にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

シルク様子見中。

3頭でも良いと思ったし、1頭当たればラッキー。蓋を開けたら0頭の現実を受け、再びシルクのカタログを紐解く今日この頃・・・。

様子見中は4頭。

ダートで頑張ってくれそうなグランプリエ。ただ残り50口を切っているので15日の最初の方で瞬殺だろう。あー繋がらないなぁとつぶやく自分の姿が、シルク暦半年の自分にも思い浮かぶ。

かなり大きくなってしまったウイングステルスは日本の馬場への適性が未知数の血統構成。スピードに対応できるか不安はある。

ウィストラムは4頭の中で1番不安が少ないが、爆発力は感じず、しっかりと回収に近づいてくれるイメージ。

ツルマルワンピースも不安は少ないが、ワクワクまではいかない。

と、言う訳でも1次でリスト入りさせながら見送った他の募集馬までもう1度広げてみたところ・・・

ディアジーナ。欲しかったゴールドアリュール産駒ではないか!ただ牝馬。ダートでどこまでやってくれるか・・・。ゴールドアリュール×メジロマックイーンは青藍牧場のフーラブライドが有名と思いきや、芝馬だった・・・。

サダムグランジュテ。同じくゴールドアリュールの牝馬。西園厩舎。いい先生なんだろうけどノルマンディストとしてはディライトラッシュのイメージが強い。

この2頭を様子見に加えて、15日を待とう。「あー繋がらないなぁ」とつぶやいた後で、5頭になった(なると思われる)様子見馬の中からポチるかポチらないかはその時の気分次第です。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/12(土) 22:57:09|
  2. シルク 2016年産検討
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad