にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

サマーセール3日目!ノルマンディー1頭落札!

サマーセール3日目。ノルマンディー名義での落札は1頭。

⑧フォーミーの16
sob08238.jpg
牡 芦毛
父スウェプトオーヴァーボード
母父アドマイヤマックス
碧雲牧場生産
落札価格540万円也 

母は中央2勝。2番目の仔。産駒のデビューはまだなし。

碧雲牧場って言えば、ジャスパーゲランを生産したところ。血統的にも短いとこでしょうね。

本日はわずかに1頭。ノルマンちゃんは大人しめでした。
  1. 2017/08/23(水) 18:35:39|
  2. ノルマンディー 2016年産検討
  3. | コメント:0

サマーセール2日目!ノルマンディー3頭落札!

サマーセール2日目。ノルマンディー名義での落札は3頭。

⑤テイエムクラウンの16
牝 鹿毛
父ジャングルポケット
母父ブライアンズタイム
タニグチ牧場生産
落札価格216万円

母は未勝利。産駒の中央勝ちもなし。

⑥マンデルーシュの16
sh08226.jpg
牡 黒鹿毛
父スクリーンヒーロー
母父Alwuhush
タバタファーム生産
落札価格756万円

母はドイツで2勝。これまでの産駒は中央1勝馬が3頭。

⑦イズミコマンダーの16
ks08227.jpg
牡 鹿毛
父キンシャサノキセキ
母父コマンダーインチーフ
タガミファーム生産
落札価格831.6万円

母は中央1勝。産駒には中央3勝のマユキ含む4頭中3頭に中央勝ちあり。

今日は3頭。話題になりそうなのはスクリーンヒーローの牡馬。母のいとこに名馬Manduroやワールドエースを輩出したマンデラ。良血の部類に入りますね。ジャンポケ牝馬はビユーチフルドリーマー→ビクトリアクラウン→ビューチフルロマンの牝系。千代田牧場の名牝系にジャンポケってあれ?どこかで。

明日以降のノルマンディーの落札馬に注目です!
  1. 2017/08/22(火) 19:30:47|
  2. ノルマンディー 2016年産検討
  3. | コメント:0

サマーセール初日!ノルマンディー4頭落札!

今日からサマーセール。

岡田スタッド産の上場予定馬は主取りになれば募集の可能性がありますので全12頭の動向は見守りたいと思います。5日目に上場予定です。

まず初日は4頭落札!

①テーマソングの16
08211.jpg
牡 鹿毛 
父タイキシャトル 
母父ジャングルポケット
川島正広生産 
落札価格669.6万円

母は中央2勝。産駒は今のトコ中央未勝利。

②トラックマグナの16
08212.jpg
牝 鹿毛
父マツリダゴッホ 
母父アラジ
サンローゼン生産 
落札価格464.4万円

母は地方3勝。産駒は今のトコ中央未勝利。

③パッションレッドの16
08213.jpg
牝 黒鹿毛 
父ロードカナロア 
母父アグネスタキオン
酒井牧場生産 
落札価格1404万円

母は中央3勝。アネモネS3着。
祖母は重賞2勝のレッドチリペッパー。
産駒は中央未勝利。

④ヘンメイレンの16
08214.jpg
牝 黒鹿毛
父ヴィクトワールピサ 
母父タバスコキャット
斉藤スタッド生産
落札価格334.8万円

母は中央2勝。
これまでの産駒は地方でも勝利なし。

4頭の中で注目はロードカナロアの牝馬でしょうか。個人的には酒井牧場ってのが・・たまらないですね。2000万円を超える募集になるでしょうから、ノルマンディーの中では高額の部類に入ると思います。そこまでのデキなのか、しっかりとみたいですね。見る目のないワタクシが1番よく見えたのはゴッホの牝馬です。

明日以降もノルマンディーの落札馬に注目です!
  1. 2017/08/21(月) 19:43:32|
  2. ノルマンディー 2016年産検討
  3. | コメント:0

サマーセール注目馬!

8月下旬にサマーセールが開催されます。岡田スタッド産が12頭も上場予定で、これがノルマンディーの募集にどう影響してくるか、読みづらいところではあります。主取り→募集という流れも予想できるからです。

去年のサマーセールではノルマンディー名義で11頭落札し、そのうち8頭が募集されていますので、ノルマンディストにとって最も注目しなきゃいけないセールである事は間違いないと言えるでしょう。

そこで、今回は今年の上場予定馬の中から独断と偏見で選んだ「ノルマンディーさん、落としてくださいリスト」をお届けします。なお、先に触れた岡田スタッド産はどういう戦略か読みづらいので外しています。

では、落としてくださいリストです!

●シャイニングムーンの16 牝 黒鹿毛
父ハーツクライ 母父エリシオ
生産:グランデファーム
父と母父の組み合わせはアドマイヤラクティを思い出します。

●フレンチトウショウの16 牡 鹿毛
父ブラックタイド 母父フレンチデピュティ
生産:広田牧場
ブラックタイド=ディープと思えば、ディープ×フレンチデピュティは黄金配合と言えそう!

●オグリロマンスの16 牡 芦毛
父ベーカバド 母父ノーザンテースト
生産:ヤマタケ牧場
母高齢もロマンある血統なら需要がありそう。オグリローマンの流れで芦毛ってのも良いね!

●パピュラの16 牝 栗毛
父ヨハネスブルグ 母父ブライアンズタイム
生産:日の出牧場
ダートで頑張ってくれそうな血統。ノースフライトの孫にあたるので、そこにもロマンを感じます。

●キャメロンバローズの16 牝 栗毛
父ディープブリランテ 母父シングスピール
生産:稲原牧場
きょうだいも活躍していないので、血統の響きだけなんですが、母父シングスピールの響きに弱い。

●ビューティーアイの16 牡 鹿毛
父メイショウサムソン 母父アッミラーレ
生産:鳥井征士
マックスビューティーの流れに出資できるなんてロマンあるじゃないですか!サムソンはわりとノルマンディーのコンセプトと合いそうだと思っていますが、未だに募集はないです。そろそろどうでしょう?

●ノースプリンセスの16 牝 栗毛
父タイキシャトル 母父アジュディケーティング
生産:谷川牧場
名門谷川牧場産のロマン枠。3つ上の姉は中央2勝の現役馬。ダートの短いところで3勝目指してほしい!

●パシフックベルの16 牡 栗毛
父ゴールドアリュール 母父アフリート
生産:レイクヴィラファーム
母高齢もきょうだいの勝ち上がり率が高く、コテコテのダート血統も好印象。まずは勝ち上がって長く楽しめるお馬さんになってくれれば。

●ドリームピーチの16 牡 栗毛
父スペシャルウィーク 母父タップダンスシチー
生産:大栄牧場
母ドリームピーチは1600万下クラスで頑張っていたお馬さん。その父はタップダンスシチー。友駿の会員さんも流れてくるかも!?スペシャルウィーク産駒に出資できるチャンスもあとわずか。リンダムーンで落ちているのでチャンスが欲しいなぁ。出来れば逃げ馬に育ってほしい。(→気が早い)

字面だけ見た感じではこんなトコでしょうか。

ノースプリンセス、パシフィックベル、ドリームピーチあたりは結構マジなんですけどね。

サマーセールが終われば、いよいよノルマンディーの募集ですね!今から楽しみです。
  1. 2017/08/09(水) 18:00:00|
  2. ノルマンディー 2016年産検討
  3. | コメント:2

ノルマンディー2016年産 1次募集妄想リスト

シルクの募集が今日からはじまり、キャロットのラインナップ予定も公開され、いよいよ16年産の出資戦略を練るタイミングになってきました。

ノルマンディーも昨年と同じ展開なら、8月中からちょっとずつラインアップが発表され、9月中旬には全てが明らかになると思います。それより前に行われるシルクとキャロットの戦略を練るためにもノルマンディーの募集馬も予想・・というか、妄想してみようと思います。

ノルマンディー1次募集は15頭〜20頭前後。そのほとんどが岡田スタッド産というのが特徴です。例年2頭ほどセールで購入したお馬さんが入ってきますので、その事を頭に入れながら候補を挙げたいと思います。

また、セールで売却済のキョウエイトルースとダフィーナは可能性ゼロ。サマーセールに上場予定のサマーロコガール、シャルマンレーヌ、シルキードルチェ、トウヨウロイヤル、トーセンイレイシャ、ニシノマイヒメ、ブルーミングガール、ホワイトピクシィ、アサヒブライト、キョウエイピュア、キットエンジェル、キネオソレイユは主取りの可能性もありますが、1次募集はタイミング的にないと判断していますので、ハナっから考えていません。

それでは残ったお馬さんの中から妄想してみます。

まず目玉。クラブの顔ってやつです。

2014年産はスノースタイル(プラチナムバレット)とキョウエイトルース(アナザートゥルース)、2015年産はキョウエイトルース(クイーンズトゥルー)が目玉のような気がしていますが、2016年産はどうでしょう・・・。

ここ2年その役割を担ったキョウエイトルースはセレクトセールで売却済み。きょうだいが大活躍中のツーデイズノーチスの産駒はディバインコードだけクラブにまわしてもらったという言い回しがどこかであったような気がしたので、基本的に産駒はクラブにまわってこない繁殖牝馬なのかな。

続いてスノースタイル。16年産はディープインパクトの牝馬ですのでスマートレイアーの全妹になります。非常に魅力的ですが、ノルマンディーでディープインパクトは・・・。だってダートGI馬の妹でしかもキンカメ産駒(クイーンズトゥルー)がまだまだ残口アリのクラブですから、需要と供給の観点からも考えにくいと言う事でコチラもないのかなと思います。

と、なると大活躍している14年産のきょうだいを目玉にするのが濃厚と考えます。対象はヴンダーゾンネ(姉はアリンナ。ジャスタウェイ牡馬)とタニノジュレップ(兄はローズジュレップ。ナカヤマフェスタ牝馬)。これにクラブおなじみ血統であるキョウエイトルースの娘ツインクルスターの初仔(アイルハヴアナザー牡馬)を加えた3頭を目玉候補にして募集するのでは・・・と妄想している次第です。

では妄想リストです。

201666.png


エイシンフラッシュ産駒は4次募集で抽選になったくらいですから、タニノローゼがラインナップされそうな予感がしています。また、去年のセレクトと今年のセレクションで2回主取りを食らったキタノシラユリ(ノヴェリスト牡馬)はクラブで捌く可能性も。フォーハピネスはワタクシのドラ1候補でして、希望を込めてリストに入れました。

注目はトーセンラー産駒。岡田スタッドでは6頭の産駒が確認できています。これはゴッホやスマファルと同じくらいの数。これだけでいかに岡田スタッド好みなのかが伺えます。トーセンラーはディープインパクトの仔ながら100万円を切る種付け料。現役時代は大きなケガがない上、GI戦ではマイルCSを勝ち、3200mの春天で2着と幅広い距離適性を見せていました。ローコスト+数多く使える+幅広い距離適性とノルマンディーが好むキーワードを兼ね備えた種牡馬のように思いますので、牡牝1頭ずつリストに入れてみました。

どれだけ当たるでしょーか・・。

ちなみに妄想リストには入れていませんが、スノースタイルが募集されたらかなり嬉しいですし、おそらくいくと思います。よってシルクのディープ牝馬は見送りまーす。

さぁ、妄想リストを頭に入れながらシルクを考えるぞー。
  1. 2017/07/19(水) 23:30:00|
  2. ノルマンディー 2016年産検討
  3. | コメント:4
前のページ 次のページ

FC2Ad