にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ブランメジェールに出資した理由

出資した理由ラストを飾るのはノルマンディーのブランメジェール。

父 ハンセン
母 デビットオアクレジット
母の父 キャットチーフ

ブランメジェールは5次募集に突然やってきました。アメリカのトレーニングセールで購入されたものの、レックス名義でしたので完全にノーマークでした。一口の価格はやけに高いし字面を見るだけでは興味がわかなかったのですが、動画を見て息をのみました。

さっき見たビターレの走りが見劣りするくらいの圧巻と言っていい走り。柔らかさを感じる脚の運び、野性味溢れるフォーム、桁違いのキック力、そして昔飼っていた犬に似ていると言う事・・・。

全てを兼ね備えていたブランメジェールに一目惚れし、出資検討に入ります。

血統で目を見張るのはストームキャットのクロス。これは日本のスピード競馬に対応できそうなポイントとしてプラスに捉える事もできますし、気性面に不安があるポイントとしてマイナスに捉える事もできます。

現にアメリカのトレーニングセールの動画では口向きの悪さを感じ、気性にやや不安を覚えた部分もありました。しかし日本に来てからの動画では気性面での不安を感じないどころか、器用に手前を変えたり、スイッチが入ってからの加速が桁違いだったり、力強いフォームに思わず「文句なし!」を声を出してしまったりと惚れ直しました。

輸送されてきたのにもうこんなに仕上がっているのかと驚いたくらいです。これなら年内のデビューも見えてきますし、早い段階での勝ち上がりも期待できます。そんな時に馬券のラッキーパンチもあり、運良く出資する事ができました。

髙木登厩舎は期待馬アナザートゥルース も管理予定ですので、ノルマンディーにとって最も信頼できる先生といえる存在だと思います。またスノードラゴンでは牧雄さんと、サウンドトゥルーでは岡田スタッドと縁がありますのでブランメジェールにとってもプラスに作用する縁である事を確信しています。

血統からはダートの短距離向きだと思いますが、走りっぷりからは芝でもやれるんじゃないかと感じています。ブロードアピールのように芝でもダートでも走ってくれたら最高ですが、ダート専門でもサウンドトゥルーやホワイトフーガのように髙木厩舎お得意の交流重賞戦線へ・・・・と夢見ています。

さらに髙木厩舎にはスノードラゴン、ホワイトフーガ、マイネルフロストといった芦毛の馬が重賞戦線を盛り上げていますので、真っ白なブランメジェールも続いてほしい・・・そんな妄想をする毎日です。

2016年7月現在、ブランメジェールはノルマンディーファームで調整中。近況では口角に傷ができてしまったようですが、あまり心配は要らないでしょう。秋の東京開催あたりでデビューして、12月の全日本2歳優駿を・・・なんてローテーションを期待しちゃうくらいですが、とにもかくにも無事に進んでくれる事、まずはそこです。

●出資した理由のまとめ

★桁外れの走りで身体能力、走力の絶対値の高さを感じた
★髙木登厩舎所属
★馬券のラッキーパンチ
スポンサーサイト
  1. 2016/07/16(土) 23:00:20|
  2. 出資した理由(2014年産)
  3. | コメント:2

ビターレに出資した理由

出資した理由第7弾はノルマンディーのビターレ。

父 シニスターミニスター
母 アイアンアタック
母の父 キングヘイロー

圧巻だったのはトレーニングセールでの走りっぷり。後肢のキック力は半端なくかなりの推進力がありました。今すぐにデビューしても勝てると思ったくらいの走りでしたが、まさかそれをノルマンディーが落札するとは・・・。

あっという間に出資検討に入ります。

父シニスターミニスターはダートでの活躍馬を多く輩出しており、今後、重賞戦線で活躍しそうなキングズガードもその一頭。

そのキングズガードの母父もキングヘイローという事実に驚きながら血統をひも解いていくと、気になったのが母の母の父のところ。アイアンアタックの14がサマーサスピションに対し、キングズガードはデインヒル。この部分は底力に影響するかも・・・ステイゴールドあたりだったら・・・と思ってしまいますが、そんなのを吹き飛ばしてくれるのがトレーニングセールでの走り!鍛えて調子が良ければすればここまで走れるというアドバンテージは大きく出資を決めました。

入厩予定の羽月友彦先生はシニミニ産駒の重賞ホルダー、インカンテーションも管理されているので、この仔もダートのオープン、そして重賞戦線に導いてくれると信じています。

2016年7月現在、ビターレはノルマンディーファームで調整中。一旦ゆるめてつくり直すようです。古馬になってから力を発揮するタイプだと思うのでいいかもしれません。最新の更新では右側の帯道に軽度の腫れがあったようで、ウォーキングマシン運動で様子を見ているとの事。軽いようなので心配要らなそうです。


●出資した理由のまとめ

★トレーニングセールでの圧巻の走り。(特に後肢のキック力)
★父シニスターミニスター、母父キングヘイローはキングズガードと同じ血統構成
  1. 2016/07/15(金) 23:37:58|
  2. 出資した理由(2014年産)
  3. | コメント:2

ハリウッドレーヴに出資した理由

出資した理由第6弾はノルマンディーのハリウッドレーヴ。

父 ロージズインメイ
母 ハリウッドレビュー
母の父 ノーザンテースト

まず目に付いたのがバランスのよい馬体、そして凛々しい顔。気品を感じる写り方に競走馬に必要な頭の良さを感じました。

母父ノーザンテーストに出資するにはこの機会を逃せば、ほとんどノーチャンスと言う時代になってきた事も認識していたので出資検討をはじめます。

母ハリウッドレビューは産駒5頭が中央で勝ち、うち4頭が2勝以上、しかもこの仔の兄であるダノンマックインは菊花賞に出走するなどかなり優秀な繁殖成績です。中央で勝った5頭のうち3頭が2歳夏までに勝ち上がるなど仕上がりの早さも感じたことから出資を即決しました。

それまでの出資馬5頭が全て牝馬だった事も影響し、気になる牡馬にはガンガン行こうぜ!的な流れがあったのは事実ですが、父ロージズインメイは芝でもダートでも活躍馬を輩出し、器用な馬を送り出しているイメージがあります。しかも前出のハリウッドレビューの繁殖成績もあるので、芝でもダートでも平均点以上を期待しています。

2016年7月現在、ハリウッドレーヴはノルマンディーファームで調整中です。動画を見る限りではだいぶ動けるようになってきていましたので、年内のデビューができるかな・・・・と思っています。

●出資した理由のまとめ

★カタログ写真や動画で確認したバランスのよい馬体・凛々しい表情
★母ハリウッドレビューの繁殖成績
  1. 2016/07/14(木) 21:55:31|
  2. 出資した理由(2014年産)
  3. | コメント:0

キャラメルフレンチに出資した理由

出資した理由第5弾はノルマンディーのキャラメルフレンチ。

父 タイキシャトル
母 フレンチミステリー
母の父 フレンチデピュティ


2次募集ではラグランドルーと一緒に出資しましたが、最初にピンと来たのはこの仔です。カタログ写真の筋肉モリモリの馬体に目が奪われました。牝馬ですがマッチョな印象で芝よりもダート、しかも短距離向きに見え血統もそれを裏付ける組み合わせと言って良さそうです。

動画を見るとトモの肉付き、踏み込みの力強さがあり身体能力の高さを感じたことから出資検討に入りました。

次に注目したのが母フレンチミステリーの繁殖成績。キャラメルフレンチの上に4頭きょうだいがいますが、全て勝ち上がっています。中央では2頭勝っていますが、いずれも3勝以上とかなり優秀と言って良い成績です。

また、ニジンスキーのクロスを持つタイキシャトル産駒と言えばゴールデンキャストやサトノプログレス、ディアチャンスといった馬が重賞を勝っていますが、全て芝での勝利ですのでそのあたりが気になると言えば気になりますが、魅力たっぷりの血統と判断し、出資を決めました。

ちなみに入厩予定の尾形和幸先生はブラゾンドゥリスを管理しており、ノルマンディーとの相性もバッチリ・・・と思っています。

2016年7月現在、キャラメルフレンチは入厩に向けトレーニング中です。口向きが悪いところがあるようですが、しっかりと調教してデビューを目指してほしいと思っています。

●出資した理由のまとめ

★カタログ写真や動画で確認した筋肉モリモリの馬体
★母フレンチミステリーの繁殖成績及びニジンスキーのクロスという血統
  1. 2016/07/13(水) 19:18:05|
  2. 出資した理由(2014年産)
  3. | コメント:2

ラグランドルーに出資した理由

出資した理由第4弾はノルマンディーのラグランドルー。

父 バゴ
母 フェリスホイール
母の父 ダンスインザダーク

募集動画の柔らかい動きが好印象で仕上がりも早そうです。踏み込みもしっかりしており、丈夫そうな雰囲気もあります。馬体に特出したものは感じませんでしたが、一口17,000円ということを考えると十分にペイできそうということで、出資検討に入りました。

バゴ産駒と言えば2013年の函館2歳Sを制したクリスマス(牝)が思い浮かびます。クリスマスの母父はステイゴールドでサンデー系との相性は良いと考えて間違いなさそうです。

更にノルマンディー関西上陸大作戦ではフェリスホイールの14(ラグランドルー)を管理予定の鈴木孝志調教師が、この馬に対し「馬格もあってしっかり調教できる」というコメントがあり、これが決め手になりました。

仕上がりが早そうで、しっかり調教できる・・・。2歳戦からの活躍が見込めると思いましたので出資を決めました。

しっかり調教を積んで、着を拾いながら勝ち上がってくれればと思っています。

2016年7月現在、ラグランドルーは入厩直前。ソエの影響もあり、ここにきてやや足踏み状態ですが、8月中のデビューも見込めるのではないかと考えています。ミスプロの4×4ですので、どちらかというとダート寄りかなぁ。

●出資した理由のまとめ

★募集動画の動きが柔らかく、仕上がりも早そうなイメージ
★鈴木孝志調教師の「しっかり調教できる」というコメント
  1. 2016/07/10(日) 21:50:17|
  2. 出資した理由(2014年産)
  3. | コメント:2
次のページ

FC2Ad