にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

スターズインヘヴンいよいよデビュー

先日キャロットからキャンセル募集が案内がありましたが・・・様子を見ていたお馬さんはラインナップされず今回は見送る事にしました。ちょっとだけ気になったのは古賀厩舎のディープブリランテ牝馬と松下厩舎のタートルボウル牡馬でしたけど、2015年産についてはノルマンディーとシルクからチョイスしようかと思います。(ノルマンディー3次早く!!)

さて、今度の日曜日にスターズインヘヴンがデビューする事になりました。先週計算通りの除外を経て今週見事に抽選突破です。

それでは公式のコメントです。

★3/16  田村厩舎

19日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走いたします。



★3/15  田村厩舎

15日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒4-53秒8-39秒4-13秒9)。「昨日からの雨の影響で馬場はだいぶ重たくなっているのですが、良い時を選んで追い切りをかけました。全体時計が68秒ちょっとで、終いにかけてしっかりと動かしました。いくらか相手には遅れを取ったものの態勢は整えられたかなと感じています。先週入ってしまったら若干早いかな、1本欲しかったなと思えたため、今週で丁度いいのではないかと思うんです。兄貴と同じで切れるタイプではないのですが、走りのバランスは良いんですよ。ただ、弱いところがある現状で本質的にはもっと先だと思いますから、その成長を余裕を持って促していくためにも何とか勝たせたい。誰も1度も走ったことがない新馬戦と、経験のある馬がいる未勝利戦とではレースの時計がだいぶ違うことが多いですし、やはり理想は新馬戦を使いたいんです。権利1つ持ちでも安心はできず抽選になり得るでしょうから、まずはその抽選を突破してほしいですね」(田村師)19日の中山競馬(3歳新馬・ダ1800m)に吉田豊騎手で出走を予定しています。

スターズインヘヴンの管理を通じてですが、田村先生の印象がすごく良くなりました。正直、あまり意識していない調教師さんでしたが、昨年末の電撃入厩→ゲート試験のみ合格させるという流れの当たりから、他の先生とちょっと違うかも・・・と思いはじめています。

コメントからは新馬戦に出走させたかったという強い思いがあり、最終的にはギリギリ間に合いました。結果はわかりませんが、ある程度の印はついて、それなりに走ってきそうな気配は感じています。このギリギリ間に合った要因の1つにゲート試験をパスしていたという点は見逃せません。2月14日に帰厩してからゲート以外の調教に時間を使えた事はあの時の判断があったからこそだと思っています。

また、吉田豊騎手が騎乗するのも2月23日のコメントで触れられていました。関東では人気のベテラン騎手ですから他からもお話があると思いますが、先週除外されても吉田騎手の騎乗が実現しています。この点ではお二人の情報共有や信頼関係を見て取れます。

思い起こせば、スターズインヘヴンは1歳の11月に強い捻挫を発症し、半年間運動ができませんでした。記憶が正しければ2014年産のキャロットで満口にならなかったのは2頭のみ。そのうち1頭は警報が出ており、1頭は警報なし。スターズインヘヴンは後者でした。つまりキャロットで一番売れなかったお馬さん!そんなお馬さんに対しても目標を設定し、それに対してできる限りの対応をして準備する。そしてそれを事細かにアウトプットしてくださる姿勢にも感服しました。

正直デビューできるか微妙・・・と思っていましたが、突貫工事ではなく、しっかりと準備ができた上でのデビューなので期待もしています。まずは無事に走り切ってもらう事が1番ですが、できれば直線で「豊!豊!」と叫ばせてください。

頑張れ!スターズインヘヴン!!
スポンサーサイト
  1. 2017/03/17(金) 00:04:27|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad