にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

惨敗の分析

惨敗から一夜明けました。

ノルマンディーのHPでレース後のコメントがアップされていましたのでまとめると

(大野騎手談話)

・一介の逃げ馬にしたくないので意図的に控えた
・テンの1ハロンで引っ掛かったが、前走のような右に張るようなところはなかった
・直線に向いた時点でもう手応えがなく、早々に脚が上がってしまった
・前走に比べて若干硬いかなと感じたので、中1週で目に見えない疲れがあったのかも
・それを差し引いても負け過ぎで、これといった敗因が思いつかない

というものでした。

上記内容から馬に任せるとハナを切るくらいのスピードがある、あるいは気性的にハナに立ってしまうと読み取れます。デビュー戦も昨日の2戦目もスタート直後から行きたがる素振りを見せ、口を割ったり、首が上がってしまったりと折り合いが難しそうな印象は見てとれました。

コメントでは右に張ることはなかったとありましたが、スタートから20秒くらいまでの間がそう見えてしまったのは、行きたがっているのに抑えたことによるものなのでしょうか。実質2ハロン程度掛ってしまったと思うので体力や精神面にはかなり影響したと思います。

また、東京芝1400m、3番手追走で直線伸びず惨敗という似ているレース展開をしたキャラメルフレンチは直線頑張って力尽きたという印象があったのですが、ブランメジェールは違っていました。頑張るという意識が見受けられず、自分でレースを止めてしまった印象すらあり、中1週の体力面なのか、うまく折り合えなかったことに起因する精神面なのか最も心配してしまうところです。

マカヒキの凱旋門賞惨敗について、友道先生のコメントにも「不可解」との内容があり、考えられるのは出走間隔が短いことくらいとおっしゃっていたので、パドックで元気がないように見えたブランメジェールにもなんらかの影響があってもおかしくありません。

以上の材料からこのブログでの惨敗分析は

・テンの2ハロン程度掛ってしまい、折り合えなかった
・折り合えなかったことで、馬がやる気をなくしてしまった
・中1週のローテーションも体力的に影響があった

とすることにして、気持ちを切り替えることにします!!

いずれにしても体力面、精神面での立て直しが求められ、高木厩舎の腕の見せ所です。

デビュー戦の完敗から2戦目で立て直したサウンドトゥルーのようにブランメジェールにもその経験を生かしてほしいと思っています。

芝だろうがダートだろうが、逃げようが追い込もうが、良い意味でのじゃじゃ馬っぷりを見せてください!!

オイラは2次募集を考えることにしよっと。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/28(月) 15:11:08|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:0

惨敗・・・。

本日の東京1R、2歳未勝利戦にブランメジェールが出走しました。

単勝7番人気、前走で垣間見えた気性の問題や走破タイムが嫌われ思ったより人気ないなーと感じたものの、前走2着の馬が6頭、3着の馬もブランメジェール含め4頭いる高いレベルの未勝利戦のため仕方がありません。

むしろ気楽に乗れる・・・馬券的にはフルスイングできると意気込みました!!

パドックは切り取られた一部分しか見ていませんが前走よりも落ち着いています。しかし、後肢の踏み込みが弱くちょっと不安になりました。

レースが始まり、スタートはGOOD!

が、掛かる!!首を上げながら右へ張る走り方で3番手を追走。気性の問題で末脚を生かす位置取りが取れなかったのか、嫌な予感がします。

見た目は好位置で最後の直線を迎えますが、まったく伸びず惨敗・・・・。

逃げた馬と2番手の馬も追い抜くことができず、1着から2.8秒離されたブービー負け・・・。

上がり3ハロンのタイムも出走馬の中で最低と良いところが全くありませんでした。

レース後のコメントが出ていないので憶測でしかないのですが、掛かってしまったこと、これが全てだと思います。前走も同じようなスタートを切り、馬込みに入れてなんとかなだめていました。最後の直線で位置取りに不利が生じたものの、末脚は見所がありました。今回はそれを嫌がったのか馬込みに入らず結果的に3番手を追走する形になってしまい、ブランメジェールの武器を生かせない展開になってしまいました。

馬込みに入れる事ができなかったのか、しなかったのか、この部分はコメントをしっかりと確認したいと思います。

あとはパドックで元気がないように見えたので、中1週が影響しているのか、それとも別の問題なのか、これも気になります。

いずれにせよ、前走一緒に走ったトリリオネアが勝っているので、ブランメジェールも勝つ力はあったと思います。能力を生かすためには気性の成長が必要でしょうが、今回のボロ負けが今後に響かなきゃいいけど・・・それくらい嫌な負け方でした。

まずはレース後の異常がないこと、それを祈りたいと思います。

  1. 2016/11/27(日) 13:08:11|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:6

第3のクラブを考える

2015年産のキャロットとノルマンディーの出資も一段落し、デビューを迎えた2014年産のレースを楽しみにしている今日この頃ですが、改めて思うのが牡・牝問わずクラシックを狙えるお馬さんに出資したいという気持ちです。

当初はキャロットでと思っていましたが、想像以上の争奪戦にびっくりしています。

今年の募集馬でいうとヒルダズパッションなんかは×2なければお話しにならないレベルでした。×をもらってでも突っ込むという選択肢を持ち合わせていないため、自分の最優先は「×がなくても取れる」という前提がついてしまいます。

今年は吟味を重ねた結果カニョットに最優先を行使し、無事に獲得。牝馬のクラシックを狙ってほしいと思っています。

一方牡馬はルーラーシップ産駒のグレイシアブルーならば一般でも・・・と甘く見ていましたが落選。

正直、この落選はヘコみました。

今年はノルマンディーのメルセダリオにクラシックを目指してほしいと思っていますが、芝適正に対して半信半疑の部分は今でも残ります。

また、メルセダリオがいなかったら、2年続けて牡馬クラシックが狙えない出資構成になっていたでしょうし、来年のキャロットも更なる争奪戦が予想されるので、ここに来て浮上したのが第3のクラブ入会案!

候補①シルク

重賞成績こそキャロットに及びませんが、ノーザン系になってからの躍進には目を見張るものがあり、クラブ出身の牝馬の産駒がデビューしだす頃にはキャロットと肩を並べるのではと考えています。

今年の募集馬では気になるお馬さんが2頭いて、いずれも残口警報が鳴っていない現状で資料を取り寄せようか・・・というところまで考えています。

シルクの超人気馬はキャロット並みの争奪戦でしょうが、ちょっとずらせばカニョットのようなある程度期待できそうなお馬さんに出資できるのではと考えています。

例えば牝馬はシルク、牡馬はキャロットなどクラシックを目指すお馬さんを分散できれば良いかな。

候補②パカパカ

ツアーに参加した方のブログやTwitterで好印象を抱いたのでこちらも候補に。ただ何の音沙汰もなくいつになるのだろうという不安もあります。仮に12月や1月に募集があったとして毎年その時期だと他のクラブとタイミングがずれ、出資構成を考えにくい反面、成長しデビューが近づいている状態で出資が出来るというメリットも感じられ判断に困るところです。

理想は年5頭くらいの出資でキャロットと第3のクラブで牡・牝のクラシック狙えるお馬さん1頭ずつ、ノルマンディーでダート路線+好きなお馬さん3頭くらいが良いかなと。

いずれにしてもクラシックを目指すとなるとある程度の一口価格は覚悟しなくては・・・。

血統や馬体に疎い私には高すぎるハードルなのかもしれませんが、夢を見たいなぁと考える今日この頃です。
  1. 2016/11/21(月) 19:39:22|
  2. 総合 2015年産検討 
  3. | コメント:3

キャラメルフレンチ大敗!

デビュー勝ちを決め、一口馬主人生最初の勝利をプレゼントしてくれたキャラメルフレンチが2戦目に挑みました。

スタートは完璧!

行きっぷりも良く500万クラスでも先行力は健在です。

3番手くらいからレースを進め、デビュー戦と同じような位置取りで最後の直線を迎えます。

必死に食らいつきますが、バテたのか、右へ行きたがる口向きなのか脚があがってしまいました・・・。

結果は12着と大敗。

未勝利ながら連闘で挑戦のミルファーム勢5頭には負けたくなかったのですが、2頭に先着を許してしまいました・・・。まぁ位置取りの差もありますし、勝ちにいっての大敗ですので仕方がありません。

田辺騎手のコメントを見る限りでは右回りの短距離ならば・・・という事ですので、続戦でデビュー勝ちを決めた中山でのレースを期待したいです。

中2週で黒松賞がいいかなぁ・・・。

こんな事を言えるもの勝ち上がってくれているからこそ。どんな内容であれ勝つ事が本当に大切なんだと実感しています。

まずはお疲れさまでした。そして身体に異常がありませんように・・・。
  1. 2016/11/19(土) 20:44:02|
  2. キャラメルフレンチ
  3. | コメント:2

ブランメジェールの新馬戦

今日の東京6Rでブランメジェールがデビューしました。

パドックではチャカついていて落ち着きがありません。入れ込んでいる様子もあり、評判通りの気性のようです。ゲート入りも嫌がったりと名前の通りのじゃじゃ馬っぷり!

レースがはじまると行きたがる素振りを見せ、口を割りながらの追走に・・・。

最後の直線、隙間を見つけると一瞬で追い付き、セールで見せた通りの豪脚を披露!!

先頭争いを演じますが、これもまたセールで見せた右に行きたがる口向きの悪さも披露してしまいまっすぐ走れません。

せっかくの豪脚もトップスピードに乗れず惜しくも3着・・・。

いやぁ、その名の通りのじゃじゃ馬っぷりですが、不安がささやかれた芝でもいい走りをしましたし、レースを経験したことで次はちょっと落ち着いて臨めるのではないでしょうか。

次こそ勝ち上がりたいですね!!

まずはレース後に異常がないこと、それだけです。
  1. 2016/11/13(日) 23:08:12|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:10

ゴレアーダのデビュー戦

ゴレアーダがデビューしました!!

キャロット勢としては初の出走になり、ドキドキワクワクの1週間でしたが、調教があまり良くなく、中尾先生からも「まずは使ってから」のコメントが出るなど、某夕刊紙の競馬欄ではまさかの調教4点・・・。

久々に見た低評価に良い意味で入れ込まずレースを迎えることができました。

応援馬券もあってか8番人気でゲートイン!!

良いとされていたゲートの出は普通に見えました。道中は追走に苦労する様子は見えけられませんでしたが、他馬とは勢いが違ったのもまた事実でまだまだ時間がかかりそうな手ごたえで進んでいきます。

最後の直線でも見せ場はなく11着。しかし話題のジェンティル全妹には先着できました!

まぁ、こんなもんでしょう!!

一度使ったことで次は変わってきそうな予感がしています!!

まずはレース後に異常がなく、またしっかりと調教ができる状態でいてほしいものです。
  1. 2016/11/05(土) 13:14:19|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

FC2Ad