にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ロワセレスト、騎乗運動再開!

せっかくなので、ロワセレストの記事も。

左前の挫石で小休止中だった彼。5月31日時点での画像はコチラ!

rowa.jpg


先ほど更新された近況はコチラ!

現在は馬場1周と坂路2本(上限18秒ペース)のメニューで調整しています。左前の挫石もほぼ気にならなくなったため、この中間より騎乗運動を再開しました。蹄底を保護する観点から四肢に蹄鉄を打ち徐々にキャンターのペースを上げていますが、タイミングを見て15秒台のメニューを取り入れようと考えています。小休止を挟んだことが良いリフレッシュ期間となったようで、やや掛かり気味になるくらい元気一杯の走りを披露している点には好感が持てます。

ロワセレストはプラチナムバレットと重ねて見てしまうところがあります。重賞を勝つようになってほしい・・・という気持ちからだと思いますが、雰囲気では負けていない・・・と信じています。

プラチナムバレットの2歳・6月15日でのコメントを見てみると・・

引き続き馬場1周と坂路2本を18~20秒ペース(週に2回は12~15秒ペース)のメニューで調整中です。放牧地には青草が生い茂っていることもあり、更に馬体重が増加し、息遣いも良くなって気温の上昇とともに良化してきました。兄弟の同時期と比べてもしっかりとしている印象ですが、遅生まれで伸びしろは残しているので鍛練を重ねながら更なるレベルアップを図ります。

若干プラチナムバレットのほうが進んでいるのでしょうか・・。ロワセレストは度重なるケガの影響かまだ12〜15秒では調整していないと思いますので、この分だと年内・・・いや年明けになるかもなぁと思っていますが、ルーラーシップ産駒はそれくらいでもいいかもしれません。

2月東京でデビューし、順調にいって青葉賞で権利をとる・・・そんなことを夢見ています。

さて、今日は15年産の更新がありましたが、様子見していたクイーンズトゥルーは皮膚炎でペースダウン。気になる症状ではないでしょうが、ワタクシが設定していた出資条件に届かなかったため、正式に見送りを決めました。エンシャントアーツとシンシンパッションの2頭と4次募集のお馬さんたちの中から選ぶ事になるでしょうか・・・。4次募集が楽しみです。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/15(木) 23:31:05|
  2. ロワセレスト
  3. | コメント:0

FC2Ad