にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

シルクかパカパカか

第3のクラブ候補「シルク」と「パカパカ」。

ノーザンか日高かの選択でもあり、ディープ産駒の選択でもあります。

シルク1の高額馬ペンカナプリンセスの15(牡馬)。友道厩舎所属予定で、全兄に重賞好走馬がいるなど血統的魅力十分のお馬さん。

パカパカでの募集が噂されているラヴアンドバブルズの15(牡馬)。矢作厩舎所属予定で、全兄はダービー馬とこちらも申し分ありません。

いずれもワタクシの浪漫枠「ディープ産駒の牡馬・角居、矢作、友道厩舎に所属予定」という資格を備えています。

今後のキャロットやシルクでこの資格を備えるお馬さんをスムーズに取れるとは思えません。今回チャンスって言えばチャンスです。1口とは言え、ワタクシには大金です。浪漫だけで考えていいものかどうか・・・。チャンスと言うだけでポチっていいものかどうか・・・悩み中です。

今後の一口人生、打ちのめされる可能性も高く、その時にディープ産駒をポチろうというテンションになるかどうか微妙です。また、考えたくもないですが、それまでディープが健在でいられるかどうかもわかりません。鉄は熱いうちに打てともいいますので、一口2世代目でディープ産駒もありかなと心は傾きかけています。

そこで、シルクかパカパカか。

ペンカナかラヴアンドバブルズか。

ペンカナは今日の更新で順調を確認。残口もたっぷりなのでリップサービスもあるでしょう。

一方、ラヴアンドバブルズの情報はほとんどありませんが、ディープ牡馬は今回が3頭目。この仔にディープブリランテ。間にゼウスバローズという条件戦を走っているお馬さんがいます。ちなみに馬体重はペンカナが成長したくらいかな・・・という位で、ディープブリランテよりは40kgほど軽い。やっぱりディープ牡馬はちょっとでも馬格があったほうが良いのかと思わせてくれるお馬さんです。もしラヴアンドバブルズの15の馬体重が500kg近くあれば、パカパカのほうが魅力的かなと思います。

また、ここまで延ばしたのだから、2015年産・2016年産同時募集もあるのではと思いはじめ、パカパカファーム2016年産を調べてみました。

(牡馬)
・ディープインパクト産駒:4頭/16頭中
・オルフェーヴル産駒:1頭(ラヴアンドバブルズの16)

他、ジャスタウェイやクロフネなど。

(牝馬)
・ディープインパクト産駒:4頭/15頭中
・オルフェーヴル産駒:2頭(タイキクラリティの16)

他、クロフネやディープブリランテ、ロードカナロアなど。

JBISさんのサイトで確認しただけなので、まだ一部だと思いますが、少数精鋭の牧場にしてはずいぶんとディープインパクトの比率が高い。ただの思いつきですが、一口クラブを念頭においたマーケティングなのかなとも思えます。ちなみにディープブリランテの弟はオルフェーヴル産駒。ラヴアンドバブルズは2016年の種付けは行わず、先日フランケルとの種付けのためにイギリスに向かっています。もしかしたら将来的にフランケルの仔も・・・と妄想しちゃうくらい魅力的なクラブになりそうです。

いずれにせよ、ブリランテ全弟は2015年産がラストチャンスと捉えるべきでしょう。それだけに早く募集してほしい・・・。願わくば馬格が大きめの・・・。できれば2月中に決着をつけたいと思っているのですが・・・厳しいのかなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/02(木) 23:40:45|
  2. 総合 2015年産検討 
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad