザン・社台のメインどころをチェックするだけならちょうどいいかも。

②POGの王道 2017-2018 双葉社 1,728円

pogoudou.jpg

ノーザン・社台のメインどころはもちろん、有力牧場、有力馬主のメインどころも押さえており、情報量は豊富。今年初めて購入したからかもしれませんが、読み物としては1番面白かった。


③馬トク POG 2017-2018 報知新聞社 1,500円

pogumatoku.jpg

POGブログで有名なスポーツ報知が初めて手がけたPOG本。サイズはひと際大きく、立ち写真の掲載数も1番多いかも。馬体の見方や牧場レポートなど細かい情報も多いけれど、踏み込んだコメントは少なめで、差し障りのない表現に留めた印象。

④最強のPOG 青本 2017-2018 KKベストセラーズ 1,680円

pogao.jpg

去年も買った青本。写真、情報量のバランスが取れており、コメント内容も1番直接的なものが多かった印象。アンカツさんと牧雄さんの社台グループの撮影馬ジャッジも面白い。

⑤ザッツPOG 2017-2018 東京スポーツ 350円

tahtspog.jpg

最後発5月11日発売の新聞スタイル。マー君や井崎さんといったおなじみのメンバーが選ぶドラフトとマイナー種牡馬のコーナーが斬新でしたが、全体的には他とあまり変わらない内容でした。(まだしっかり読んでないけど)

来年も買うだろうなと思うのは「POGの王道」「馬トクPOG」「青本」あたりかな。もし、来年新たなPOG本ができるなら、また新たな企画を探しているのならこんなのはいかが?

★照哉さん、勝己さん、アンカツさんによるノルマンディー募集馬ジャッジ
★牧雄さんによる他とは被らないで勝てるお馬さん発表
★総帥と牧雄さんによるこの10頭で社台グループに勝つ

もし実現したら必ず買います(笑)

  1. 2017/05/11(木) 23:31:02|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad