にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ニューワールドレーシング、一口馬主クラブ法人設立へ!

ハナズゴールの馬主さんとして知られるマイケル・タバートさんが一般の方を対象にした一口馬主クラブ法人「ニューワールドレーシング」の設立を目指している事が明らかになりました。

個人馬主向けのニューワールドレーシング・オーナーズを設立した事は耳にしていましたが、クラブ法人まで目指しているとは驚きです。

一体どんなクラブ法人になるのかとても楽しみですが、オーナーズのコンセプトやシステムを元に・・・という報道もあるので、まずはオーナーズのコンセプトを調べてみました。

ざっくりまとめますと・・

● 個人馬主向け(1/10)
● オーナーズ運営に関する費用(入会金・毎月会費・年会費)は一切なし
● 事務手数料及び賞金分配時の手数料は一切無し
● 2歳の1月1日以降の費用は全て明細を開示した上での実費のみ
● 育成がはじまってから引退まで毎日の情報更新
● レントゲン、喉や心臓の検査結果など、獣医チェックの元となる情報を全て開示
● 目標レースとして牝馬は桜花賞、牡馬は日本ダービーに設定
● 目標レースに出資馬が出走したら、所属厩舎に謝礼金500万円を支払う
(ニューワールドレーシング・オーナーズと会員は半分ずつ負担)
● 浦河町を中心に、日高地方を身近に感じていただけるサポート(名産物を届けるなど)
● 浦河町を中心に、日高の牧場が生産し育成したお馬さんを厳選(海外生産馬については例外アリと明記)
● 騎手の希望や海外遠征の是非など、全員一致は難しくても、会員の声はなるべく反映させる

いやいや、個性的なオーナーズですね。入会金や会費がないのはLEXも同じですが、賞金分配時の手数料がないのは異例ですね。ただ、同様のコンセプトがクラブ法人に適用できるかはわかりません。クラブ法人=金融商品を販売する法人ですので、金融庁の認可が必要です。事業の信頼性や継続性の根幹を担う部分でしょうから厳しい審査が待っているのが予想できます。もしオーナーズに近いコンセプトで設立できたら凄く興味のあるクラブになりそうです。

ニューワールドレーシング・オーナーズのコンセプトから感じたのは

「リスクの共有」です。

生産者は情報を開示する事で売れないリスクがある。
オーナーズは情報を開示する事で売れないリスクがある。
オーナーズは売れ残りが多発する事で評判を落とすリスクがある。
馬主は高いお金を払ったけれど走らないリスクがある。

これを既存の一口クラブ法人に当てはめて考えてみると、

生産者は良い情報だけ公表する事で売れ残りのリスクを避ける。
クラブは悪い情報をオブラートに包む事で売れ残りのリスクを避ける。
クラブは悪い情報をオブラートに包む事で、評判を落とすリスクを避ける。
出資者は高いお金を払ったけれど走らないリスクがある。

考えさせられますね。

私は出資馬が勝ってくれたら嬉しいですが、馬柱に載っているだけでも喜べちゃいます。あまり高くないお馬さんに出資しているからかもしれませんが、仮に未勝利で終わっても、ケガをしても、「出資した自分が悪い」と思います。生産者やクラブ、調教師、騎手のせいにしようとは思いません。既存の一口クラブで満足しています。

しかし、ニューワールドレーシングのコンセプトには感銘を受けています。正直、レントゲンを見ても喉の画像を見ても自分にはさっぱりわかりません。ただ、生産者として、商売をする人間としての誠意や人間性は伝わってきます。


実際に「生き物だから仕方がないよね」と言う事はあると思います。ただそれを出来るだけ少なくしよう!生産者とオーナーズも馬主(出資者)と一緒にリスクを負うんだという姿勢は感じます。

こういうの大好きです。

クラブの設立が順調に進んでくれる事を願っています。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/21(金) 00:09:21|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad