にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

キャロットのディープ産駒 牡馬編

2015年産、出資したい条件の上位に来ている「ディープインパクト産駒」。

どうせ高額の出資になるのでしょうから、GIを意識したいのは当然の事です。先日発表されたキャロットの2015年産募集予定馬の中には牡馬が3頭、牝馬が3頭+セレクトセールで購入した1頭のラインナップになるようです。

一口価格は当然高額ですし、×のない私が最優先オンリーでいけるとも思えないのですが、来年×1の状態で臨むためにも今年は人気馬を最優先にしてXをGETするという戦略を念頭に置きながら、万が一当選したらの場合も想定してラインナップされたディープ産駒をしっかりみておく必要があります。

と言う訳でまずはディープインパクト産駒の牡馬編。

【牡馬】

ウルトラブレンドの15(母父 Richly Blended)

母はアメリカでGI勝ちを含む11勝。全姉のベアマインドは5戦目で勝ち上がりこれから期待される馬です。かなりの競走実績を持った馬ですので一口価格はかなりの数字になると思われます。血統面ではなんとクロスなし。ディープ産駒でクロスなしの活躍馬で思いつくのはダノンプラチナとステファノスくらい。世界中の名牝をディープの交配相手として購入していますので、今後こういった配合は増えていくのではと想像つきますが、現時点で成功実績の少ないパターンに高額出資する勇気はありません。

ガヴィオラの15 (母父コジーン)

母はアメリカでGI勝ちを含む8勝。全兄のコメットシーカーは1勝止まり。ほかのきょうだいを見渡しても走っていると言える馬は見当たりません。Blue Canoeの5×5のクロスがありますが、ディープ産駒で成功実績がほとんどなく、母も高齢。現時点では出資する気持ちになれません。

ヒルダズパッションの15(Canadian Frontier)

母はアメリカでGI勝ちを含む8勝。全兄のジークカイザーはデビュー2連勝。クラシックには出られませんでしたが、もし出走していれば人気の一角を担った事でしょう。ノーザンダンサーの5×5、Sir lvorの5×5というクロスは、今回募集された3頭の牡馬の中では唯一成功実績のあるパターンと言えるかもしれません。成功と言っても大種牡馬ノーザンダンサーのクロスですのであまり参考にはなりませんが、ないよりマシと捉えています。兄の活躍もあるので当然の事ながら人気を被るのも間違い無し。牡馬の中ではこの馬かなと思っていますが、相当の高額が予想されるので、慎重に判断したいと思います。

それにしても3頭それぞれ個性的です。クロスなし、マイナークロス、王道クロスという三者三様っぷりではありますが、それぞれに全く同じ血統のきょうだいがいるので彼らの走りは一口価格、人気に大きく影響しそうです。

ウルトラブレンドとヒルダズパッションは高額かつ人気集中が予想されます。ガヴィオラは2頭に比べちょっと安い価格設定かなと思います。

もし出資するなら今のところはヒルダズパッション・・・かな。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/21(木) 23:15:56|
  2. キャロット 2015年産検討
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad