にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ダービーを終えて

ダービーを終えて、また新たな世代の戦いがはじまります。

14年産から一口をはじめたワタクシにとって、最初の1年が終わったという気持ちです。

そこで、14年産の出資馬たちの奮闘を振り返ってみたいと思います。

1番最初に入会したキャロットは特に何も考えず知名度だけでクラブを選びましたが、残口馬もわずかな状況でしたので、母馬のレースを知っていたゴレアーダときょうだいにデビュー勝ちが多かったスターズインヘヴンに出資。

ノルマンディーはバランスの良さに惹かれたラピュルテへの出資で入会。2次募集で鍛えがいがありそうなラグランドルーと筋肉質なキャラメルフレンチに出資。年明けて、利発そうな表情をしていたハリウッドレーヴとトレーニングセールでの走りを見て出世を確信したビターレ、アメリカで圧巻の走りを魅せたブランメジェールに出資し、2クラブ計8頭で最初の1年に臨む事に。


そして結果です。(一口馬主DBさんから拝借しました)


dadad.png

bzbzbzbz.png


いやぁ、散々・・・といった内容。

自慢じゃありませんが、デビュー戦シンガリ負けが3頭もいます(笑)

勝ち上がりは2頭。既に引退が1頭。5頭の未勝利馬が生き残りをかけて、この夏を走ります。来年も走れるお馬さんが増えるのか、微妙な情勢ですが、なんとかあと2頭は勝ち上がってほしいなぁと・・・。8頭中4頭は生き残った・・・という形になればいいなぁ。

最初の世代に出資してみて、自分の一口スタンスみたいなものが見えてきました。

最も重視すること。

「丈夫で数多く走る」

あれっ?これってノルマンディーのコンセプト。

2世代目にあたる15年産では脚元の不安で長期の頓挫だけは避けたかったので、自分なりにお馬さんを見て、基準を厳しくしたつもりです。今のところ、長期にわたって頓挫している出資馬はいないので今のところはまずまず。

数多く走るのはお馬さんの体質はもちろんのこと、クラブや厩舎の意向もあると思います。このあたりは15年産と16年産でしっかり見極めたいです。

今のところ、ノルマンディーのコンセプトはかなり良いと思っているので、コアサテライトのサテライトの気持ちで入会したクラブでしたが、今後はメインクラブとして考えています。ノルマンディーで頭数を多めに、キャロットとシルクはこれだという一撃必殺の1頭に絞っても良いかなと。

最初の1年はノルマンディー愛が深まった1年にもなりました。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/01(木) 23:46:15|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:2

コメント

こんばんは~

今年のキャロットは恐ろしい競争になりそうな感じですから、僕もノルマンディーの比重を多くしようかなと画策してます。

それにしてもラグランドルーって、
いったい我々にとって何だったんでしょうね~
  1. 2017/06/02(金) 18:24:57 |
  2. URL |
  3. MarsAttacks! #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

MarsAttacks!  さん

こんばんは。

本当に16年産のキャロットはどうなってしまうのでしょうか・・・。
ダービー馬を輩出し、ベルモントSにも出走するお馬さんがいるくらいですから、牡馬はかなりの競争になりそうですね!
自分は今のところ、牝馬を狙い撃ちしようかと思っています。

そして、ラグランドルー。

小倉2歳Sとはしゃいでいた頃が懐かしい・・・。一口はデビューするまでが1番楽しい・・・と教えてくれたお馬さんかもしれません(笑)今は名古屋で頑張っているので、できるだけ長い現役生活を送ってくれたらと願うばかりです・・・。
  1. 2017/06/02(金) 22:39:34 |
  2. URL |
  3. にんじんサンデー #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad