にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

新たな出資馬!!

ずっと悩んできましたが、出資しました!!

ブラストワンピース

募集時の動画を見て雄大な馬体やしっかりした脚捌きに好感を持ちました。近況も順調で、母同様2歳戦から活躍できそうな気配を感じたことが最終的な決め手でした!

写真を見てツルマルワンピースの15ことブラストワンピースとわかった方はご一緒させていただいているのでしょうか!よろしくお願いいたします!あるいはかなり様子見している方でしょうか!ぜひご一緒しましょう(笑)

11.png

これで2015年産の出資馬は6頭になり、次のような構成になりました。

牡馬5頭(美浦3頭・栗東2頭/キャロット1頭・ノルマンディー2頭・シルク2頭)
牝馬1頭(美浦1頭/キャロット)

シルクのキャンセル募集はアートプリンセスとミスティックリップスを吟味しましたが、最終的な決め手に欠け牡馬はスルー。まぁ、当たる事はないでしょうが血統、馬体、近況、予算から牝馬1頭をチョイスし申し込みました。

2015年産の出資についてはノルマンディーの3次募集次第。魅力的な募集馬がいればゴーサインかなと思っていますが、どうなるでしょうか・・・。

最後にポートフィリップ。ずーっと悩み様子を見てきたお馬さんです。名前もカッコよくてラクティの全弟という血統も気に入っていたのですが、ご縁はありませんでした。しかしながらテオドルス、ヒノアカツキに続く心の出資馬として応援していきたいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/24(金) 22:21:17|
  2. シルク 2015産検討
  3. | コメント:0

シルクのキャンセル募集

シルクのキャンセル募集が発表されました!

◆再募集馬一覧(募集馬名 口数)◆
1.パーシステントリーの15  3口
2.メジロツボネの15     2口
3.モシーンの15       5口
4.キラーグレイシスの15   4口
6.スナッチドの15      8口
7.アートプリンセスの15   6口
13.ミスティックリップスの15 2口
14.ブラックエンブレムの15  7口
15.シャルロットノアルの15  1口
16.サマーハの15       3口
18.フサイチパンドラの15   8口
23.メジロフランシスの15   3口
24.シルクユニバーサルの15  3口
29.タイトルパートの15    7口
30.アンティフォナの15   12口
32.インダクティの15     1口
34.プチノワールの15     7口
38.カリの15         1口
43.ヒカルアマランサスの15  7口
46.ディアジーナの15     2口
47.キューティゴールドの15  3口
48.ウーマンシークレットの15 2口
51.レーヴドスカーの15    3口
52.ディアアドマイヤの15  10口
54.アフリカンピアノの15   3口
55.ミュージカルウェイの15  9口
58.ウインフロレゾンの15   8口
59.フラーテイシャスミスの15 1口
60.ラッドルチェンドの15   3口
62.モンヴェールの15     1口
63.ロゼカラーの15      6口

キャンセル募集があれば・・・と思ってたのがキラーグレイシス、アートプリンセスそしてプリティカリーナでした。
中でもプリティカリーナは馬体の良さ、順調な育成、スアーズインヘヴンで好印象の田村厩舎とあってほぼ一択、この仔しか考えていませんでした・・・が、再募集なし・・・。

まぁ、あったとしても当たるとは思いませんが、せめてちょっとくらい夢見させてくれてもいいのに・・。

気を取り直して、ラインナップされたお馬さんの中から気になっていたキラーグレイシス。ハーツ牡馬で一口価格50,000円とリーズナブル。ん、馬体重568kg?かなりビッグなお馬さんのようです。このサイズですと脚元にも気を配らなきゃいけません。走りはあまり好きなフォームではなかったので、様子を見ている残口馬ツルマルワンピースのほうが良いかな。

一方アートプリンセス。父キンカメですが、母系はダート寄り・・・かな。馬体も筋肉質で、ものすごい迫力です。ここまでマッチョだとダート向きかなと思えます。となるとダート馬に一口10万がちょっと厳しい・・・。まぁ当たるとは思えませんので運試しにアタックしてもいいかもしれません。

その他のお馬さんの中からはミスティックリップス。自分はステイゴールドの牡馬に出資したかったのですが、これぞと思えるお馬さんに出会えず、とうとうご縁がありませんでした。となると孫に当たるオルフェやドリジャニの産駒もアリかなと思えてきました。もちろん当たるはずはありませんが、一晩だけ考えてみようと思います。

こうなってくるとツルマルワンピースは改めて評価が高かったのだなと感じました。(あくまでワタクシ個人の評価ですが)

馬体は好み。脚元や気性にネガティブなコメントもなし。ヴェルデライトと適性が被るかなと思いますが、関東と関西の違いもあるのでツルマルに関してはポチリ頃かな・・・と思いながらあとちょっとだけ考えてみます。
  1. 2017/03/23(木) 22:07:04|
  2. シルク 2015産検討
  3. | コメント:0

シルクHCに入会!

キャロットクラブ、ノルマンディーオーナーズクラブに続き3つ目のクラブとしてシルクホースクラブに入会しました。

silk.jpg

キャロットと同じノーザンファーム系のクラブに入る事に意味はあるのかとずっと悩んでいましたが、キャロットだけでは出資馬のラインナップが物足りないなぁというのが最終的な決め手です。まぁ、ドラフトが下手なせいもあるのでしょうが・・・。

キャロットで昨年行われた2015年産の募集が初のドラフト参加となったわけですが、×がなくても取れるというコンセプトで臨んだので、超人気馬への出資は難しく、他の方が一般で申し込むところに自分は最優先を行使しました。今ではそうしておいて本当に良かったと思っています。

例えばヒルダズパッションに行使しても当然×。一般でカニョットとヴェルデライトを希望しても両方取れないという事も考えられました。今回はカニョットを最優先する事で○を確信できたので万が一ヴェルデライトが外れても・・・と思えましたが、両方取れなかった場合の残口馬には魅力を感じる事ができませんでした。そしてそれは今年の募集でもつきまとう問題です。

そこで第3のクラブ検討となった訳です。

シルクは同じノーザンファーム系ですので生産牧場や育成先が同じケースが多く、募集馬の母馬がテレこることが良くあるくらいの関係の言わば兄弟クラブ。キャロットの最優先方式は自分の予算ではありがたいシステムですが、1次募集後の残口馬を見る限りでは会員数が飽和状態にあると感じています。一方シルクの実績方式では、人気の血統や前評判の高いお馬さんはキャロット以上に獲得は難しいでしょう。しかし1次募集後の残口馬はキャロットよりも魅力的なお馬さんが多く、今回もそれがご縁で入会となりました。

今後は7月に募集が前倒しにされるシルクと9月募集のキャロットをうまく使い分ける方向になると思います。シルクで超人気馬には行けなくてもある程度のお馬さんが獲得できれば、キャロットで×をもらう事が怖くなくなりました。となると、キャロットでは3年に1度本当に欲しいお馬さんを狙うという戦略も見えてきます。その年はシルクを控えめにして調整するなどすれば入会の価値を見いだせます。

会費はバカになりませんが、ノルマンディーを含め、3つのクラブで7,560円と捉えて、より魅力的なお馬さんに出資できればと考えております。

もしかしたらキャロットとシルクには出資しない年があるかもしれませんが、ノルマンディーだけは毎年出資し続けます。クラブそのものに愛着を覚えているので応援し続けたいと思います。

ちなみにペンカナプリンセスの15ことピボットポイントに出資する事で入会しました。

silk2.png


友道厩舎所属のディープインパクト産駒の牡馬です。自分にとってはかなり高額のお馬さんですが、コストやリスクよりも浪漫を選んでしまいました。まずは無事のデビューを祈るのみです。

シルクと一緒に悩んでいたパカパカですが、さすがに4つ目までは・・・と思う一方で本当に良いお馬さんがいたら・・・と考えてしまう時もあります。残りの予算も限られているので、現時点ではこの世代での入会は厳しいかなと感じています。

最後になりますが、シルク会員の皆様にも仲良くしていただけたらと思います。よろしくお願いいたします!
  1. 2017/03/01(水) 00:46:50|
  2. シルク 2015産検討
  3. | コメント:6

ペンカナかアドマイヤか

シルクのカタログはまだ届いていませんが、メジロツボネが満口に。案外こういう流れのお馬さんが大活躍するパターンのような気がしています。

と言うわけで残った様子見馬3頭のうち、ペンカナプリンセスとアドマイヤテレサのページを夜な夜な見まくり、いろんな角度から見てみたところ・・・惹かれる理由と良血にも関わらず残っている理由がおぼろげではありますが見えてきたので忘備録としてまとめておきます。

ペンカナプリンセス

全兄にダノンジェラードとワールドインパクト。共にトライアルで権利を得てクラシック出走を果たしているので成功実績十分と言えるでしょう。父ディープインパクトに母父Pivotalは先週の新馬戦で圧勝した牝馬ファンディーナと同じく見合わせ。それにしてもファンディーナの母ドリームオブジェニーは名牝ですね。いつかすごいお馬さんを出すような気がします。最新の坂路動画でもバネ感があり左右のブレもないかなり好きな走り方です。一口価格はお高いですがコレはポチッとする価値があるような・・・気がします。

しかし、募集動画の後ろを引きずるような歩様に硬さを感じ、クッションが足りない印象。脚元が怖いなぁという思いは今でも消えていません。また、全兄よりも小さな身体にも不安を覚えます。脚元への不安は少しでもないほうがいいですが、ディープの牡馬はもうちょっとあった方が良い。480kgは欲しいなぁ。ただね、あの走りは好きですよ。

アドマイヤテレサ

全兄アドマイヤラクティは豪州GI勝ちで成功実績十分。最新の坂路動画では迫力がありながらもブレがないフォームで力強さを感じます。気持ちの前向きさも感じ、この時期のハーツクライ産駒とは思えない仕上がりに見えます。この仔の一口価格もワタクシにとってはお高いですが、ポチッといく価値があるような・・・気がします。

しかし、募集時の写真と動画、最新動画の歩き方もそうですが、左後ろの直飛。これはダート向きのような気がする・・・という中での寝繋ぎ。スピード不足に陥りそうな気配も・・・。またこの仔の1つ下、ジャスタウェイ産駒の弟はセールで1億5120万円!ラクティの活躍があれば当然の価格だと思いますが、シルクで5000万という価格にも現実を見た気がします。もうちょっと早い時計での走りも見てからポチッといくのが理想かなと思います。

シルクを真剣に考えたとき、この2頭に同時にいく予算はないのでどちらかをチョイスしなくてはなりません。現段階では厩舎力含めてやはり元から気になっていたペンカナの方が魅力ありと思っています。体重はもう少し欲しいし、現在の歩様も見たい。ダノンジェラードやワールドインパクトが悩まされた脚部不安はこの仔にあるのか・・・。半兄トリコロールブルーの復帰戦は・・。気になる事ばかりですね!もう一回動画更新を待ってからかなぁ。

ディープインパクト産駒に出資する時は、角居厩舎か矢作厩舎か友道厩舎が良いと考えていたので、ペンカナはある意味チャンスともいえる状況なんだよなぁ。今後キャロットでもシルクでも自分の実績では無理かもしれない・・・。勉強代としては高いけれどそれもありかもと思う今日この頃です。
  1. 2017/01/28(土) 22:27:07|
  2. シルク 2015産検討
  3. | コメント:2

ポチッと

昨晩ポチッとしたのは・・・

シルクの資料請求!

ワタクシの性格からいって、資料を取り寄せたら負けとずっと思っていましたが、とうとう我慢できずにポチッとしたわけです。

1度は見送ろうと思っていたシルクへの入会ですが、再検討となったのはパカパカが進展していない事も関係しています。

2015年産は芝で活躍できそうな牡馬!願わくばクラシックの前哨戦あたりに顔を出すくらいのお馬さんに出資したいと思い、シルクとパカパカを第3のクラブ候補と位置づけ検討していた経緯がありました。ネットに流れていた情報からパカパカで募集されるかもしれないダービー馬の全弟を軸に考えていましたが、肝心のパカパカクラブが一向に進展がありません。

金融庁のHPで調べると、パカパカのクラブ名とされていた名前が認可された様子は今日現在もありません。認可がおりない理由はあるのでしょう。

仮にたった今、認可されたとしても設立までかなりの時間を要したクラブに対し、全幅の信頼がおけるかどうかという気持ちが揺らいできたのも事実です。お馬さんの質や育成ではなく、クラブ法人を経営する力の部分です。

信頼できる法人だったとしても、webでの告知、資料請求と送付、検討時間や見学受け入れなどを考慮すると募集開始までは最低でも認可から1ヶ月はかかると見ておかなければいけないでしょう。そう仮定していくと3月過ぎるなと・・・。そこまで行くと2016年産の顔ぶれがわかるまであと3、4ヶ月。そう考えるとそこまでは待てないないう結論に達しつつあります。これはシルクをもう一度検討しなくては・・・ということでの資料請求でした。

とはいえ、キャロットとシルクの両方に入会する事は今でも迷いがあります。いずれも社台系列のクラブで育成場所もほとんど一緒です。これまでの重賞成績でいえば圧倒的にキャロットですが、シルクもいずれは肩を並べるクラブになるのは間違いないでしょう。だからこそ同じようなクラブに入る意味があるのかと・・・。

今年のラインナップで比較してみると・・・

顔ぶれに魅力を感じたのはキャロット。
だけど希望するお馬さんはほとんどとれないキャロット。
顔ぶれはキャロットに若干劣ると感じたシルク。
希望するお馬さんに出資できる可能性がキャロットよりかなり高いと感じたシルク。
ただ脚元に不安を覚えたお馬さんが多かったのはシルク。

こんな感じで、甲乙つけがたい。

まぁ、カタログついてから考えよう。今年無理して入る必要もないし。でも残口馬を眺めるのシルクが一番楽しいんですよね。キャロットなんかHPに全然いかない(笑)

と言うわけで、気になっている残口馬リストです。

①メジロツボネ:ブログのお仲間、まささんが出資されているお馬さん。身体はあまり大きくありませんがバネ感あっていい感じです。ただ満口間近なので間に合わないかもしれませんし、検討する時間もないでしょう。

②ツルマルワンピース:元々気になっていたお馬さん。身体はまだまだですが、ハービンジャーらしくない柔らかさを覚えます。残口警報なしなのでもうちょっと検討する時間がありそうです。

③ペンカナプリンセス:元々気になっていたお馬さん。今日更新された動画はかなりのバネ感。最初の印象よりかなり良くなってきましたが、馬代をペイできるか・・・。募集額がヒルダズパッションと同じなのでどうしても比べてしまいます。ただ残口警報なしなので、この仔もまだ時間あり。

④アドマイヤテレサ:この間の坂路動画がやばかった。あの繋ぎなのに迫力ある走り方で駆け上がっています。フォームにもブレがないし、走り方はこの4頭の中で1番好き。ただ、あの繋ぎですよ。この仔も残口警報なし。規格外の爆発に賭けるのもありか!?

ペンカナとアドマイヤはこの血統で残口警報すらないのは、皆さんどこかに不安を感じているんですよね。脚元、コスパ・・・。見る人が見れば「大丈夫?」と言われてしまうかもしれませんがコスパだ回収だよりもロマンを求めてしまいます。

いつ頃カタログ届くんでしょうね・・・。
  1. 2017/01/26(木) 22:44:18|
  2. シルク 2015産検討
  3. | コメント:4
次のページ

FC2Ad