にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

レットイットスノーが気になる・・・。

2015年産はあと2頭の出資を予定しており、そのうちの1頭は芝で出世が見込めそうな牡馬を希望しています。

その候補としてシルクのツルマルワンピースかペンカナプリンセス、そしてパカパカ新クラブで募集されるお馬さんの中から出資しようと考えていますが、ここにきて我がノルマンディーの中にも芝で結構やれるんじゃね?と思えたお馬さんがいました。抽選確実のお馬さんなのであと2、3日で決めなきゃいけません。そのお馬さんは・・・

レットイットスノーの15
父ロージズインメイ
母父ハーツクライ

募集画像と動画を見た時に「あれっ、カニョットに似てるな・・・」と思いました。トモの筋肉とバネ感。デジャヴでしたが、血統を見て納得。母父がハーツクライでした。ロージズインメイというよりはハーツクライ、母系が強く出ている印象です。その母系は社台血統のオンパレード。

3代母は京王杯快勝したものの、日本の水が美味しくてブクブク太ってしまい、安田記念完敗のスキーパラダイス。ここまでの血統だと種牡馬選びが難しそうで、うえの2頭は悩んだ挙げ句になんとか絞り出し・・・という印象でした。ジャンポケ付けて、トニービンの2×4なんかあるし!

ただ今回のロージズインメイはアウトブリード型で好印象です。馬体は母系寄りに見えますし、繋ぎの柔らかそうな感じも芝向きで間違いないっ!と思っています。

正直、重賞クラス・・・とは思えませんが、しっかりとペイできそうな気配はあります。

ここで価格帯的にも競合するのがツルマルワンピース。

馬体は甲乙つけがたく、血統はレットイットスノーに惹かれています。育成と厩舎はツルマルかな。と言う事で1勝1敗1分。

ただ、シルクのこの世代がツルマルだけになったら会費がもったいないなぁという気持ちが・・・。ペンカナだけなら全然いけるんですが・・・。なんなんでしょうね、この差は。やっぱり夢や期待の大きさなのかなぁ。

と、言う訳で2015年産でシルクに入会するならペンカナにいくとき!と決めました。

もう1晩、2晩考えてみて気持ちが変わらないようだったらレットイットスノー・・・ポチっておこうかな。

ただ申し込み状況があと4日残して84%まできていますから、落選する可能性も十分あります!

ツルマルは様子見から外さず、チェックは欠かさないようにします!


■2次募集その他の注目馬

ドゥオナー:シゲルコング激走でこの仔も抽選でしょう。キビキビしていて好印象ですが脚が細いような気がしますので今回はスルー。

エスワンスペクター:2次募集の中では1番・・・かなぁ。自分にはホリデイトウショウがいてダート路線は埋まっているので今回はスルー。もしホリデイがいなかったら可能性あったと思えるくらいのお馬さんです。

ウインディーヒル:やっぱり動画が好きになれずに・・・。今回はスルー。
  1. 2016/12/15(木) 22:17:30|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:4

2次募集!

ノルマンディー2次募集のラインナップが発表されました。

1次募集に比べると血統的な魅力は少ないかな・・・というのが正直な感想です。仕入れ値があがっているから仕方がありませんが、ちょっと高いと思うお馬さんもいます。

この世代は少数精鋭が私のテーマですので、出資はあと1、2頭です。

ノルマンディー3次募集、キャロットのキャンセル募集の枠も残しておきたいですし、シルクかパカパカへの入会も視野に入れているのでノルマンディー2次募集については基本ゆっくりと考える方針です。

様子見のお馬さんをリストアップしておいて、時間をかけて成長を見守り、ご縁があれば出資する形を取りたいと思います。

以下、様子見リストです。

・ウインディーヒルの15
父アイルハヴアナザー 母の父マンハッタンカフェ
美浦・中川公成厩舎

アイルハヴアナザーにはサンデー系があった方が良いと思っているのでまずはOK。マンカフェなら芝でもダートでも良い方向に出てくれそうです。そして、血統を見ていてびっくり!ウインディーヒル→ブリュメール→ストーミーラン→ウインドオブサマーと母馬を遡っていくと全て岡田牧雄さんが馬主!名前はマキオドリームで良いかと。写真のバランスは良さそうに見えたのですが、画像を見るともっさりとした感じ。あまり好感を持てませんでしたが成長を見守りたい1頭です。

・ドゥオナーの15
父シニスターミニスター 母父ダンスインザダーク
美浦・奥村武厩舎

ドゥオナーは地方で1勝。ドゥオナーの半妹にエーデルワイス賞を勝ったオノユウ。母系はダートの短いところでしょうか。シニミニ付けているので生産者もそれを意識しているでしょう。全兄シゲルコングは2歳のこの時期にダートで2勝。全日本2歳優駿ではローズジュレップと競い合う予定です。シゲルが良い出来だったので2年続けてシニミニという流れは想像できますし、牝馬という事だけで値段が下がっているのであればお買い得かなと思います。もしシゲルが2歳優駿で好走すればそれこそ速攻満口になるでしょうから、様子見したくてもできないかもしれません。動画を見た限りでは今回の2次募集では一番好みです。リズミカルで躍動感ある歩様でキビキビしています。この世代の牝馬は芝のクラシックを目指してほしいカニョットのみですので、ダート短距離牝馬なら出資もありかと思っています。

以上の2頭です。どちらかというとドゥオナーの方が気になるかなぁ。いずれにしても、しばらく様子見は間違いありません。
  1. 2016/12/01(木) 22:28:09|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:2

ノルマンディー出資決定!

先日申し込みしたメルセダリオの15とホリデイトウショウの15ですが、無事に出資が決まりました!

1001.png


メルセダリオには芝のクラシックロード、ダート向きに出ても重賞戦線に乗っかってくれる事を祈りたいです。

ホリデイトウショウは馬っぷりに惹かれた一頭。ダートで地道に活躍してくれる事を願っています。

これで2015年産はキャロット2頭、ノルマンディー2頭の計4頭への出資が決まりました。

今後の出資候補としては「芝で活躍が見込める牡馬」あるいは「キョウエイトルースの15」のいずれかを検討しています。

芝の牡馬はノルマンディー2次募集以降あるいはキャロットのキャンセル募集でメルセダリオよりも良いと思えて、予算が許す範囲のお馬さんのみ出資を検討したいと思います。

キョウエイトルースは様子見です。カニョットを超えると思えた時に出資を検討したいと思います。

基本的には牡馬かキョウエイトルースかどちらかですので、出資は慎重になるでしょう。この世代は少数精鋭がテーマですので、ハードルは高めに設定したいと思います。
  1. 2016/10/04(火) 22:46:53|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:6

ノルマンディー先行募集申し込み!

ノルマンディーの先行募集に申し込みました。

ノルマンディー

1頭目はメルセダリオの15。

筋肉質な馬体に加え、成長力ありそうなノーザンテーストのクロス持ちで息の長い活躍を見込めますし、非サンデー系ですので、大爆発の可能性もある思っています。現状は芝かダートか適正の見極めが難しいですが、どちらの舞台でも力を発揮してくれそうな能力があると信じています。管理予定の尾形和幸先生は先日キャラメルフレンチで一口馬主初勝利をプレゼントしてくれたばかり。先生の力を信じての申し込みです。

2頭目はホリデイトウショウの15。

ゴリゴリダート馬枠での申し込みです。スマートファルコン産駒の勝ち上がりはまだ2頭ですが、惜敗の産駒もいるのでこれから勝利数が増えていくと思います。母父タイキシャトルはサンデー系の種牡馬との相性も良いですし、タイキシャトル自身が重賞含むダート3戦無敗ですから、ダートの大物に化ける可能性がある組み合わせと思っています。馬体は筋肉質で脚さばきがいいですし、5月生まれなのでこれからどんどん成長していくと信じての申し込みです。

以上、2頭を先行募集で申し込みます。

ルーシーショーやオークルームなど抽選が必至のお馬さんもいるので、この2頭もどうなるかわかりませんが、なんとか出資できればと思います。

今回の募集馬の中ではキョウエイトルースのみ様子見をし、あとは2次募集以降を待とうと思いますが、サウンドトゥルーが明日の日本テレビ盃で激走すればこの仔もうかうかしていられないかもしれません。

ノルマンディー2年目の私が言うのもなんですが、ここ最近のクラブの成長はすごいなと実感しています。
  1. 2016/09/27(火) 23:51:01|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:6

メルセダリオの15はダート向き?

キャロットのグレイシアブルー(ルーラーシップ産駒の牡馬)が落選してしまったので、牡馬でクラシックを目指すお馬さんがいません・・・。牡馬クラシックを目指すにはキャロットで人気どころに突っ込まなきゃいけないのかなと感じています。

と、いうのも芝向きと思っていたメルセダリオの15がダート向きなのでは・・・と思い出してしまったからです。

セール時の動画では脚さばきもスムーズで柔らかい印象でしたので完全に芝向きだと思っていました。

募集カタログの写真では繋ぎが立っていてダート向きの印象に変わってしまいました。更にセールの時よりもお尻に筋肉がつき、胸前も目を見張るくらいの筋肉で好印象ではあるんですが、ダート向き説に拍車をかける要因になっています。

ダート向きではと思った理由は血統構成にもあります。

母メルセダリオは芝でもダートでも結果を残せなかったので適正不明。産駒も未勝利で適正不明。母のきょうだいには重賞勝ち馬が3頭おり、全て芝でのものです。ここまでなら芝の可能性に賭けたいのですが、父ルーラーシップ、母父タニノギムレットの文字を見るとダートの色を感じてしまいます。

ルーラーシップの父キングカメハメハ、タニノギムレットの父ブライアンズタイム「父キングカメハメハ 母父ブライアンズタイム」この組み合わせで獲得賞金1億円超えのお馬さんは4頭。

栗東S(OP)含む7勝全てがダート、キョウワダッフィー
マーチS(G3)含む8勝全てがダート、グランドシチー
カペラS(G3)3着など重賞でも好走し5勝全てがダート、シセイオウジ
JDD(G1)・川崎記念(G1)含む7勝全てがダート、ハタノヴァンクール

なんと、1億超え4頭の勝ち星は全てダート。

また尾形先生に預ける事について、ブラゾンドゥリスのご褒美説が唱えられていますが、先週まで尾形先生が挙げた通算51勝(障害を除いています)のうち芝17勝に対しダートは倍の34勝。尾形先生はダート馬育成の名人・・・・と捉えればそこにクラブの意図があるのではないか・・・と勘ぐってしまいます。

ややや、ダート向きなんじゃね・・・と思いながらも肝心のルーラーシップ産駒はダート戦に出走すらしていない状況ですので、今のところ産駒にはダート適正がないと判断されているのかもしれません。

いずれにしてもウォーキング動画と検討会でのお話を参考にさせていただいて、このお馬さんに出資するかどうか決めたいと思います。

芝向きならいきたい!ダート向きなら他の募集馬との兼ね合い!これが現在の気持ちです。
  1. 2016/09/18(日) 22:55:49|
  2. ノルマンディー 2015年産検討
  3. | コメント:10
前のページ 次のページ

FC2Ad