にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

新潟競馬観戦 ノルマンディー応援編

新潟競馬遠征2日目、日曜日はノルマンディーの応援です!ぜひとも口取りを目撃したいものです。

1R 2歳未勝利 ホワイトファング

ホワイトファング

ホワイトファングの世代から出資をはじめたので、HPでは何度も見てきたつもりでしたが、いざ対面しているとカワイイ顔をしています。

ホワイトファング2

初戦の内容から2番人気。プラス体重でしたがいけそうな雰囲気・・・

ホワイトファング3

初戦同様、好スタートを期待しましたが、行き脚がつかずスタートに失敗。それでも自らの形に持っていき2着を死守・・。惜しかった!

4R 3歳未勝利 デオグラシアス

デオグラシアス

心の出資馬テオドルスの兄ちゃんです。

デオグラシアス2

デビューしてからの成績が芳しくなく、最低人気。パドックではおとなしすぎる印象です。

デオグラシアス3

「頑張れ!」と強く念を送りました。

デオグラシアス4

しかし・・・念は届かずブービー負け。その後「中央登録抹消→サラブレッドオークション」と発表されました。デオグラシアスがノルマンディーの勝負服の騎手をのせて走った最後のレースを見せてもらった事になりました。ブービーとはいえ、それまでの戦績は全てしんがり負け。1頭抜いた事は彼が見せた意地だったのかも知れません。

オークションでは無事に落札されたようですので、地方で走る事になるのかな・・・。次のステージでも頑張ってほしいです。

ちょっと、センチメンタルな気持ちのまま、ノルマンディー勢最後のレース・・・

8R 3歳以上500万下 クリプトスコード

クリプトスコード

プラス16kg・・・大丈夫かな・・・。

クリプトスコード2

緩いのかな・・・どうなのかな・・・・。

クリプトスコード3

11番人気ですが、木幡初也騎手に託しましょう・・・。

レースでは逃げを主張。直線でも粘り続け、1番人気馬の猛追から逃げ切り、ハナ差勝ち!!

クリプトスコード表彰式

やったぁ、ノルマンディーの口取りも見れました!

クリプトスコード表彰式2

クリプトスコードへ出資されている皆様、本当におめでとうございます!!

それにしても・・ノルマンディーの勝利・・本当に嬉しい・・・。

なんでしょう・・・ノルマンディーの馬が走るたびに感じる「知っている仔が頑張っている」というあの感覚。

ノルマンディーだけにあるアットホームななにか。

この日、自分は決意しました。

他のクラブに出資しない年はあるかもしれないけれど、ノルマンディーには必ず出資してクラブそのものを応援していこうと。

全体の予算の中に「ノルマンディー枠」を設けて出資していこう!!

早速2015年産から実施します!

今週末は夏競馬最終週!ノルマンディー勢は14頭が出走予定!みんな頑張れ!!
  1. 2016/09/02(金) 23:19:33|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:4

新潟競馬観戦 キャロット応援編

先週の土日、新潟競馬場に遠征してきました。

目的はキャロットとノルマンディーの口取りを目撃する事!

土曜日はノルマンディー所属馬の出走がなかったので、キャロットのお馬さんを応援!

写真を撮ったお馬さんだけ紹介します。

3R 3歳未勝利 スピアザゴールド

スピアザゴールド


1番人気でしたが、勝負所で伸びず3着・・・。惜しい!

7R 3歳以上500万下 ブレイクエース

ブレイクエース

なぜかカメラ目線の彼を精一杯応援しましたが5着・・。

8R 新潟ジャンプS (J G3) アロヒラニ

アロヒラニ2


2番人気に支持されていましたので、障害とはいえ重賞制覇目撃のチャンス!騎手もまたがり気合い十分も・・・惜しくも2着。勝った馬が強かった。

11R BSN賞 ピオネロ

ピオネロ


1番人気に応え、快勝!!強かった!!

が、口取りの瞬間にカメラがうまく作動せず、シャッターチャンスを逃すという・・・・

けれども表彰式は撮れました。幹夫先生もいらしていたんですね!

ピオネロ表彰式


プレゼンターのスリムクラブも入ってパシャリ。

ピオネロ表彰式2

やけに嬉しそうな福永騎手。この日乗れてました!キャロットの勝負服がまぶしいですね!!

ピオネロ表彰式3

それにしてもピオネロは強かった。秋は重賞戦線で活躍し、年末のGIには顔を出してくれるんじゃないでしょうか。クルソラの仔が勝った事で、2015年産の牡馬(オルフェーヴル産駒)の人気はより高まりそうです。

初日、キャロットの口取りが見れた事に大満足!ピオネロに出資されている皆様、おめでとうございます!!

キャロットの口取りだけじゃなく、ダークシャドウの元気な姿も見れたので言うことなしです!

ダークシャドウ2
  1. 2016/09/01(木) 22:57:49|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:2

ロンシャンボーイ

ロンシャンボーイって知ってます?

若いファンは知らないよね。

父ホリスキー
母ファーストヒダカ
母の父ファーストファミリー

・・・って書くと年代がわかるかな。

この血統で馬をつくろうとすると、スーファミのダビスタ2くらいじゃないとつくれないっすよ。

ロンシャンボーイはミホノブルボン世代。ライスシャワー、マチカネタンホイザ、セキテイリュウオーといった個性溢れる世代の一員で、1993年の高松宮杯を華麗に逃げ切った馬なんです。

1993年と言えばナリタタイシン・ウイニングチケット・ビワハヤヒデの3強がクラシック三冠を分け合った年・・・で通じるかな。トウカイテイオーが1年ぶりのレースで有馬記念制覇・・ってのもあったな。ベガはベガでもホクトベガもこの年。ビワハヤヒデの弟ナリタブライアンも朝日杯を勝って兄弟ですごいなぁっていう年。Jリーグがはじまったのもドーハの悲劇もこの年ですよ。ちなみに巨人の助っ人はバーフィールド。

今でこそ春のスプリント王決定戦として名高い「高松宮記念」は当時夏の芝2000mで行われていたGⅡ。名前も「高松宮杯」。いつもは中京競馬場で行われていたけれど、スタンド工事で京都競馬場で行われました。

そんな1993年は豪華メンバーだった。

その年の皐月賞馬ナリタタイシン
同い年の活躍馬マチカネタンホイザ
桜花賞馬シスタートウショウ
未完の大器と呼ばれたサクラセカイオー
いぶし銀オースミロッチ
ブルボン3歳時(今で言う2歳)のライバル ヤマニンミラクル

そんな中でロンシャンボーイは逃げ切ったんですよ。

2走前の京阪杯(京都芝・2000m GⅢ)でも逃げ切っているけど、カラ馬のワイドバトルがロンシャンの前を走ってて勝つには勝ったけど絵的に微妙。1走前の宝塚記念ではゲートでフライングしてやり直し→惨敗っていうキャラですよ。

誰も豪華メンバーの中では走るなんて思ってなかったわけ。

時効だから言うけど、当時未成年だったオイラはロンシャンの単勝を買ってた。

友達と一緒にチャリで1時間半かけて中山競馬場の場外販売に行ってさ、なぜか心惹かれていたロンシャンの単勝買ったのさ。

ロンシャンの単勝を買うためだけに行ったと言ってもいい。

小遣いの6分の1を託して小遣いの10倍近くになった。

そりゃ、ハマるさ!ロンシャンに!

京都大賞典も大御所メジロマックィーンに逆らったさ。
秋の天皇賞は希代の逃げ馬ツインターボがいるのに逃げ切ると思ったさ。
アルゼンチン共和国杯でも初志貫徹さ。

走ればブービーかシンガリが続いても買い続けたロンシャンボーイの単勝馬券。

地方に行ってもシンガリ続き。切れちゃったんだね。気持ちが。

そんな個性派ロンシャンボーイが先日、27歳で天に召された。

大往生だよね。この年まで生きられて幸せだよ。

競馬をはじめてすぐにハマった名馬ロンシャンボーイ。

ロンシャンがいたら今でも競馬を好きでいられるのかもしれない。

また、買わせてくれよ。単勝馬券。
  1. 2016/03/14(月) 23:06:09|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0
前のページ

FC2Ad