にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

いい意味で変化なし

ハンドレッドスコアの14の近況が更新されていました。

改めて検査をしたようですが、「いい意味で変化がない」と言う事です。

強度の捻挫で11月中旬から馴致をお休みして間もなく2ヶ月経ちますが、なかなか良くならないのでしょうか・・・。

まぁ、寒い時期ですし無理をする必要も無いのでじっくり治すのが一番です。

ただ運動量が減っているので若干ぴりぴりしているとの事。馬も人間も程よい運動が必要なのでしょう・・・。早く良くなって走れるようになるといいですね!!
  1. 2016/01/15(金) 21:57:44|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

回復順調?

キャロットクラブのHPで1歳馬の近況が更新されていました。

重い捻挫で休養中のハンドレッドスコアの14は、患部の腫れや熱感も徐々に引きはじめているようです。

普段とは違う生活の中でも非常に落ち着いているということなので、この部分はとても良いと思いました。

ストレスを溜め込んでいるよりは、リラックスしていてほしいですから。

じっくり治して、仕切り直してほしいです。
  1. 2015/11/30(月) 21:45:53|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

ハンドレットスコアの14 捻挫!

今日の更新でハンドレッドスコアの14が強い捻挫をしてしまったと報じられていました。

屈腱炎のような大きな怪我じゃなかったのが不幸中の幸いですが心配です。

土日で3勝したワークフォース産駒の全10勝中7勝が牝馬によるものなので、この馬も期待大と思っていたのですが、しばし休養、仕切り直しとなりそうです。

まぁ、寒い時期に無理をする事もないですし、ここはしっかり休養して元気になってもらいたいです。
  1. 2015/11/16(月) 20:54:35|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0

ワークフォース

ハンドレットスコアの14の父ワークフォース。

今年が初年度産駒デビューで既に5勝を挙げています。

全て芝の勝利で、距離は1200mから2000mと様々です。

来年以降長い距離のレースも増えてくるので、距離適性がわかるのはそれからでしょう・・・。

ワークフォースはイギリスダービー馬にして凱旋門賞馬!実績は超一流です。

2010年の凱旋門賞はナカヤマフェスタをアタマ差退け、勝利しています。

2011年の凱旋門賞にも参戦しており、12着。11着はナカヤマフェスタです(笑)

つまり、実力はナカヤマフェスタと互角!と言うと聞こえが微妙かと思いますが、その辺りはあまり考えない事にしましょう。

ちなみにナカヤマフェスタも今年が初年度産駒デビュー。しかしながらまだ勝利は無く、種牡馬としてはワークフォースが先を走っています。

ワークフォースの父はキングスベスト。更にその父はキングマンボ。

今をときめくキングカメハメハと同じミスプロ系です。非サンデー系種牡馬として今後期待されるのは間違いない血統と実績です。

ハンドレッドスコアにミスプロ系と言えば、お兄さんのセンチュリオン。ダートで3勝しており、兄弟の中では今のところ1番出世です。

お兄さん同様の血統的背景を持つハンドレッドスコアの14も活躍してくれるといいなぁと妄想する今日この頃です。
  1. 2015/10/30(金) 21:14:48|
  2. スターズインヘヴン
  3. | コメント:0
前のページ

FC2Ad