にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ウイングステルスの16はどんなお馬さん?

ウイングステルスの16はどんなお馬さんなんだろう・・・。

という訳でまずはお母さん「ウイングステルス」から。

2005年、アイルランドで生産されたHawk Wing産駒。現役時代は3戦0勝だったものの2012年に出産した3番目の仔がアイルランドオークスとオペラ賞を勝ったカヴァートラヴ。この仔が活躍したからノーザンファームが輸入したものと思われます。

つまりウイングステルスの16はアイルランドオークス馬の半弟になる良血です。

ここまでは良いぞ!

続いてお父さんはRio de La Plata。(父はラーイ)2歳から7歳まで走った息の長いお馬さん。2歳時に芝1400mのGI(フランス)を勝利。5歳時に芝1600mと芝2000m(共にイタリア)のGIを勝ち、通算30戦8勝。3着以内は19回もあったのでかなり堅実な走りをしていたと想像できます。(イメージはダイワメジャーなんですが)ちなみに最新の種付け料が5500ユーロ。約68万7500円。

血統表はコチラ↓(JBISさんから拝借しました)

wing.png


ニジンスキーのクロスが好きなので好印象ではありますが、サンデーの血もないし、切れ味不足な感じは否めません。いずれにせよカタログを待ちましょう!見る目がありませんが、穴があくほど見てみようと思います!!

できれば人気にならないといいなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/16(金) 23:20:48|
  2. シルク 2016年産検討
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad