にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ビターレ、デビュー!

京都2Rでビターレがデビューしました!

昨年の北海道トレーニングセールで落札され、パワフルな走りに魅了されての出資でしたが、早々に頓挫。大事な時期に乗り込めなかった事に加え、気性難も災いし、ここまで時間がかかってしまいました。

正直、無事に走り切ってくれればという思いの中、スタート!わりと前につけますが、徐々に遅れはじめ、直線入り口ではシンガリまで下がってしまい、そこから浮上する事はできませんでした。

それでは公式のコメントです。

★5/13(土)京都・3歳未勝利(ダ1400m)藤岡康太騎手 結果16着

「スタートの芝の部分の走りもスムーズで、その後の二の脚も利き、スピードに乗っていましたよ。道中で砂を被って頭を上げながらも、やめるようなところはありませんでした。最終コーナーで14番の馬(ラインゼウス)が外側に膨れてきて、後ろから接触されバランスを崩してしまったので、最後の直線は無理していません。右前と左後脚に外傷を負っていますが、おそらく大事には至っていないと思います。今日がデビュー戦ということを考えても、この不良馬場で前向きに走れたことは評価していいですし、不利を受けなければ渋太く粘れていたのではないでしょうか。もったいない競馬でした。使いながら体力がつきレース慣れすれば、そこそこやれそうですよ」(藤岡康太騎手)

直線入り口でズルズルっと下がったのが見えましたが、接触があったのですね。外傷を負ったようですが、今のところそれ以上の情報がないので一安心かと思います。

在厩で鍛え続けてくださった羽月先生とスタッフさんには感謝の気持ちしかありませんが、現在の基礎体力ではまだまだ時間がかかるかなという印象です。ただ、セールで見せてくれたあの走りができれば、1000万クラスまでは十分に勝負になると思っています。8月末までと考えてしまうと残された時間はあまりに短いですが、一旦地方で走り、戻ってくる選択肢もあるので、もう少し長い目で見た調整も視野に入れて良いのでは・・・と考えています。

外傷を負ったしまったようですので、まずは傷が癒えるのを待ち、次走に備えてほしいです!
スポンサーサイト
  1. 2017/05/13(土) 22:09:29|
  2. ビターレ
  3. | コメント:2

緩んだけれど・・・

アイアンアタックの14の近況も更新されました。

帯道の腫れも引き、騎乗を開始したようです。迫力のあるフットワークで坂路を駆け上がっているとの事で、もう心配は要りません。

画像を見る限りでは、さすがに緩んだなぁという印象です。元から緩める前提の中で、帯道の腫れもあったので余計に緩んだのかなぁと勘ぐりたくなりますが、この馬は古馬になってから。

焦って仕上げるよりはじっくりでいいと思います。

父シニスターミニスター、母父キングヘイローという同じ血統構成を持つキングズガードは先日のプロキオンSで3着に惜敗。走りっぷりからは重賞でも十分に勝負になるような雰囲気でしたので、アイアンアタックの14もゆくゆくはキングズガードのように・・・と期待しています。
  1. 2016/07/30(土) 22:59:01|
  2. ビターレ
  3. | コメント:5

FC2Ad