にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ゴレアーダ、引退。

昨日の今日で、思ったより早い展開で。

ゴレアーダの引退が決まりました。キャロット入会のきっかけに、一口馬主をはじめるきっかけになったお馬さん。母インパクトゲームとイイデタイガーの新馬戦をきっかけに意識しましたよ。

キレないけれどじわじわ伸びた3戦目と勝負にいった4戦目。この2レースがこの仔のハイライト。特に4戦目は覚悟を感じましたよ。勝つか負けるか。明らかに勝ちにいった位置取りで伸びキレなかったことで覚悟は出来ていましたし、後悔もありませんでした。

公式コメントには今後どうなるかは記載されていませんでしたが、彼女の馬生がより良いものになるよう祈っております。

【公式コメント】

9/17  引退
「このところはしっかりと調教を積んでも馬体が減らず、ずいぶんパンとしてきた印象だったのですが、ここが初ダートというのは厳しかったです。小柄で非力なタイプだけに芝で走らせたかったというのが正直な気持ちです。良化がスローではありましたが、レースでも徐々に良さを発揮できるようになってきたところでしたから、なんとか結果を出さなくてはいけませんでしたし、会員の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです」(中尾師)

420キロほどの小柄な牝馬で、デビュー当初は馬体の維持に注力してきましたが、ここにきてだいぶ成長が感じられてきたところでした。それだけにここは芝を使いたいところでしたが、こればかりは仕方ありません。未勝利戦への出走資格がなくなること、またこれまでの戦績なども鑑みた上で中尾秀正調教師と協議を行った結果ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/17(日) 22:10:28|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

ゴレアーダ、14着に沈む

ダートに初挑戦のゴレアーダ。ハービンジャー産駒のダート成績はすこぶる悪い・・・。そんなジンクスを吹き飛ばしてほしいと望んだ未勝利戦。

スタートこそ、「おっ!」と思わせる良いものでしたが、すぐについていけない感じに。

「え、なにこれ、走りづらいんだけど」

とゴレアーダが言っているのが聞こえました(笑)

結果は14着。未勝利戦への資格もなくなり、近日中にクラブからなんらかのアクションがあるものと思われます。

【公式コメント】

16日の阪神競馬ではまずまずのスタートも行き脚がつかず後方を追走。勝負どころからもなかなか進んでいかず、直線は一杯になり14着。「最内枠でしたしできればいいポジションで進めたかったのですが、脚抜きのいい馬場で外の馬たちが速く、なかなか進んでいきませんでした。ダート自体を苦にしている感じはありませんでしたが、やはり軽い芝でこその馬で、今日はなかなかハミを取らず最後は一杯になってしまいました。いい競馬をさせられず申し訳ありませんでした」(松若騎手)

しっかりと調教を積みながらもプラス体重で出走できていたように、馬の状態は良かったのですが、芝で終いを活かして好走してきただけに、脚抜きのいいダートというのは堪えました。小柄な馬ですがここにきて力をつけてきた印象だっただけに残念ですが、未勝利戦への出走資格がないため、まずレース後の状態を確認してから今後の方針を検討します。
  1. 2017/09/16(土) 21:19:28|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

ゴレアーダ、小倉を走る

小倉の未勝利戦。

ゴレアーダは7着でした。

スポニチの人気予想家は◎。

あるかも・・・と思っていた・・・

良いスタートを切り、良い位置取り。

だけど・・・そこから伸びない。

勝ち馬からは0秒4差。上位5頭は牡馬で、6着は減量騎手。

今、やれることはやったと思える良いレースだった。

一口馬主をやるまでは気にもしてなかったこの時期の未勝利戦。

ホウロクダマはクビ差で生き残り、2着のお馬さんはクビ差で涙をのんだ。ホントに厳しい世界だ。

もう1戦あるかどうかわからないけれど、もしあるのならば・・・。

松若騎手にはなんの落ち度もなく、一番ゴレアーダにあっている騎手だと思うけれど、減量騎手を起用してほしい。ホウロクダマやキャラメルフレンチの走りをみるとアドバンテージは大きい。

【公式コメント】

20日の小倉競馬では五分のスタートからジワッと動いて好位につける。勝負どころから促しつつ直線へ向いたが、追ってからジリジリした伸びになり7着。「スタートは五分でしたし、出た感じである程度ポジションを取りに行きました。人気馬を見ながらいい位置で追走できましたし、手応えも良かったのですが、追ってからがジリジリした伸びになってしまいましたね…。自分なりに勝ちに行くつもりで乗ったのですが、いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(松若騎手)

ジョッキーも勝ちに行く競馬で積極的に運びましたが、最後はやや甘くなってしまいました。今日は残念な結果でしたが、まだキャリアの浅い馬ですし着順ほど差はありませんから、流れひとつでチャンスはあるはずです。この後は馬体をよく確認してから検討します。

  1. 2017/08/20(日) 23:04:21|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

ゴレアーダ、初の掲示板

ゴレアーダが小倉の未勝利戦を走りました。

正直なところ、あまり期待していませんでした。連戦できない身体のようなので今回が最後かも・・・という気持ちの中レースを見守ります。

スタートはいつもより全然良く、好位から競馬を進めます。時折行きたがる素振りも見せ、これまでにない闘争心を感じました。追走に苦労している様子もなく、最後の直線。じわじわと伸びますが、切れないハービンジャー産駒の典型!それでも5着に入り、初の掲示板です。

それでは公式のコメントです。

30日の小倉競馬では五分のスタートから出たなりで中団を追走。前半はやや行きたがっていたが、折り合いがつくとスムーズで直線はしっかりと脚を使って5着。「前半は控えて脚を溜めて行って欲しいという指示でしたが、最初はけっこう行きたがっていました。なんとか馬群で抑えて折り合ったらそこからはスムーズでしたし、ペースアップにも楽に対応してくれましたよ。今日は逃げた馬が残る展開でしたが、その中で直線はしっかりと脚を使ってくれましたし、もう少し流れてくれればもっと楽に運べるはずです」(松若騎手)

「この距離は初めてですし、カーッと行ってしまわないように我慢して欲しいと話をしていました。懸念していたとおりスタートからスタンド前はやや行きたがっていましたが、なんとか馬群に入れて中団で収まりましたし、そこからはスムーズで、直線はよく脚を使ってくれました。大きな5着ですね。このあとは一度トレセンに戻って馬体をチェックし、番組を考えていきます」(中尾師)

馬体こそ減っていましたが、細く見えることはなくパドックの気配も上々でした。前半はやや行きたがっていたものの、ジョッキーもうまく馬群で収めてくれたことで直線の伸びにつながりました。こういう競馬ができたのは大きな収穫ですし、久々を使った次も楽しみです。このあとは馬体をよく確認してから検討します。

これまでとは違ったレースっぷりで、半ば諦めていた自分はひっぱたかれた気分です。ただ、残すところあと1ヶ月。これまで連戦した事がなく、体質に不安があるように思います。それでもあと1チャンスに賭けてほしいと思います。今回優先出走権を確保できた事はとても大きい!それをどこに使うか!理想は8月12日(土)小倉芝2000m(牝)。中1週になりますが、状態がすこぶる良ければ牝馬限定戦を使う意味はあると思います。とは言え、出来るだけリフレッシュする事を優先するのであれば、8月26日(土)小倉芝2000m、今回と同じ条件が良いかと。

とにかくあと1チャンスでしょう。泣いても笑ってもあと1走で現役を続けられるかが決まります。最後の最後まで応援するぞ!
  1. 2017/07/30(日) 21:39:41|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

ゴレアーダ、久々に走る!

ゴレアーダが久々に走りました!

昨年11月のデビュー以来6ヶ月ぶりとなりましたが・・・。

スタートはまあまあ普通。道中の追走もデビュー戦よりは良いかなという程度でこちらも普通・・。最後の直線は全く伸びず13着でのゴールとなりました。

それでは公式のコメントです。

5/14  中尾厩舎

14日の新潟競馬ではゆったりとしたスタートから道中は中団を追走する。直線は大外に持ち出すも脚は長く続かずに13着。「スタートしてから直線に入るくらいまでは良かったのですが、最後はもう脚が上がってしまいました。この距離を走るのに現状ではちょっと体力不足かなという感じですね。それでも軽い走りで芝は合っていますから、もう少し距離を詰めてみるのもいいかもしれません。テンは追走に苦労するかもしれませんが、マイル戦よりは最後まで踏ん張りが利いてくるでしょうし、もっと走れてもいいと思います」(秋山騎手)

休み明けでも仕上がり自体は悪くないように見えたのですが、直線に向かう頃にはもう脚が残っておらず、最後まで見せ場なく終わってしまいました。ただ、条件次第ではもう少し走れてもいい馬だと思いますし、何とかキッカケを掴みたいところです。久々を使った後なので、まずは反動などがないかどうか馬体をよくチェックしてから今後を検討していきます。

コメントを読んでもイマイチ伝わってこないですねぇ。正直、一番もやもやするお馬さんです。

これはゴレアーダの問題じゃなくて、情報をアウトプットする人間の部分。「芝の方が良さそう」とか「距離を詰めた方が・・・」という件の伝え方の部分でしょうね。なんだかのん気な印象すら受けちゃいますね。

デビュー後、疲労はあったのでしょうが、怪我のアナウンスはありませんでした。なのに半年も間があいて結局体力不足という現状は悲しい感じです。たぶん現場の方は必死にやってくれていると思うのですが、それが出資者に伝わってこないのが残念です。同じ未勝利でもスターズインヘヴンやビターレからは伝わってくる必死さ。未勝利馬だからこそそうならなきゃいけないですよね!

残り3ヶ月ちょい! ゴレアーダ含めた全ての未勝利馬、頑張れ!!関わるスタッフさんも頑張ってください!!



  1. 2017/05/14(日) 22:48:16|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad