にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

様子見できない・・・・

ノルマンディー4次募集の「アースファイヤーの14」が様子見できない・・・。

父アグネスデジタル
母の父クロフネ

出資したい関東の牡。

父も母の父も芝ダートの両GI制覇しているので「もしかしたら兼用の道も開けるかも・・・」とかなり前向きに考えていたのですが、既に残口点灯。あっという間に満口を迎えそうです。

なぜ一気に出資できないのかと言うと他に気になっている関東入厩予定馬がいるからです。

まずはナリタオリーブの14。

父スズカフェニックス
母の父タイキシャトル

トモも発達していていい馬体をしているのですが、この馬も残口点灯。月内に満口になりそうです。

そしてザラストドロップの14ことヒノアカツキ。

父アイルハヴアナザー
母の父ヤマニンスキー

お姉さんのリルティングインクとマルーンドロップは今年に入って勝っていますし、なんといっても募集写真と最新の写真が全然違う!筋肉がつき迫力のある馬体になりました。調教動画がみたくてみたくて・・・。これを見てから決めたい・・・と思い続けていますが先の2頭はそれまでに満口になってしまうかも・・・・という事態を迎えています。


どうしよーーーーー!!
  1. 2016/05/10(火) 22:41:14|
  2. ノルマンディー 2014年産検討
  3. | コメント:4

4次募集!

このタイミングで4次募集です。

なんとなくネタがないなぁと思っている時に・・・やるなぁノルマンディー!

4次募集は3頭

アースファイヤーの14 牡
父アグネスデジタル
母の父クロフネ

出資したい関東の牡!ダートでコツコツ血統の予感がします。同じくダートが主戦場になりそうなキャラメルフレンチと距離適性など若干被るかなぁ。

エスエスミラクルの14 牡
父スーパーセイバー
母の父シアトルスルー

○外なのでよくわかりません・・・。父の産駒が日本で走っていないのも若干不安を残します。トロフィーブライドといいノルマンディーは血統よりも馬体を見るしかありません。というよりもノルマンディー自体がセリで見つけてきた馬の方が面白いのかもしれませんが、○外ということだけ気になります。少なからず輸送のダメージはあるでしょうし・・。

キョウエイハツラツの14 牝
父マツリダゴッホ
母の父オペラハウス

牝なので出資はしませんが、中山芝2200m、重馬場に出たら買ってみたい馬です・・・。

休みの日に写真と血統をじっくり見て判断したいと思います。
  1. 2016/04/28(木) 23:45:46|
  2. ノルマンディー 2014年産検討
  3. | コメント:2

ノルマンディー牡馬検討

2014年産の出資馬は現在すべて牝馬。

牡馬2頭くらい出資して7頭で一口馬主人生をスタートさせたいと考えている今日この頃ですが、キャロットに気になる牡馬はいないので、ノルマンディーからチョイスする事になりそうです。

気になっているのは以下の6頭です。

・プラチナムバレット(スノースタイル)
・ホウロクダマ(タカヒカル)
・オルファリオン(トロフィーブライド)
・ナリタオリーブの14
・ハリウッドレビューの14
・マイネコンテッサの14(募集されるかわかりません)

※マイネコンテッサの14はノルマンディーがオータムセールで落札したハーツクライ産駒の牡馬。4次募集の目玉としてラインナップされるのではと考えているので候補に入れておきます。

できれば調教の動画を見たいのですが、募集用にアップされているものしかないので、「適正」「血統」「馬体」「コスト」「調教師」で判断するしかないようです。

と言う訳で、6頭の分析・格付けをしてみたいと思います。

【適正】

芝・短距離:ホウロクダマ
芝・マイル中距離:ナリタオリーブの14
芝中長距離:プラチナムバレット
芝中長距離:マイネコンテッサの14
ダート短距離:オルファリオン
芝ダート兼用:ハリウッドレビューの14

プラチナムバレットとマイネコンテッサの14は芝の中長距離適性が見込まれ、この2頭を同時に出資する事は考えにくいです。となるとこのタイミングでプラチナムバレットには行きづらい。

【血統】

1位:プラチナムバレット(お姉さんがスマートレイアー)
2位:ハリウッドレビューの14(産駒の中央勝利・2歳夏までの勝ち上がりが多い)
3位:オルファリオン(叔父がアメリカGIホース)
4位:ナリタオリーブの14(兄が中央5勝)
5位:マイネコンテッサの14(母がOP2着・桜花賞出走)
6位:ホウロクダマ(母が重賞5着)

1位と2位と4位は兄弟に活躍馬がいるので不安は少ない。3位はダート短距離専門のような血統背景が魅力。5位と6位はやや不安だけど、母の活躍度で順位付け。

【馬体】

※撮影時期も不明で、自分も馬体の良し悪し全くわからないのでなんとなくです。

1位:ナリタオリーブの14
2位:ハリウッドレビューの14
3位:オルファリオン
4位:ホウロクダマ
5位:スノースタイル

募集されていないので動画無し:マイネコンテッサの14

トモが発達しているのがナリタオリーブの14。バランスがいいのがハリウッドレビューの14かな。オルファリオンは可もなく不可もなく。ホウロクダマは筋肉あるけどバランス微妙。大きすぎる馬格もどうでるか。プラチナムバレットは芦毛のせいもあってよく見えない。一番緩い感じ。

【コスト】一口安い順

1位:ナリタオリーブの14
2位:ハリウッドレビューの14
3位:ホウロクダマ
4位:オルファリオン
5位:プラチナムバレット

マイネコンテッサの14は落札額から判断するとナリタオリーブより安いと思うんだけど・・・・。3次募集の2頭がいまのとこ上位。

【調教師】2015年勝利数

1位:オルファリオン(国枝調教師)
2位:ホウロクダマ(中竹調教師)
3位:プラチナムバレット(河内調教師)
4位:ナリタオリーブの14(大竹調教師)
5位:ハリウッドレビューの14(中村調教師)
不明:マイネコンテッサの14

中竹さんと河内さんは1着と2着の数が同数。3着の差で中竹さん上位という激戦でした。とはいえ、ルージュバックの大竹さんは魅力的。マイネル軍団といえばの中村さんなのでノルマンディーが縁遠いとは思えない・・・。

【総評】

・現時点でプラチナムバレットは行かない(マイネコンテッサの14が募集された時点で残っていれば比較)
・ホウロクダマは血統に不安。また、雄大な馬格は武器にもなり脚元への不安にもなるので微妙。(見送り決定)
・オルファリオンは大きな不安はないが見えない輸送のダメージと円安によるコスト高が微妙。(ハリウッド出資の場合は見送り)
・ナリタオリーブの14は馬体が良く見え、大竹調教師も魅力。(出資候補)
・ハリウッドレビューの14も馬体はそれなりに良く見え、兄弟の成績も良い。(出資候補)

【結論】

ナリタオリーブの14かハリウッドレビューの14のどちらかに出資しておいて、4次募集を待ち、もう1頭判断するという形かな・・・。
  1. 2016/02/13(土) 23:03:57|
  2. ノルマンディー 2014年産検討
  3. | コメント:2

ノルマンディー3次募集!

ノルマンディーの3次募集馬が発表されました。

ナリタオリーブの14 牡
父スズカフェニックス
母の父タイキシャトル

ハリウッドレビューの14 牡
父ロージズインメイ
母の父ノーザンテースト

ヴァドヴィーツェの14 牝
父シニスターミニスター
母の父エリシオ

ヴァドヴィーツェの14は今年度は打ち止めの牝馬なので出資する事はないです。半姉に短距離で活躍したヤサカオディールがいるので、魅力的な母系ではありますが、これ以上牝馬は・・・。

さて、ナリタオリーブかハリウッドレビューかというところ。募集価格も近いので馬体や血統を吟味して出資するかどうか検討したいと考えていますが、現在の直感では・・・

馬体はナリタオリーブ。血統はハリウッドレビュー。ハリウッドレビューは産駒のうち5頭が中央で勝ち上がり、そのうち4頭が2勝以上。2歳夏までの勝ち上がりが3頭と繁殖成績は優秀と言えます。

ここ最近は仔出しが良くなかったようで、2010年の産駒を最後にノーザンファームが手放したようです。的場牧場に移って産まれた今回の馬が4年ぶりの産駒のようです。母の父ノーザンテーストからも高齢である事がわかりますが、魅力的と言えます。

気になっているプラチナムバレット(スノースタイル)・ホウロクダマ(タマヒカル)・オルファリオン(トロフィーブライド)とともに今回の2頭も候補に入れて取捨選択しようと思います。

ノルマンディーがオータムセールで落札したハーツクライ産駒の牡は4次募集なのかなぁ。
  1. 2016/02/12(金) 22:00:49|
  2. ノルマンディー 2014年産検討
  3. | コメント:0

我慢!

牝馬ばかりの出資馬構成なので、他のクラブの牡馬を探してばかり・・・・。

気をつけないとポチッといってしまいそうな雰囲気すらあるので、我慢しなきゃです。

さすがに3つ目のクラブはきついんじゃないかと・・・・。

と、いう訳で気になっている牡馬をまとめておきます。

キャロット:いません

ノルマンディー:3頭

タマヒカルの14
父ショウナンカンプ 母の父パラダイスクリーク
馬格がありトモの肉づきが良さそうなので、父同様短距離でそこそこやれるんじゃないかと。

エアミジェーンの14
父ジャングルポケット 母の父サンデーサイレンス
馬体のバランスが良く見え、血統も魅力的です。

トロフィーブライドの14
父ミッドナイトリュート 母の父ブロードブラッシュ
短距離ダートでそこそこやってくれそう。

ロードサラブレッドオーナーズ(未入会):2頭

シンメイフジの14
父キングズベスト 母の父フジキセキ
母は芝とダートで重賞勝ち。キングズベストはエイシンフラッシュで有名。馬体は良さそう。

スターコレクションの14
父キングズベスト 母の父アグネスタキオン
母の血統は社台の全てが入っていると言っていい血統。切れる脚ももっていた。

ロードは未入会ですが、そこそこいい血統の馬がいるので魅力的です。500口なのとクラブ成績を考えると月会費が高く感じてしまうのが難点ですが、ロードクエストも出てきたしねぇ。今月中に入会して出資すれば入会費無料なので気になっているけど・・・・現状では我慢かな。

ノルマンディーの3次、4次募集馬と今回の3頭を比較する感じになるのかなぁ。
  1. 2015/12/21(月) 23:19:53|
  2. ノルマンディー 2014年産検討
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad