にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

キャロット最優先候補 種牡馬分析編

キャロット16年産募集の最優先候補「1番欲しいお馬さんリスト」入りしている15頭。その15頭の種牡馬をまとめてみました。

●ディープインパクト
(リッチダンサー・チェリーコレクト・ココシュニック)

●キングカメハメハ
(ディアデラノビア)

●ハーツクライ
(アディクティド)

●オルフェーヴル
(ヒルダズパッション・マルティンスターク)

●ロードカナロア
(ラドラーダ・スカーレットベル・シーザリオ・スペシャルグルーヴ)

●スクリーンヒーロー
(クライフォージョイ)

●ディープブリランテ
(ピースエンブレム)

●ダイワメジャー
(アブソルートリー・フェアリーバニヤン)

ロードカナロアが4頭、ディープが3頭で続きます。


今回注目したのは勝ち馬率です。勝利した産駒の数を走った産駒の数で割り、8頭のランキングを出してみました。ちなみに先週までの数字です。

1位ディープインパクト
勝ち馬率 .351 

2位キングカメハメハ
勝ち馬率 .280

3位ダイワメジャー
勝ち馬率 .273

4位ハーツクライ
勝ち馬率 .255

5位ディープブリランテ
勝ち馬率 .238

6位オルフェーヴル
勝ち馬率 .235

7位スクリーンヒーロー
勝ち馬率 .180

8位ロードカナロア
勝ち馬率 .167

やっぱりディープ強しですね。ダイワメジャーの健闘も光っています。オルフェーヴルとロードカナロアは2歳世代のみですので参考になりません。ロードカナロアは種付け頭数が多かったこともあり、走っている産駒の数も多い。同士討ちも数多くあるのでこの時期あまり気にしちゃいけない数字ではありますが、ディープの初年度の勝ち馬率は .459という凄すぎる数字。ちなみにカナロアの父キンカメの初年度勝ち馬率は .267。ディープがいかに飛び抜けていたのかが一目瞭然です。カナロアは期待値が高すぎるのかな・・・というのが正直な感想です。

ちなみに2歳馬だけに絞ると

ダイワメジャー .285
ディープインパクト .250
ディープブリランテ .238
オルフェーヴル .235
ハーツクライ .200
ロードカナロア .167
スクリーンヒーロー .142
キングカメハメハ .125

の順番。キンカメは今年ダービー馬こそ輩出しましたが、体調の問題による種付け頭数制限の影響もあり、数字を伸ばせていない印象です。キンカメ産駒については慎重に吟味しなきゃいけないかもな・・・と思っています。

あと、これまであまり好きなお馬さんではなかったのですが、ダイワメジャーの安定っぷりも素晴らしいと今更ながら認識したのであります。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/27(日) 22:49:06|
  2. キャロット 2016年産検討
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad