にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ペンカナプリンセスの15に出資した理由

出資した理由第5弾はシルクのペンカナプリンセスの15。(ピボットポイント)

父ディープインパクト
母ペンカナプリンセス
母の父Pivotal

ワタクシの浪漫枠、ディープインパクト産駒の牡馬、友道厩舎で引っかかりました。ディープ牡馬は別として、浪漫枠の条件は角居、矢作、友道厩舎に所属するというのが大事な条件でした。なぜこのお三方かと言うと応援していたお馬さんでダービーを勝ってくれたという単純なものです。ちなみに今年は池江泰寿先生がダービーを勝って、先のお三方に加え浪漫枠4人目になっていただけたらと思います!

さて、このペンカナの15。トライアルで権利を獲得してクラシックに挑戦した全兄が2頭いる良血で募集時から注目していましたが、遅生まれとあって馬体は幼く感じました。バランスもあまり良くないし後ろ脚を引きずるような硬さが見て取れましたが、この血統ですから1次募集で満口になり、新規の自分には関係ないかと思っていました。

がっ!

価格の高さも手伝ってまさかの売れ残り。

一気に出資馬候補入りします。

まずは馬体です。

2016年9月16日
1


2016年10月13日
2


2016年11月5日
3



2016年12月1日
4


2017年1月5日
5


2017年2月2日
6


徐々に良い身体つきになっています。特に胸前が逞しくなってきて、あとはトモに力が付いてくれば、やってくれるのでは・・・と期待が持てました。

公式サイトの動画でも、ブレない走りが魅力的でフォームもきれいでした。特に出資の最終的な決め手になった1月26日の動画の47秒から最後までのフォームがすごく好きで、期待は更に大きくなりました。更にディープ×Pivotalという同じく見合わせで大物感たっぷりのファンディーナがデビュー勝ちした事も決め手の1つでした。

また、ラストインパクト、モンドインテロ、ゼーヴィントという、いずれも年明けまで残っていたシルク募集のディープ牡馬が活躍しているのも心強いものでした。売れ残ると言う事は目を見張る馬体でなかったなどなんらかの不安があったからこそ。そんなお馬さんたちの方がシルクでは活躍しているイメージです。父ディープインパクトについても、牧場時代は馬体に目を見張るものはなかった、非力な印象だったという話ですので、目を見張る馬体をしていなくても走るお馬さんは走る!そのディープも遅生まれですし、馬体に見所はなかったけれど・・というキーワードが揃ったので、これはいってしまおう・・・と決断しました。

シルク所属馬の回収率だけを見ていくと5000万円以上はリスクがかなり大きいと思います。ましてやシルク過去最高額の1億2000万円。とても1億2000万円の馬体ではないというのが正直なところですが、シルクの値付けとノーザンファームの育成を信じるしかないと思います。

気になる名前は申し込み用紙を投函した日に決まりました。ピボットポイント。由来は「回転軸の中心。中心的な存在となるような活躍を期待して。母父名より」とのこと。ネットではややネガティブな印象の方が多いようですが、ワタクシは気になりません。Penkenna PrincessとPivot Point。イニシャル(って言うのかな?)PPで合わせていますし。

何よりパとかピとかポとかの半濁音好きなんですよねぇ。そういう意味ではポートフィリップは由来も響きも完璧で未だに迷っています。何はともあれ、覚えやすい名前の方が自分は好きなのでピボットポイントを応援していきます!!

何と言っても浪漫枠ですからまずは勝ち上がって長く楽しみたいお馬さんです。出資額を考えれば大きなレースで勝ってほしいですが、個人的には長い現役生活にこだわってほしいですね!どちらかと言うと古馬になってからのイメージがあるので夢は春の天皇賞・・・かな。(できれば菊花賞には間に合ってほしい・・・)

最新3月2日のピボットポイント
7


● 出資した理由のまとめ

★ ディープ牡馬、友道厩舎という浪漫枠
★ 全兄に重賞好走、クラシック出走の成功例あり
★ ブレないフォームでバランスの良い走り
★ シルク募集で年明けまで売れ残ったディープ牡馬
スポンサーサイト
  1. 2017/03/13(月) 17:30:22|
  2. 出資した理由(2015年産)
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad