にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

騎手の差

日本ダービーが無事に終わりました。

勝ったのはレイデオロ!キャロットが初のダービー制覇です!!出資者の皆様、本当におめでとうございます!!

何回かレースを見返しましたが、騎手の差をこれほど感じたダービーは記憶にありません。最初の1000mをしっかり抑え、どスローと見るや一気に加速し好位につけ、最後の直線は抜け出し快勝と言って良いレースでした。ルメール騎手は本当に素晴らしいですね!人気のお馬さんでこういった判断ができるのは外国人騎手ならでは。条件戦でもスローペースになると脚質に関係なく好位につけようとするお馬さんの鞍上はほとんど外国人騎手です。脚質よりもレースの展開を重視している事が良くわかります。

カデナやサトノアーサーが「自分のレースに徹する」という展開よりも脚質を重視した作戦でレースに参加する事ができなかったのを目の当たりにすると、大きなレースになればなるほど、後悔をしないために外国人騎手に任せたいという調教師や馬主の気持ちはわかりますねぇ。

ペルシアンナイトは序盤に折り合いを欠き、レイデオロが上がっていくのを見て、マークしにいったように見受けられました。テン乗りでしたし、あの歓声では折り合いを欠いてしまっても仕方がないと思う中、戸崎騎手は勝ちにいく騎乗を魅せてくれたように思います。

スワーヴリチャードの四位騎手やマイスタイルの横山典弘騎手らはほぼ完璧なレース展開でしたが、このレースに勝つには完璧以上の騎乗が求められたのだと思います。

さて、1番人気アドミラブル。どスローの中、シンガリに近い位置取り。ペースが速くなるシナリオを描いていたのかもしれませんが、レイデオロが動いた時に脚をつかうと大外枠の影響もあって、最後までもたない公算が高くなってしまいます。デムーロ騎手は事前のシナリオ通り、最後の直線に賭ける作戦をとります。終始外をまわされて、馬券圏内を死守した事は1番人気を任された騎手としては仕事をしたと言えるのではないでしょうか。ただ、このダービーは普通の仕事では勝てなかった。大仕事が必要でした。

最初の1000mをしっかり抑えて、ペース次第で位置取りを変えようとしていたルメール騎手。レイデオロの力はもちろんですが、抑えるテクニックとニュートラルな作戦プラン、そしてそれを実行する度胸が噛み合った最高の騎乗だったと思います。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/28(日) 22:57:45|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

諦めていましたが・・

今までで1番好きなお馬さんを挙げろと言われたら、2頭で迷うのですが、1頭はステイゴールド。

話しだすと止まらないので、今回は控えますが、一口をはじめたきっかけの1つにステイゴールドの仔に出資したいという気持ちがありました。

15年産ではキャロットのステイゴールド産駒の牡馬を狙い撃ちしようと思いましたが、納得いくお馬さんがおらず、縁がなかったか・・・・と諦めていました。

シルクでは牝馬に残口がありましたが、できれば牡馬がいいんですよねぇ。

まぁ、オルフェーヴルの仔に夢を託すか・・・と切り替えたつもりでした。

が、ですよ!

まさかの再募集!

◆再募集馬一覧(募集馬名 口数)◆

42.リビアーモの15  2
44.ウィルパワーの15  4
53.トゥハーモニーの15  125

44.のウィルパワーの15がステイゴールド産駒の牡馬!!

母の弟にリアルインパクトとネオリアリズム!共に海外GI馬!(いとこにマグレブもいるけどね!)

近況を見ると・・・2月中旬に脚部不安を発症。まだ騎乗再開できていない・・・。

いやいや、この時期の頓挫は厳しいですなぁ。

でもですよ!ネオリアリズムも3歳の4月に初勝利ですよ!

頓挫中だし、大体の人は骨折から復活して、口数も多いトゥハーモニーにいくでしょ!

4口だから狭き門には変わりありませんが、16年産の足音が聞こえてきている今なら・・・チャンスがあるんじゃ・・。

募集の馬体と動画はキャロットの募集馬よりは良さそうに見えたので、脚元さえパンとすれば・・。

募集期間は今週末!先着順ではなく抽選のようですのでワタクシとステイゴールドの縁を試すために・・・という気持ちも芽生えはじめた今日この頃です。
  1. 2017/05/24(水) 23:56:14|
  2. シルク 2015産検討
  3. | コメント:0

ラピュルテのデビュー戦

ラピュルテがデビューしました!

2014年産のトリを飾るラピュルテ!

ノルマンディー入会のきっかけになったラピュルテ!

最近「ラピュルテ」と書いていなかったので、何回か書いてみました(^-^)/

さて、肝心のデビュー戦、舞台は京都芝1600m。ちょっと体力不足の印象でしたが・・・

スタートはあまりよくなく後ろから。道中追走に苦労している印象で厳しい展開です。

最後の直線も後方でおそらく伸びていたんでしょうが、シンガリ負け(18着)でのデビューになりました(T_T)

それでは公式のコメントです。

★5/21(日)京都・3歳未勝利(芝1600m・牝)中谷雄太騎手 結果18着

「金曜日のゲート練習の効果でスタートは上手くいきましたが、レース全体のペースが遅かったわりには終始追走に苦労しました。何度かマクりを試みたのですが、周りのペースアップについていけませんでしたね。マイルは短い印象なので、距離は長い方が合うと思います。上に飛ぶ走法なのでダートを試してみてもいいかもしれません。背中はいいし、最後の直線ではしっかりと脚を使ってくれました。また機会があったら乗せてください」(中谷雄太騎手)

ゔゔゔ、何度か目にした事がある「終始追走に苦労しました・・・」

距離延長で改善される場合もありますが、体力不足の面も多いにあると思います。脚元や体調に不安が無ければ続戦が良いかなぁ。

普通に考えれば6月10日(土)阪神 芝2000mかなぁ・・・。

その間できるだけ鍛えてもらって、なんとか形になってくれればと思います。
  1. 2017/05/21(日) 21:41:21|
  2. ラピュルテ
  3. | コメント:2

スターズインヘヴン、大敗・・

スターズインヘヴンが未勝利脱出を目指し、東京ダート2100mに出走しました。

この中間、飼い葉食いが悪いという公式コメントがあり、しかもこの暑さ・・・ちょっと心配していましたが・・・。

スタートはややゆっくり。後方からレースを進めます。なんとなくですが、中山で見せていたスムーズな走りではなく、どこかぎこちない走りで追走が精一杯という印象すら受けます。3コーナー、突然ずるずると後退!!

故障かっ?

と、一瞬思ったほどでしたが、止める気配はなく、最後の直線。

激しい上位争いを尻目に、後方13着でのゴールとなりました。

それでは公式のコメントです。

5/21  田村厩舎

21日の東京競馬ではゆっくりめなスタートで後方からに。道中はそのままリズムを整えて追走していたが、最終コーナーで上手くスピードに乗れず13着。「ダートスタートに変わって良いと思っていたのですが、今日は悪いところが前面に出てしまいました。3コーナーあたりで右手前から左手前に替えると急に突っ張って走っていましたし、そこでスムーズに流れに乗せることができませんでした。直線で右手前に替わるとまた伸びていただけに勿体ない競馬をしてしまいました。次は違う馬具などを検討してもいいかもしれませんね。続けて乗せていただいているにも関わらず、なかなか前進を図ることができず申し訳ありませんでした」(吉田豊騎手)


「スタートが速くなかったので後方からになったのは理解できますし、向こう正面までは決して悪い走りではなかったと思うんです。それが最終コーナーへ向かうために右から左手前に替えたとたんに、急にばかついてフォームが乱れてしまいました。正直何かあったのかと不安にはなったものの、直線で右手前になるとジリジリながらまた脚を使っています。チークを着けていましたし、調教でここまで極端に左手前でスムーズさを欠くことはなかったのですが、今日はそこで気の悪さを見せてしまいました。やはりこれからペースをあげたいタイミングで、近くにいた赤帽に付いて行きたいところを、むしろ大きく離されてしまってはキツかったですね…。カイバ食いに波は出やすくても毛ヅヤは良く見せるくらいでしたし、決して体調が悪いわけではなかったと思いますから、やはり気持ちの面が大きく影響してしまったのかもしれません。まともならここまでの馬ではありませんし、次はしっかりと巻き返せるように手を尽くしていきたいです。今日は申し訳ありませんでした」(田村師)

前走から距離を延ばして前進を図りたかったのですが、3コーナーを回るために右手前から左手前に替えると、フットワークが乱れて前の馬たちから離されてしまいました。直線では脚を使って盛り返して来たものの、ここからというタイミングで減速してしまったのが最後まで響きました。レース直後の歩様に気になるところはなかったので気持ちの面が影響している可能性が高そうですから、次走へ向けてはそこへのフォローもしっかりと行い、次こそは力を発揮して結果につなげていきたいものです。この後はレース後の状態次第になりますが、再来週から2場開催になることも頭に入れて節なども見ながらどうするか判断していきます。

3コーナーの後退は右手前から左手前に替えた時にリズムを乱した事が原因のようです。気の悪さが出てしまったという田村先生のコメントにもあるように、体調や脚元の不安はほとんどないようです。あとはメンタルというところでしょうか。

東京競馬場でのレースを見る限りでは、左回りよりも右回りが良いように思います。つまり夏場は新潟競馬場ではなく、右回りのどこかが良いのではないか・・・。まぁ函館か札幌しかないですよね!

この後一息入れて、福島→函館→札幌のどこかで決めてほしいなと思います。吉田豊騎手のスケジュールが難しければ、減量騎手の起用も良いのではないでしょうか・・・。田村先生は未勝利脱出のための最善を尽くしてくれると信じていますので着いていくだけです!!

頑張れ!田村厩舎&スターズインヘヴン!
  1. 2017/05/21(日) 21:30:33|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

ゴレアーダ、久々に走る!

ゴレアーダが久々に走りました!

昨年11月のデビュー以来6ヶ月ぶりとなりましたが・・・。

スタートはまあまあ普通。道中の追走もデビュー戦よりは良いかなという程度でこちらも普通・・。最後の直線は全く伸びず13着でのゴールとなりました。

それでは公式のコメントです。

5/14  中尾厩舎

14日の新潟競馬ではゆったりとしたスタートから道中は中団を追走する。直線は大外に持ち出すも脚は長く続かずに13着。「スタートしてから直線に入るくらいまでは良かったのですが、最後はもう脚が上がってしまいました。この距離を走るのに現状ではちょっと体力不足かなという感じですね。それでも軽い走りで芝は合っていますから、もう少し距離を詰めてみるのもいいかもしれません。テンは追走に苦労するかもしれませんが、マイル戦よりは最後まで踏ん張りが利いてくるでしょうし、もっと走れてもいいと思います」(秋山騎手)

休み明けでも仕上がり自体は悪くないように見えたのですが、直線に向かう頃にはもう脚が残っておらず、最後まで見せ場なく終わってしまいました。ただ、条件次第ではもう少し走れてもいい馬だと思いますし、何とかキッカケを掴みたいところです。久々を使った後なので、まずは反動などがないかどうか馬体をよくチェックしてから今後を検討していきます。

コメントを読んでもイマイチ伝わってこないですねぇ。正直、一番もやもやするお馬さんです。

これはゴレアーダの問題じゃなくて、情報をアウトプットする人間の部分。「芝の方が良さそう」とか「距離を詰めた方が・・・」という件の伝え方の部分でしょうね。なんだかのん気な印象すら受けちゃいますね。

デビュー後、疲労はあったのでしょうが、怪我のアナウンスはありませんでした。なのに半年も間があいて結局体力不足という現状は悲しい感じです。たぶん現場の方は必死にやってくれていると思うのですが、それが出資者に伝わってこないのが残念です。同じ未勝利でもスターズインヘヴンやビターレからは伝わってくる必死さ。未勝利馬だからこそそうならなきゃいけないですよね!

残り3ヶ月ちょい! ゴレアーダ含めた全ての未勝利馬、頑張れ!!関わるスタッフさんも頑張ってください!!



  1. 2017/05/14(日) 22:48:16|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

キャラメルフレンチ、直線競馬にチャレンジ!

キャラメルフレンチが新潟の直線競馬にチャレンジしました!

シンガリ負けが続いていましたが、スタートが得意なので巻き返してほしいところですが・・・。

スタートは抜群。不利と言われている内枠からあっという間に先頭集団に躍り出て、徐々に外ラチ沿いにポジションを変えていきます。残り400mを切っても掲示板内を確保していましたが、さすがに最後はバテて7着でのゴールとなりました。

それでは公式のコメントです。

★5/13(土)新潟・はやぶさ賞(芝1000m・混)中井裕二騎手 結果7着

「ギリギリまで我慢させたのですが、最後の50mは甘くなってしまいました。それでもスピードをいかした千直は合ってますね。千直にこだわって狙って使っていくのも良いかもしれません。1200を使うのであれば、ブリンカー着用でグッと集中させた方が良いでしょう。千直の場合だとブリンカーは前半力んでしまう可能性があるので、チークでちょうど良いと思います」(中井裕二騎手)

千直にこだわって狙っても・・・とありましたが、確かにここ最近のレースでは最も内容が良かったと思います。しかし、千直は限られているので、やはり1200m走れないと出世していくのが難しくなります。レース選択がカギになりそうですね。

まずは一息入れると思いますので、その後のローテーションを考えてみたいと思います。

7/1(土)3歳以上500万下 福島芝1200m
7/29(日)閃光特別 3歳以上500万下 新潟芝1000m 
8/20(日)3歳以上500万下新潟芝1000m(牝) 

こんな感じでいかかでしょうか?福島と新潟の開幕週を狙い、力があまりいらないタイミングで活路を見出せればと思いますが・・・。この3つのどこかで2勝目を挙げてくれ・・・ないかな。
  1. 2017/05/13(土) 22:29:07|
  2. キャラメルフレンチ
  3. | コメント:0

ビターレ、デビュー!

京都2Rでビターレがデビューしました!

昨年の北海道トレーニングセールで落札され、パワフルな走りに魅了されての出資でしたが、早々に頓挫。大事な時期に乗り込めなかった事に加え、気性難も災いし、ここまで時間がかかってしまいました。

正直、無事に走り切ってくれればという思いの中、スタート!わりと前につけますが、徐々に遅れはじめ、直線入り口ではシンガリまで下がってしまい、そこから浮上する事はできませんでした。

それでは公式のコメントです。

★5/13(土)京都・3歳未勝利(ダ1400m)藤岡康太騎手 結果16着

「スタートの芝の部分の走りもスムーズで、その後の二の脚も利き、スピードに乗っていましたよ。道中で砂を被って頭を上げながらも、やめるようなところはありませんでした。最終コーナーで14番の馬(ラインゼウス)が外側に膨れてきて、後ろから接触されバランスを崩してしまったので、最後の直線は無理していません。右前と左後脚に外傷を負っていますが、おそらく大事には至っていないと思います。今日がデビュー戦ということを考えても、この不良馬場で前向きに走れたことは評価していいですし、不利を受けなければ渋太く粘れていたのではないでしょうか。もったいない競馬でした。使いながら体力がつきレース慣れすれば、そこそこやれそうですよ」(藤岡康太騎手)

直線入り口でズルズルっと下がったのが見えましたが、接触があったのですね。外傷を負ったようですが、今のところそれ以上の情報がないので一安心かと思います。

在厩で鍛え続けてくださった羽月先生とスタッフさんには感謝の気持ちしかありませんが、現在の基礎体力ではまだまだ時間がかかるかなという印象です。ただ、セールで見せてくれたあの走りができれば、1000万クラスまでは十分に勝負になると思っています。8月末までと考えてしまうと残された時間はあまりに短いですが、一旦地方で走り、戻ってくる選択肢もあるので、もう少し長い目で見た調整も視野に入れて良いのでは・・・と考えています。

外傷を負ったしまったようですので、まずは傷が癒えるのを待ち、次走に備えてほしいです!
  1. 2017/05/13(土) 22:09:29|
  2. ビターレ
  3. | コメント:2

ノルマンディー4次募集があるとしたら・・・

ノルマンディー4次募集の可能性があるお馬さんたちをまとめておきます。
セールで落札後、まだ動きのないお馬さんたちです。

【2016八戸市場】

① エムケイミラクルの15
父ショウナンカンプ(母父フジキセキ) 
性別:牝 生産:佐々木牧場 落札価格:356.4万円

② ヤマカツアンナの15
父シニスターミニスター(母父フォーティナイナー)
性別:牝 生産:長谷地義正 落札価格:216.0万円 ※岡田スタッド名義

【2016サマーセール】

③ リンダムーンの15
父スペシャルウィーク(母父リンドシェーバー)
性別:牡 生産:小田牧場 落札価格:550.8万円

④ ターフィーの15
父タニノギムレット(母父ゴーンウエスト)
性別:牡 生産:漆原武男 落札価格:237.6万円
※北海道トレーニングセールに上場→主取なら・・

⑤ チャームウィークの15
父ルーラーシップ(母父スペシャルウィーク)
性別:牝 生産:岡田牧場 落札価格:702.0万円

⑥ ホットレディの15
父エイシンフラッシュ(母父サンデーサイレンス)
性別:牝 生産:寺井文秀 落札価格:410.4万円

⑦ コールミーシュガーの15
父アポロキングダム(母父アドマイヤムーン)
性別:牝 生産:三石川上牧場 落札価格:108.0万円

⑧ エイシンオーガスタの15
父ルーラーシップ(母父ハーツクライ)
性別:牡 生産:栄進牧場 落札価格:1674.0万円 ※岡田スタッド名義

⑨ ヒカルマイゴールの15
父へニーヒューズ(母父エアジハード)
性別:牝 生産:森永牧場 落札価格:777.6万円 ※岡田スタッド名義

【2016オータムセール】

⑩ クレバーユーミンの15
父ブラックタイド(母父キングカメハメハ)
性別:牝 生産:ミリオンファーム 落札価格:226.8万円

【2017OBSトレーニングセール】

⑪Hallnorの2015
父Shanghai Bobby(母父Horse Chestnut)
性別:牝 生産:アメリカ 落札価格:18万ドル ※レックス名義

【2017JRAブリーズアップセール】

⑫シークレッドコサージュの15
父へニーヒューズ(母父Lost Soldier)
性別:牝 生産:藤沢牧場 落札価格378万円 ※岡田牧雄氏名義

⑬マイネナデシコの15
父ゴールドアリュール(母父サッカーボーイ)
性別:牝 生産:谷口牧場 落札価格:1371.6万円 ※岡田荘史氏名義

【2017千葉サラブレッドセール】

⑭ヤマトプリティの15
父アポロキングダム(母父アンバーシャダイ)
性別:牝 生産:静内白井牧場 落札価格:475.2万円

⑮オレンジブロッサムの15
父ロードカナロア(母父サンデーサイレンス)
性別:牡 生産:社台ファーム 落札価格:1566万円 ※レックス名義

いやいや、かなりの数ですね。

ノルマンディー名義:8頭
岡田スタッド名義:3頭
レックス名義:2頭
岡田牧雄氏名義:1頭
岡田壮史氏名義:1頭

冷静に考えるとノルマンディーで社台ファーム産のお馬さんが募集される事は考えにくいかな・・・。すごく気になる配合ですけど・・・。

この15頭+北海道落札組の中から5〜6頭が募集されるのでしょうが、圧倒的ドラフト1位は「Hallnorの2015」です。動きは抜群でしたので、身体に問題なさそうと判断できる材料があった上で、ノルマンディーに来てくれるのであれば、多少値が張っても行きます。ただ、レックスに行くのが濃厚・・・かな。ブランメジェールの例もありますし、希望を込めて一応外さずに挙げておきます。
  1. 2017/05/12(金) 22:42:14|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:0

ノルマンディーさん、この仔たち買いませんか?

今日の千葉サラブレッドセールでノルマンディーが牝馬を落札しましたね!

父アポロキングダム
母ヤマトプリティ
母父アンバーシャダイ

母ヤマトプリティはなんと1994年生まれ・・・。相当なご高齢で・・・。ただ競走時代はダートで1億円以上稼いだ立派なお馬さん。

繁殖入りしてからは初仔のマヤノトップガン産駒の牡馬が4000万円ほど稼ぎ、2番目が交流重賞で活躍したヤマトマリオン(牝)。こちらは2億3000万円も稼ぎました。ただそれ以降中央での勝ち星はゼロ・・・。馬体と走りを見てですね。

5月23日には北海道トレーニングセールが行われ、2015年産の募集はこの後にあと1回かな・・・と思っております。

昨年ビターレとディライトラッシュを購入した北海道トレーニングセールでは今年も購入する事は間違いないでしょう。

上場予定馬で気になるお馬さんを挙げておきますので、ぜひノルマンディーさんに落札してもらえたらと・・・(笑)

上場番号11
バズローリングの15 牡 黒鹿毛
父クロフネ
母バズローリング(2005年生まれ)
母の父ウォーエンブレム
生産:日高大洋牧場

クロフネなのに黒鹿毛!芦毛じゃないのは残念ですが、血統背景は超魅力的です。曾祖母がバレークイーン!昨年の北海道オータムセールでは486万円で落札され、トレーニングを積んで再び上場されました。800万円くらいで落札して1,400万(1口3.5万)くらいでいかがでしょうか!

上場番号36
ホワイトハートの15 牡 黒鹿毛
父フリオーソ
母ホワイトハート(2008年生まれ)
母の父ホワイトマズル
生産:木戸口牧場

単純にフリオーソ産駒の牡馬に出資したいんです(笑)ただこの仔も祖母がメローフルーツ!初仔なので賭けですが、1口4万までなら出します(笑)

上場番号96
ラストパートナーの15 牡 鹿毛
父スクリーンヒーロー
母ラストパートナー(2001年生まれ)
母の父エリシオ
生産:ハクツ牧場

この仔で中山大障害目指しませんか!!1口3.5万までなら出します(笑)

上場番号142
オーディションの15 牡 黒鹿毛
父スペシャルウイーク
母オーディション(2010年生まれ)
母の父キングヘイロー
生産:高橋義浩

父と母父が同期と言うロマンある組み合わせ。セイウンスカイも絡んでりゃ最高でしたが・・・。リンダムーンとこの血統を比べたら個人的にはこっちの方が好きです。1口3.5万までなら出します(笑)


上場番号224
テンザンビーナスの15 牡 鹿毛
父ヨハネスブルグ
母テンザンビーナス(2001年生まれ)
母の父サンデーサイレンス
生産:中川隆

母の母はビワビーナス。つまり曾祖母はパシフィカス。ナリブー好きのワタクシは飛びつく事でしょう。ヨハネスブルグってのも仕上がり早そうで小倉2歳Sを走るイメージです!1口4万までなら出します(笑)

いずれ血統をちらっと見ただけなので、トレーニングセールのウリである走りは一切考慮しておりません!というか、まだわかりません!単なる好みの話ですが、こんなことを想像しながらセールを見るのも悪くないかと・・・。

ちなみに牝馬で気になったのが千代田牧場のブラックタイド産駒だったのですが、岡田スタッドもブラックタイド産駒の牝馬を上場しているのでさすがに無いかなと思い挙げませんでした。
  1. 2017/05/12(金) 22:09:28|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:0

POG関連本 2017-2018

今年のPOG関連本も出揃ったところで、ワタクシが購入したものに関してまとめてみようと思います。

①POG虎の巻 2017-2018 デイリースポーツ 350円

pogtora.jpg

新聞スタイルで情報量は控えめなので、価格も安くノーザン・社台のメインどころをチェックするだけならちょうどいいかも。

②POGの王道 2017-2018 双葉社 1,728円

pogoudou.jpg

ノーザン・社台のメインどころはもちろん、有力牧場、有力馬主のメインどころも押さえており、情報量は豊富。今年初めて購入したからかもしれませんが、読み物としては1番面白かった。


③馬トク POG 2017-2018 報知新聞社 1,500円

pogumatoku.jpg

POGブログで有名なスポーツ報知が初めて手がけたPOG本。サイズはひと際大きく、立ち写真の掲載数も1番多いかも。馬体の見方や牧場レポートなど細かい情報も多いけれど、踏み込んだコメントは少なめで、差し障りのない表現に留めた印象。

④最強のPOG 青本 2017-2018 KKベストセラーズ 1,680円

pogao.jpg

去年も買った青本。写真、情報量のバランスが取れており、コメント内容も1番直接的なものが多かった印象。アンカツさんと牧雄さんの社台グループの撮影馬ジャッジも面白い。

⑤ザッツPOG 2017-2018 東京スポーツ 350円

tahtspog.jpg

最後発5月11日発売の新聞スタイル。マー君や井崎さんといったおなじみのメンバーが選ぶドラフトとマイナー種牡馬のコーナーが斬新でしたが、全体的には他とあまり変わらない内容でした。(まだしっかり読んでないけど)

来年も買うだろうなと思うのは「POGの王道」「馬トクPOG」「青本」あたりかな。もし、来年新たなPOG本ができるなら、また新たな企画を探しているのならこんなのはいかが?

★照哉さん、勝己さん、アンカツさんによるノルマンディー募集馬ジャッジ
★牧雄さんによる他とは被らないで勝てるお馬さん発表
★総帥と牧雄さんによるこの10頭で社台グループに勝つ

もし実現したら必ず買います(笑)

  1. 2017/05/11(木) 23:31:02|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad