にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ブランメジェール、ダート挑戦

2年ぶりに風邪をひいたおかげで、様子見馬のチェックもほどほどにしていた今日この頃、依然としてシルクの申込書は手元にあります。とうとう残口警報が出たペンカナも思い切れない・・・とここしばらくずっと様子見馬のブログばかりで出資馬を放置プレイ。ちょっと出資馬への愛が足りていませんでしたね。これからは出資馬の事も書いていきたいと思います。

2ヶ月間出資馬が走らなかったワタクシですが、ようやく今年最初の出走馬となりそうなのがブランメジェール!!

週末のダート戦に出走予定です。

ワタクシは全日本2歳優駿を快勝した後、ドバイ遠征は自重し国内に専念・・・まずはヒヤシンスSあたりから始動という妄想をしていたのですが、現実は未勝利戦。芝を2戦し、大野騎手の進言もあってダートに活路を見出すようです。

元々ダート適性は高いお馬さんだと思いますが、課題は多いように思います。

まずは調教面。帰厩後、確認できるだけで5本追っていますが、一杯に追ったのは1本のみ。テンションの上がり過ぎを気にしているのでしょうか。しっかり追ってスタミナもつけてほしいなと思いますが、外厩でしっかりやってきたのかもしれないので判断は難しいところです。

次に気性面。アメリカのセール時の動画の時点から口向きが悪く、馴致をしっかりしてきたのかなぁと不安でしたが、現段階ではそれが的中してしまっている感じです。馬場に出るとテンションが上がってしまうとの記述もあり、どこまで落ち着いていられるかが勝負ですね。

最後は天候面。関東地方は木曜日に雪か雨の予報です。ブラメジェは土曜に出走予定ですので、馬場状態が悪いままの可能性があります。ダートの場合脚抜きが良くなってしまうことがあるので、陣営の意図とは逆の状況になってしまうかもしれません。ただ芝でもデビュー戦3着がありますから個人的にはそこまで心配していません。

結果が出ないと、色々なところに原因を求め、時にはそれを排除しようとする声すら上がります。大切なお金を出しているのでわからなくもないのですが、出資の段階では髙木厩舎とありましたので、大野騎手が乗ることが多いのは百も承知でした。ワタクシの妄想も全て大野騎手を背にしていたものです。国外で馴致された○外牝馬、サンプルの少ないハンセン産駒という事を考えれば陣営はこれまでの知識や経験が生かしづらい未知の領域で日々闘っているのかもしれません。だからこそ、この先生と騎手で勝った時の喜びが大きいってもんでしょう。

色々と心配事はありますが、やってくれると信じています。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/06(月) 23:48:41|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad