にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ロンシャンボーイ

ロンシャンボーイって知ってます?

若いファンは知らないよね。

父ホリスキー
母ファーストヒダカ
母の父ファーストファミリー

・・・って書くと年代がわかるかな。

この血統で馬をつくろうとすると、スーファミのダビスタ2くらいじゃないとつくれないっすよ。

ロンシャンボーイはミホノブルボン世代。ライスシャワー、マチカネタンホイザ、セキテイリュウオーといった個性溢れる世代の一員で、1993年の高松宮杯を華麗に逃げ切った馬なんです。

1993年と言えばナリタタイシン・ウイニングチケット・ビワハヤヒデの3強がクラシック三冠を分け合った年・・・で通じるかな。トウカイテイオーが1年ぶりのレースで有馬記念制覇・・ってのもあったな。ベガはベガでもホクトベガもこの年。ビワハヤヒデの弟ナリタブライアンも朝日杯を勝って兄弟ですごいなぁっていう年。Jリーグがはじまったのもドーハの悲劇もこの年ですよ。ちなみに巨人の助っ人はバーフィールド。

今でこそ春のスプリント王決定戦として名高い「高松宮記念」は当時夏の芝2000mで行われていたGⅡ。名前も「高松宮杯」。いつもは中京競馬場で行われていたけれど、スタンド工事で京都競馬場で行われました。

そんな1993年は豪華メンバーだった。

その年の皐月賞馬ナリタタイシン
同い年の活躍馬マチカネタンホイザ
桜花賞馬シスタートウショウ
未完の大器と呼ばれたサクラセカイオー
いぶし銀オースミロッチ
ブルボン3歳時(今で言う2歳)のライバル ヤマニンミラクル

そんな中でロンシャンボーイは逃げ切ったんですよ。

2走前の京阪杯(京都芝・2000m GⅢ)でも逃げ切っているけど、カラ馬のワイドバトルがロンシャンの前を走ってて勝つには勝ったけど絵的に微妙。1走前の宝塚記念ではゲートでフライングしてやり直し→惨敗っていうキャラですよ。

誰も豪華メンバーの中では走るなんて思ってなかったわけ。

時効だから言うけど、当時未成年だったオイラはロンシャンの単勝を買ってた。

友達と一緒にチャリで1時間半かけて中山競馬場の場外販売に行ってさ、なぜか心惹かれていたロンシャンの単勝買ったのさ。

ロンシャンの単勝を買うためだけに行ったと言ってもいい。

小遣いの6分の1を託して小遣いの10倍近くになった。

そりゃ、ハマるさ!ロンシャンに!

京都大賞典も大御所メジロマックィーンに逆らったさ。
秋の天皇賞は希代の逃げ馬ツインターボがいるのに逃げ切ると思ったさ。
アルゼンチン共和国杯でも初志貫徹さ。

走ればブービーかシンガリが続いても買い続けたロンシャンボーイの単勝馬券。

地方に行ってもシンガリ続き。切れちゃったんだね。気持ちが。

そんな個性派ロンシャンボーイが先日、27歳で天に召された。

大往生だよね。この年まで生きられて幸せだよ。

競馬をはじめてすぐにハマった名馬ロンシャンボーイ。

ロンシャンがいたら今でも競馬を好きでいられるのかもしれない。

また、買わせてくれよ。単勝馬券。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/14(月) 23:06:09|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad