にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ノルマンディー先行募集申し込み!

ノルマンディーの先行募集に申し込みました。

ノルマンディー

1頭目はメルセダリオの15。

筋肉質な馬体に加え、成長力ありそうなノーザンテーストのクロス持ちで息の長い活躍を見込めますし、非サンデー系ですので、大爆発の可能性もある思っています。現状は芝かダートか適正の見極めが難しいですが、どちらの舞台でも力を発揮してくれそうな能力があると信じています。管理予定の尾形和幸先生は先日キャラメルフレンチで一口馬主初勝利をプレゼントしてくれたばかり。先生の力を信じての申し込みです。

2頭目はホリデイトウショウの15。

ゴリゴリダート馬枠での申し込みです。スマートファルコン産駒の勝ち上がりはまだ2頭ですが、惜敗の産駒もいるのでこれから勝利数が増えていくと思います。母父タイキシャトルはサンデー系の種牡馬との相性も良いですし、タイキシャトル自身が重賞含むダート3戦無敗ですから、ダートの大物に化ける可能性がある組み合わせと思っています。馬体は筋肉質で脚さばきがいいですし、5月生まれなのでこれからどんどん成長していくと信じての申し込みです。

以上、2頭を先行募集で申し込みます。

ルーシーショーやオークルームなど抽選が必至のお馬さんもいるので、この2頭もどうなるかわかりませんが、なんとか出資できればと思います。

今回の募集馬の中ではキョウエイトルースのみ様子見をし、あとは2次募集以降を待とうと思いますが、サウンドトゥルーが明日の日本テレビ盃で激走すればこの仔もうかうかしていられないかもしれません。

ノルマンディー2年目の私が言うのもなんですが、ここ最近のクラブの成長はすごいなと実感しています。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 23:51:01|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:6

メルセダリオの15はダート向き?

キャロットのグレイシアブルー(ルーラーシップ産駒の牡馬)が落選してしまったので、牡馬でクラシックを目指すお馬さんがいません・・・。牡馬クラシックを目指すにはキャロットで人気どころに突っ込まなきゃいけないのかなと感じています。

と、いうのも芝向きと思っていたメルセダリオの15がダート向きなのでは・・・と思い出してしまったからです。

セール時の動画では脚さばきもスムーズで柔らかい印象でしたので完全に芝向きだと思っていました。

募集カタログの写真では繋ぎが立っていてダート向きの印象に変わってしまいました。更にセールの時よりもお尻に筋肉がつき、胸前も目を見張るくらいの筋肉で好印象ではあるんですが、ダート向き説に拍車をかける要因になっています。

ダート向きではと思った理由は血統構成にもあります。

母メルセダリオは芝でもダートでも結果を残せなかったので適正不明。産駒も未勝利で適正不明。母のきょうだいには重賞勝ち馬が3頭おり、全て芝でのものです。ここまでなら芝の可能性に賭けたいのですが、父ルーラーシップ、母父タニノギムレットの文字を見るとダートの色を感じてしまいます。

ルーラーシップの父キングカメハメハ、タニノギムレットの父ブライアンズタイム「父キングカメハメハ 母父ブライアンズタイム」この組み合わせで獲得賞金1億円超えのお馬さんは4頭。

栗東S(OP)含む7勝全てがダート、キョウワダッフィー
マーチS(G3)含む8勝全てがダート、グランドシチー
カペラS(G3)3着など重賞でも好走し5勝全てがダート、シセイオウジ
JDD(G1)・川崎記念(G1)含む7勝全てがダート、ハタノヴァンクール

なんと、1億超え4頭の勝ち星は全てダート。

また尾形先生に預ける事について、ブラゾンドゥリスのご褒美説が唱えられていますが、先週まで尾形先生が挙げた通算51勝(障害を除いています)のうち芝17勝に対しダートは倍の34勝。尾形先生はダート馬育成の名人・・・・と捉えればそこにクラブの意図があるのではないか・・・と勘ぐってしまいます。

ややや、ダート向きなんじゃね・・・と思いながらも肝心のルーラーシップ産駒はダート戦に出走すらしていない状況ですので、今のところ産駒にはダート適正がないと判断されているのかもしれません。

いずれにしてもウォーキング動画と検討会でのお話を参考にさせていただいて、このお馬さんに出資するかどうか決めたいと思います。

芝向きならいきたい!ダート向きなら他の募集馬との兼ね合い!これが現在の気持ちです。
  1. 2016/09/18(日) 22:55:49|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:10

キャラメルフレンチ、デビュー勝ち!

本日の中山6R (芝1200m)でデビューしたキャラメルフレンチが見事勝利を挙げました!!

スタート直後からスピードを生かし、2番手を追走し絶好の位置から差しきり勝ち!仕事で応援には行けませんでしたが、休憩中にレースを観て熱くなりました。大川慶次郎先生ばりに「キャラメル!キャラメル!」と連呼していました・・・。

いやぁ、馬券が当たるのより何倍も嬉しいです。(応援の単勝も買っていたのでもありがたかったですが・・・笑)

一口馬主人生で最初の出走馬が勝ってくれるなんて最高のプレゼントです。

レース前は脚元の不安もあり、無事に走りきってほしいとだけ思っていましたが、快勝と言える内容に感動しました。今後は無理せず適鞍を目指せる事はキャラメルフレンチにとって本当に価値ある1勝だったと思います。

また、ダートが主戦場かとも思っていましたが、芝で勝利できた事はレース選択の幅が広がったことを意味しますので、今後の活躍が楽しみです。

まずはレース後に異常がない事を祈るばかりですが、今夜ばかりは初勝利の余韻に浸りたいと思います。

尾形和幸先生をはじめとする厩舎関係者の皆様、木幡巧也騎手、ノルマンディーのSTAFFの皆様さん本当にありがとうございました。
  1. 2016/09/17(土) 23:22:38|
  2. キャラメルフレンチ
  3. | コメント:8

キャロットの結果!

キャロットの結果が出ました!

最優先:カニョット→○
一般:ヴェルデライト→○
一般:グレイシアブルー→×

キャロット結果

逃したくなかったカニョットとヴェルデライトに出資できたのは本当に良かったです。

カニョットには芝のクラシックロード、ヴェルデライトは短い距離の芝ダート兼用で頑張ってもらえたらと思います。

グレイシアブルーは残念でしたが、応援はしたいと思います。

初めてのドラフトでしたが、欲しかった2頭を確保できたので90点というところです!

今後の出資戦略としては牡馬で芝のクラシックロードを目指せる馬とダート専門職。

芝のクラシックロード部門についてはキャロットの2次募集で出資できそうな馬、ノルマンディー1次のラインナップの中には見当たらないのが正直なところです。

ダート専門職部門についてはノルマンディーで何頭か気になる馬がいるので、その中から選ぶ感じになりますでしょうか・・・。

間もなくノルマンディーの先行募集がはじまるので、じっくり考えたいと思います。
  1. 2016/09/16(金) 22:37:25|
  2. キャロット 2015年産検討
  3. | コメント:6

チェアユーアップの15

キョウエイトルースの15が高いなぁ・・・という話はおいといて、チェアユーアップの2015の話をしようかと。

チェアユーアップの2015
父タイムパラドックス(母父エアジハード)牡
美浦 田島俊明厩舎 一口19,000円

この血統、この価格・・・これこそノルマンディーです。

父タイムパラドックスは中央・地方で勝ちまくりダートGI5勝含む通算16勝。引退レースとなったJBCクラシックでは8歳馬ながら快勝するなど息の長い競走生活を送った名馬です。

母チェアユーアップ は芝とダートで1勝ずつと目立った競走生活ではありませんでした。産駒はこの仔を含めて3頭。2頭の姉はいずれもマツリダゴッホ産駒で、一番上のお姉さんがこの春に未勝利戦を勝ち上がりました。

繁殖成績についてはこれからなのでまだ未知数ですが、気になるのはチェアユーアップ のお母さんであるキョウエイマリー。

名前からもピンと来ますが岡田スタッドが誇る名繁殖牝馬キョウエイトルースの1歳下の妹です。

キョウエイマリーは大井で10戦6勝。レベルの高い南関でこの成績は立派です。繁殖牝馬としては地方で活躍した馬を輩出することが多かったのですが、中央で勝利をあげた産駒が2頭おり、そのうちの1頭がチェアユーアップ 。

そのチェアユーアップ の仔ですから、中央で勝ち上がる事は十分に想像できる血統とみています。入厩予定の田島俊明厩舎は今をときめく戸崎圭太騎手が所属しているので、他の厩舎よりはもしかしたら・・・の可能性が高い厩舎だと思います。

田島厩舎の重賞勝ちは2011年のフローラSを勝ったバウンシーチューン の1勝のみですが、田島先生がまだ42歳ですのでこれからの厩舎と考えています。

うまく勝ち上がれば息の長い競走生活を送れそうですし、万が一、地方に行っても戻って来れそうな血統です。

馬体をみて納得出来れば出資候補の1頭に挙げたいと思います。
  1. 2016/09/13(火) 23:24:07|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:2

ノルマンディーの出資戦略

キャロットの結果は来週末。それまでにノルマンディーの出資戦略を練っておこうと思います。

2014年産が8頭と予定よりも多かったので、2015年産は5頭前後が目安。

キャロットが2〜3頭の出資が見込めるので、ノルマンディーについても2頭〜3頭を考えています。

メインはキョウエイトルースの15(父キングカメハメハ 母父フジキセキ)

これだけの繁殖牝馬の仔に出資できるチャンスはそうないので、価格・馬体さえ折り合えば出資最優先で考えています。芝に出るかダートに出るかわかりませんが、期待できそうです。

次に考えているのがメルセダリオの15(父ルーラーシップ 母父タニノギムレット)

キャロットでグレイシアブルーに出資できれば熟慮してからになりますが、出資できなければ積極的に考えています。非サンデー系にしてノーザンテーストのクロス持ちで息の長い競走生活を送ってくれそうなイメージです。

この2頭が牡牝のエースかなぁ。

キャロットで指名していないところでは「ゴリゴリダート馬枠」

ヴェルデライトは兼用との判断なので、専門職が欲しいところです。

2014年産はビターレに担ってもらう枠ですが、今年も牡馬で考えています。現在のラインナップで気になっているのは以下の3頭。

チェアユーアップの15(父タイムパラドックス 母父エアジハード)

母系は完全にダート。父タイムパラドックスはソルテで結果を出しているのでこの仔はゴリゴリとみていいでしょう。

ホリデイトウショウの15(父スマートファルコン 母父タイキシャトル)

父は説明不要のダート馬。母唯一の勝ち星はダート。名牝ソシアルバターフライの流れに出資できるのは魅力。

ホワイトピクシイの15(父サウスヴィグラス 母父ホワイトマズル)

父はダートの快速馬。兄弟には中央2勝馬が2頭。わりと頑張っている方か・・・。

ゴリゴリ枠は今のトコ、チェアユーアップの15が気になっています。

カタログが届いたり動画をみたりすれば、キャロットの時のように毎日違う馬に目がいくようになって訳が分からなくなるのでしょうが、キョウエイトルースとメルセダリオは考えている時間はないと思うので一気にいくしかないでしょう。

5次募集の売れ行きをみると今年の募集は例年よりも早い展開になりそうな予感がしています。
  1. 2016/09/10(土) 23:08:41|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:2

申し込み完了

キャロットに先ほど申し込みました。

111.png

最優先

カニョットの15(父ハーツクライ) 牝 美浦 斎藤誠厩舎

一般

ヴェルデライトの15(父へニーヒューズ) 牡 栗東 吉村圭司厩舎
グレイシアブルーの15(父ルーラーシップ) 牡 栗東 清水久詞厩舎

最初からピックアップしていて残ったのはヴェルデライトだけでした。ゴリゴリダート馬枠でピックアップしましたが、動画を見ると柔らかい。芝ダート兼用できそうな感じでした。

その他の2頭は最後に追い込んできたお馬さんです。現実路線にシフトした要因のひとつにカニョットの存在がありました。かなり柔らかく後肢の踏み込みも力強い印象で、ワタクシの評価では牝馬TOP5に入る!というものでした。

ヴェルデライトとカニョットは外したくないと言う思惑から、どちらかに最優先を行使する事を決めたのが昨日。

最終の中間発表を受けて、総申込数が多いカニョットを最優先、ヴェルデライトを一般で申し込みました。

グレイシアブルーは5月生まれにも関わらずバランスの良い馬体に後肢の力強さが魅力的で大化けする可能性を感じました。(メルセダリオにも同様の魅力を感じれば禁断?のルーラー2頭持ちも辞さない覚悟です)

ただ、申込数が多いので抽選になる事は必至。縁があれば・・・といったところでしょう。

現実路線にシフトしたので理想は3頭、わるくても2頭の出資が叶いますように・・・。
  1. 2016/09/07(水) 00:04:06|
  2. キャロット 2015年産検討
  3. | コメント:2

ドラフト大詰め!

キャロットドラフトも大詰め!そろそろ指名馬を絞らなきゃいけません。

ここに来て

・超人気馬への最優先は回避する
・一口15万以上の馬は回避する

ことを決めました。理由はノルマンディー枠を設けた事と安い価格帯の募集馬にどうしても出資したいお馬さんが複数いるからです。1頭にドカンといってしまうと今年度の頭数がかなり絞られてしまうので、苦渋の決断となりました。まぁ×もないので現実路線にシフトしたといったところです。

今まで挙げていたクリソプレーズ、リッチダンサー、ジンジャーパンチ、ヒルダズパッションは上記理由により回避。

更にカタログやDVDを見直してブロードピーク、ヴァンドノワール、ファーストチェア、マチカネチコウヨレからも回避を決めました。

残ったのは

バロネスサッチャー(父ハーツクライ)牡
ラフィントレイル(父ネオユニヴァース)牡
シーズンズベスト(父クロフネ)牝
ヴェルデライト(父ヘニーヒューズ)牡
シシリアンブリーズ(父ヨハネスブルグ)牡

DVDを見て惚れてしまい、新たに気になっちゃった馬が

カニョット(父ハーツクライ)牝
カドリーユ(父ダノンシャンティ)牝
グレイシアブルー(父ルーラーシップ)牡

計8頭の中から3頭指名してできれば3頭、悪くても2頭出資できたらと言う甘い考えを持っています。

最も頭を悩ませているのが、グレイシアブルー。父ルーラーシップ、募集額2800万はノルマンディーのメルセダリオと完全に被りそうなカテゴリです。

血統構成はグレイシアブルーが母父がサンデー、メルセダリオは非サンデー系と対照的。

DVDに惚れた直感かノルマンディーへの愛着とノーザンテーストのクロスか・・・。

いずれにしましても、あと何日かで結論を出さねばなりません。
  1. 2016/09/03(土) 22:50:59|
  2. キャロット 2015年産検討
  3. | コメント:0

新潟競馬観戦 ノルマンディー応援編

新潟競馬遠征2日目、日曜日はノルマンディーの応援です!ぜひとも口取りを目撃したいものです。

1R 2歳未勝利 ホワイトファング

ホワイトファング

ホワイトファングの世代から出資をはじめたので、HPでは何度も見てきたつもりでしたが、いざ対面しているとカワイイ顔をしています。

ホワイトファング2

初戦の内容から2番人気。プラス体重でしたがいけそうな雰囲気・・・

ホワイトファング3

初戦同様、好スタートを期待しましたが、行き脚がつかずスタートに失敗。それでも自らの形に持っていき2着を死守・・。惜しかった!

4R 3歳未勝利 デオグラシアス

デオグラシアス

心の出資馬テオドルスの兄ちゃんです。

デオグラシアス2

デビューしてからの成績が芳しくなく、最低人気。パドックではおとなしすぎる印象です。

デオグラシアス3

「頑張れ!」と強く念を送りました。

デオグラシアス4

しかし・・・念は届かずブービー負け。その後「中央登録抹消→サラブレッドオークション」と発表されました。デオグラシアスがノルマンディーの勝負服の騎手をのせて走った最後のレースを見せてもらった事になりました。ブービーとはいえ、それまでの戦績は全てしんがり負け。1頭抜いた事は彼が見せた意地だったのかも知れません。

オークションでは無事に落札されたようですので、地方で走る事になるのかな・・・。次のステージでも頑張ってほしいです。

ちょっと、センチメンタルな気持ちのまま、ノルマンディー勢最後のレース・・・

8R 3歳以上500万下 クリプトスコード

クリプトスコード

プラス16kg・・・大丈夫かな・・・。

クリプトスコード2

緩いのかな・・・どうなのかな・・・・。

クリプトスコード3

11番人気ですが、木幡初也騎手に託しましょう・・・。

レースでは逃げを主張。直線でも粘り続け、1番人気馬の猛追から逃げ切り、ハナ差勝ち!!

クリプトスコード表彰式

やったぁ、ノルマンディーの口取りも見れました!

クリプトスコード表彰式2

クリプトスコードへ出資されている皆様、本当におめでとうございます!!

それにしても・・ノルマンディーの勝利・・本当に嬉しい・・・。

なんでしょう・・・ノルマンディーの馬が走るたびに感じる「知っている仔が頑張っている」というあの感覚。

ノルマンディーだけにあるアットホームななにか。

この日、自分は決意しました。

他のクラブに出資しない年はあるかもしれないけれど、ノルマンディーには必ず出資してクラブそのものを応援していこうと。

全体の予算の中に「ノルマンディー枠」を設けて出資していこう!!

早速2015年産から実施します!

今週末は夏競馬最終週!ノルマンディー勢は14頭が出走予定!みんな頑張れ!!
  1. 2016/09/02(金) 23:19:33|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:4

新潟競馬観戦 キャロット応援編

先週の土日、新潟競馬場に遠征してきました。

目的はキャロットとノルマンディーの口取りを目撃する事!

土曜日はノルマンディー所属馬の出走がなかったので、キャロットのお馬さんを応援!

写真を撮ったお馬さんだけ紹介します。

3R 3歳未勝利 スピアザゴールド

スピアザゴールド


1番人気でしたが、勝負所で伸びず3着・・・。惜しい!

7R 3歳以上500万下 ブレイクエース

ブレイクエース

なぜかカメラ目線の彼を精一杯応援しましたが5着・・。

8R 新潟ジャンプS (J G3) アロヒラニ

アロヒラニ2


2番人気に支持されていましたので、障害とはいえ重賞制覇目撃のチャンス!騎手もまたがり気合い十分も・・・惜しくも2着。勝った馬が強かった。

11R BSN賞 ピオネロ

ピオネロ


1番人気に応え、快勝!!強かった!!

が、口取りの瞬間にカメラがうまく作動せず、シャッターチャンスを逃すという・・・・

けれども表彰式は撮れました。幹夫先生もいらしていたんですね!

ピオネロ表彰式


プレゼンターのスリムクラブも入ってパシャリ。

ピオネロ表彰式2

やけに嬉しそうな福永騎手。この日乗れてました!キャロットの勝負服がまぶしいですね!!

ピオネロ表彰式3

それにしてもピオネロは強かった。秋は重賞戦線で活躍し、年末のGIには顔を出してくれるんじゃないでしょうか。クルソラの仔が勝った事で、2015年産の牡馬(オルフェーヴル産駒)の人気はより高まりそうです。

初日、キャロットの口取りが見れた事に大満足!ピオネロに出資されている皆様、おめでとうございます!!

キャロットの口取りだけじゃなく、ダークシャドウの元気な姿も見れたので言うことなしです!

ダークシャドウ2
  1. 2016/09/01(木) 22:57:49|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:2

FC2Ad