にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

ブランメジェール、ダート挑戦

2年ぶりに風邪をひいたおかげで、様子見馬のチェックもほどほどにしていた今日この頃、依然としてシルクの申込書は手元にあります。とうとう残口警報が出たペンカナも思い切れない・・・とここしばらくずっと様子見馬のブログばかりで出資馬を放置プレイ。ちょっと出資馬への愛が足りていませんでしたね。これからは出資馬の事も書いていきたいと思います。

2ヶ月間出資馬が走らなかったワタクシですが、ようやく今年最初の出走馬となりそうなのがブランメジェール!!

週末のダート戦に出走予定です。

ワタクシは全日本2歳優駿を快勝した後、ドバイ遠征は自重し国内に専念・・・まずはヒヤシンスSあたりから始動という妄想をしていたのですが、現実は未勝利戦。芝を2戦し、大野騎手の進言もあってダートに活路を見出すようです。

元々ダート適性は高いお馬さんだと思いますが、課題は多いように思います。

まずは調教面。帰厩後、確認できるだけで5本追っていますが、一杯に追ったのは1本のみ。テンションの上がり過ぎを気にしているのでしょうか。しっかり追ってスタミナもつけてほしいなと思いますが、外厩でしっかりやってきたのかもしれないので判断は難しいところです。

次に気性面。アメリカのセール時の動画の時点から口向きが悪く、馴致をしっかりしてきたのかなぁと不安でしたが、現段階ではそれが的中してしまっている感じです。馬場に出るとテンションが上がってしまうとの記述もあり、どこまで落ち着いていられるかが勝負ですね。

最後は天候面。関東地方は木曜日に雪か雨の予報です。ブラメジェは土曜に出走予定ですので、馬場状態が悪いままの可能性があります。ダートの場合脚抜きが良くなってしまうことがあるので、陣営の意図とは逆の状況になってしまうかもしれません。ただ芝でもデビュー戦3着がありますから個人的にはそこまで心配していません。

結果が出ないと、色々なところに原因を求め、時にはそれを排除しようとする声すら上がります。大切なお金を出しているのでわからなくもないのですが、出資の段階では髙木厩舎とありましたので、大野騎手が乗ることが多いのは百も承知でした。ワタクシの妄想も全て大野騎手を背にしていたものです。国外で馴致された○外牝馬、サンプルの少ないハンセン産駒という事を考えれば陣営はこれまでの知識や経験が生かしづらい未知の領域で日々闘っているのかもしれません。だからこそ、この先生と騎手で勝った時の喜びが大きいってもんでしょう。

色々と心配事はありますが、やってくれると信じています。
  1. 2017/02/06(月) 23:48:41|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:0

暇つぶし企画

いやいや、入厩しているお馬さんがハリウッドレーヴしかいなくって、レーヴも月末ゲート試験ってことで、かなり暇な一口馬主人生です・・・。

ここまで暇になっちゃうとポチッといっちゃうのが怖くて、なるべくPCを立ち上げないようにしています・・。

と言う訳で暇つぶし企画第一弾!「もしブランメジェールが繁殖入りしたら・・・」をお届けしたいと思います。

そこそこの価格で仕入れてきた訳ですから当然繁殖入り、ノルマンディーの母馬優先の候補になるであろうブランメジェール。まだ勝ち上がっていませんが、ダートで実績上げ、そこそこ出世したという体で話を進めます。

201×年産最高募集価格となったのはこの血統!(以下JBISさんの架空血統表作成を使用しています)

ノルマンディーらしさ満開のこの配合!

アイルハヴアナザー

まぁ、間違いなくこの組み合わせはやるでしょうね。ただブランメジェールのスピードを生かせないかも・・(あくまでブラメジェ目線)

続いてダート短距離、ストームキャットのクロスならこの配合!

モーニン

この組み合わせは完全にダート短距離。ストームキャットのクロスでスピード強化!気性はちょっと怖いですけど。

芝もダートも短距離でってことならこの配合も・・

ロードカナロア

間違いなく相性良さそうですね〜。マイルまででぴゅっと好位抜け出しが目に浮かびます。牝馬なら繁殖入りしてその時のサンデー系のエースを付けられるし。ただねぇ、ノルマンディーでロード系の種牡馬の産駒ってのもあれですしねぇ・・・。

最後は狂気の逃げ馬を目指してこの配合!

エイシンヒカリ

ダート界のサイレンススズカを目指してほしいです。まぁ芝でもいいんですが、個性的な馬になってほしいですね。馬名は「ニゲルハハジジャナイ」だと10文字なので「コイダンス」でいいか。いやーこのお馬さんいいわぁ。

とまぁ中身なしの完全な暇つぶしでした。いずれにしてもストームキャットを強くしてみたいですねぇ。
  1. 2017/01/13(金) 21:33:59|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:4

惨敗の分析

惨敗から一夜明けました。

ノルマンディーのHPでレース後のコメントがアップされていましたのでまとめると

(大野騎手談話)

・一介の逃げ馬にしたくないので意図的に控えた
・テンの1ハロンで引っ掛かったが、前走のような右に張るようなところはなかった
・直線に向いた時点でもう手応えがなく、早々に脚が上がってしまった
・前走に比べて若干硬いかなと感じたので、中1週で目に見えない疲れがあったのかも
・それを差し引いても負け過ぎで、これといった敗因が思いつかない

というものでした。

上記内容から馬に任せるとハナを切るくらいのスピードがある、あるいは気性的にハナに立ってしまうと読み取れます。デビュー戦も昨日の2戦目もスタート直後から行きたがる素振りを見せ、口を割ったり、首が上がってしまったりと折り合いが難しそうな印象は見てとれました。

コメントでは右に張ることはなかったとありましたが、スタートから20秒くらいまでの間がそう見えてしまったのは、行きたがっているのに抑えたことによるものなのでしょうか。実質2ハロン程度掛ってしまったと思うので体力や精神面にはかなり影響したと思います。

また、東京芝1400m、3番手追走で直線伸びず惨敗という似ているレース展開をしたキャラメルフレンチは直線頑張って力尽きたという印象があったのですが、ブランメジェールは違っていました。頑張るという意識が見受けられず、自分でレースを止めてしまった印象すらあり、中1週の体力面なのか、うまく折り合えなかったことに起因する精神面なのか最も心配してしまうところです。

マカヒキの凱旋門賞惨敗について、友道先生のコメントにも「不可解」との内容があり、考えられるのは出走間隔が短いことくらいとおっしゃっていたので、パドックで元気がないように見えたブランメジェールにもなんらかの影響があってもおかしくありません。

以上の材料からこのブログでの惨敗分析は

・テンの2ハロン程度掛ってしまい、折り合えなかった
・折り合えなかったことで、馬がやる気をなくしてしまった
・中1週のローテーションも体力的に影響があった

とすることにして、気持ちを切り替えることにします!!

いずれにしても体力面、精神面での立て直しが求められ、高木厩舎の腕の見せ所です。

デビュー戦の完敗から2戦目で立て直したサウンドトゥルーのようにブランメジェールにもその経験を生かしてほしいと思っています。

芝だろうがダートだろうが、逃げようが追い込もうが、良い意味でのじゃじゃ馬っぷりを見せてください!!

オイラは2次募集を考えることにしよっと。
  1. 2016/11/28(月) 15:11:08|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:0

惨敗・・・。

本日の東京1R、2歳未勝利戦にブランメジェールが出走しました。

単勝7番人気、前走で垣間見えた気性の問題や走破タイムが嫌われ思ったより人気ないなーと感じたものの、前走2着の馬が6頭、3着の馬もブランメジェール含め4頭いる高いレベルの未勝利戦のため仕方がありません。

むしろ気楽に乗れる・・・馬券的にはフルスイングできると意気込みました!!

パドックは切り取られた一部分しか見ていませんが前走よりも落ち着いています。しかし、後肢の踏み込みが弱くちょっと不安になりました。

レースが始まり、スタートはGOOD!

が、掛かる!!首を上げながら右へ張る走り方で3番手を追走。気性の問題で末脚を生かす位置取りが取れなかったのか、嫌な予感がします。

見た目は好位置で最後の直線を迎えますが、まったく伸びず惨敗・・・・。

逃げた馬と2番手の馬も追い抜くことができず、1着から2.8秒離されたブービー負け・・・。

上がり3ハロンのタイムも出走馬の中で最低と良いところが全くありませんでした。

レース後のコメントが出ていないので憶測でしかないのですが、掛かってしまったこと、これが全てだと思います。前走も同じようなスタートを切り、馬込みに入れてなんとかなだめていました。最後の直線で位置取りに不利が生じたものの、末脚は見所がありました。今回はそれを嫌がったのか馬込みに入らず結果的に3番手を追走する形になってしまい、ブランメジェールの武器を生かせない展開になってしまいました。

馬込みに入れる事ができなかったのか、しなかったのか、この部分はコメントをしっかりと確認したいと思います。

あとはパドックで元気がないように見えたので、中1週が影響しているのか、それとも別の問題なのか、これも気になります。

いずれにせよ、前走一緒に走ったトリリオネアが勝っているので、ブランメジェールも勝つ力はあったと思います。能力を生かすためには気性の成長が必要でしょうが、今回のボロ負けが今後に響かなきゃいいけど・・・それくらい嫌な負け方でした。

まずはレース後の異常がないこと、それを祈りたいと思います。

  1. 2016/11/27(日) 13:08:11|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:6

ブランメジェールの新馬戦

今日の東京6Rでブランメジェールがデビューしました。

パドックではチャカついていて落ち着きがありません。入れ込んでいる様子もあり、評判通りの気性のようです。ゲート入りも嫌がったりと名前の通りのじゃじゃ馬っぷり!

レースがはじまると行きたがる素振りを見せ、口を割りながらの追走に・・・。

最後の直線、隙間を見つけると一瞬で追い付き、セールで見せた通りの豪脚を披露!!

先頭争いを演じますが、これもまたセールで見せた右に行きたがる口向きの悪さも披露してしまいまっすぐ走れません。

せっかくの豪脚もトップスピードに乗れず惜しくも3着・・・。

いやぁ、その名の通りのじゃじゃ馬っぷりですが、不安がささやかれた芝でもいい走りをしましたし、レースを経験したことで次はちょっと落ち着いて臨めるのではないでしょうか。

次こそ勝ち上がりたいですね!!

まずはレース後に異常がないこと、それだけです。
  1. 2016/11/13(日) 23:08:12|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:10
前のページ 次のページ

FC2Ad