にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

キャロットのディープ産駒 牝馬編

前回に引き続き、キャロットの2015年産募集予定馬としてラインナップされているディープインパクト産駒をチェックしてみます。今回は牝馬編です。

アドマイヤキラメキの15 (母父エンドスウィープ)

母は国内で4勝。全兄にチャレンジCを勝ったトーセンスターダムがいるので、人気になりそうな1頭ですが、全姉のミライエは未勝利に終わり不安な一面も垣間見えます。血統面ではノーザンダンサーの5×5×4、ミスプロ4×5のクロス持ちで不安は少ないものの、怪我で能力を発揮できなかったり未出走で終わったきょうだいもいるので馬体をよくチェックしたいところです。

クリソプレーズの15 (母父エルコンドルパサー)

母父エルコンドルパサーは私の出資したい条件の1つ。母からは重賞勝ち馬が3頭でていて血統的な不安は一切ありません。ノーザンダンサーの5×5のクロスも好印象。全姉マリアライトの活躍もあり、今回の募集馬の中で最も人気が出そうです。重賞を勝っているクリソライト、マリアライト、リアファルの3きょうだいは異なる舞台で活躍しています。クリソライトはダート。マリアライトは芝の中距離。リアファルは芝の長距離。いずれもトップスピードにのったらバテないタイプ。切れる脚よりも長くトップスピードを維持する印象です。このあたりは母父エルコンドルの血が大きく出ているような気がします。全姉マリアライトの走りをみていてもディープよりもエルコンドルっぽいですよね。おそらくこの馬にもそういった部分が遺伝していると思います。あとは母クリソプレーズがダンシングキイやビワハイジのように活躍馬を輩出し続けられる歴史的名繁殖牝馬かどうか。あのパシフィカスですら重賞勝ち馬は3頭。4頭以上はなかなかいませんので、カタログを見ながら慎重に判断したい1頭です。

ココシュニックの15 (母父クロフネ)

クロスがない血統ですが、全兄ステファノスで成功実績があるので心配はしていません。今後ディープ産駒で5代までクロスなしという血統が増えていきそうですね。気になるのはステファノスと違い芦毛なのでクロフネの血が濃く出ている可能性があります。芝向きの馬体かしっかりチェックする必要があると考えています。芦毛のディープ産駒で重賞ホルダーと言えば、ダノンプラチナ、スマートレイアー、エイシンヒカリ、ブランボヌール、マウントロブソン。数が少ない割に好成績を挙げているので、芝向きと判断できたら積極的に考えたい1頭です。クリソプレーズに比べ割安になると思いますので、人気が集中しそうですが、最優先を行使する価値は十分にあります。

イルーシヴウェーヴの15 (母父Elusive)

母はヨーロッパでGI勝ち含む6勝。まだこれといった産駒実績はありませんが、ガリレオやフランケルそしてディープという交配相手の歴史を見ても期待されている事は間違いありません。この馬もクロスなし。今後はこのような海外の牝馬と交配するのがトレンドになっていくのでしょう。気になるのは前脚。怪我の痕なのか違和感があります。しかしセールで買ったということは目を見張る何かがあったという事。それが何なのか、しっかりとカタログをチェックしたいと思います。

トータルで判断すると、今のところココシュニックとクリソプレーズは検討したいと思っていますが、Xなしじゃ無理でしょう。ディープ産駒を最優先するのは×をGETするためだけになってしまいそうです。理想は×なしじゃ厳しいけれどもしかしたら・・・という馬がいいなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/22(金) 22:28:17|
  2. キャロット 2015年産検討
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad