にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

NWRとワラウカド以外で気になっているクラブ募集馬。

ニューワールドレーシングとワラウカド以外で気になっているクラブ募集馬を挙げておきます。

シルク
レスペランスの17 牝 黒鹿毛
栗東 石坂正厩舎
父スクリーンヒーロー 母父キングカメハメハ
募集価格:2,000万円(1口40,000円)

シルクはこの仔だけ。祖母がウインドインハーヘア。牝馬の石坂厩舎も魅力で馬体が良ければ価格的にも人気しそうです。NWRの後には残っていないでしょうね。

ウイン
アクティビューティーの17 牡 鹿毛
美浦:高木登厩舎
父キンシャサノキセキ 母父バゴ
募集価格:3,000万円(1口75,000円)

良い馬体になりそうですし、リズミカルな歩き方が好印象です。ただ脚元はちょっと怖いと思いました。

コスモクリスタルの17 牡 栗毛
美浦:鹿戸雄一厩舎
父スクリーンヒーロー 母父マイネルラヴ
募集価格:2,600万円(1口65,000円)

この仔、成長したらすごく良い馬体になりそう。関節も大きめで好印象。価格的にもすごく気になる1頭。

サマーエタニティの17 牡 芦毛
美浦:畠山吉宏厩舎
父オルフェーヴル 母父アドマイヤコジーン
募集価格:5,800万円(1口145,000円)

ウインブライトの半弟。絞れたらかなり走りそうな雰囲気。キンシャサの仔同様、脚元で気になるポイントはありましたが・・。あとはオルフェなんで気性は気になりますが・・・。

シュフルールの17 牡 芦毛
栗東:寺島良厩舎
父ゴールドシップ 母父パントレセレブル
募集価格:2,200万円(1口55,000円)

この仔は障害馬枠で1票(笑)スタミナ抜群の血統ですよね。

東サラ

エリモピクシーの17 牡 鹿毛
美浦:藤沢和雄厩舎
父ディープインパクト 母父ダンシングブレーヴ
募集価格:10,000万円(1口250,000円)

入会予定はありませんが、目を通してみました。いかにも切れそうな馬体。東京巧者の血統なので美浦なのは良いですね。

モナリザの2017 牝 鹿毛
美浦:藤沢和雄厩舎
父フランケル 母父Giant's Causeway
募集価格:5,400万円(1口135,000円)

こ、この立ち姿は・・・という気品。トモも発達しているし、東サラに入っていたら気になっていただろうな。

チャームドヴェールの2017 牝 鹿毛
栗東:須貝尚介厩舎
父タートルボウル 母父ネオユニヴァース
募集価格:5,400万円(1口135,000円)

ウインドインハーヘアの牝系で昨年のセレクト当歳にて4,752万円で落札された本馬。タートルボウル産駒とはいえこの価格は納得ですね。馬体もえらく良く見えるのでチャレンジする価値はありそう。血統からはダートでもやれそうな雰囲気。

とまぁ、こんなとこでしょうか。キャロットを退会したらウインかロードへの入会を検討していますが、NWRやワラウカドでの出資状況を見ながらですね。それにしても東サラのラインナップはかなりのもの。キャロットやシルクで思うような出資が叶わない人が次に目指すのはこのクラブになりそうですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/06/18(月) 23:52:01|
  2. 出資馬検討
  3. | コメント:0

ワラウカドの募集予定馬の価格を予想してみた。

ワラウカドの2017年産募集予定馬が発表になった途端、シルクに出資できなくてもいいか・・・と思えるほど豪華なラインナップと預託厩舎だったと思います。募集馬の案内は皆さんがしてくださっているので、ワタクシは募集価格を予想してみようかな。

①オージーカンパニーの17 牡 栗毛 美浦 加藤征弘厩舎
父エスポワールシチ 母父Catrail 
募集予想価格:1,500万円(1口30,000円)

全兄スカルバンが活躍していたマーガレットリバー(2,000万円)とは違い、まだ結果が出ていないダート血統に変わるので、ちょっと落としてくると思います。

②オールアイキャンセイイズワウの17 牡 鹿毛 栗東 矢作芳人厩舎
父キズナ 母父ストリートクライ
募集予想価格:5,000万円(1口100,000円)

海外重賞入着経験のある母に凱旋門賞4着のキズナという国際色豊かな組み合わせ。13年産の半兄(父ディープインパクト)は500万下止まりでした、厩舎も魅力的なのである程度強気の設定になると思います。

③キトゥンカブードルの17 牝 黒鹿毛 栗東 藤原英昭厩舎
父ディープインパクト 母父Kitten's Joy
募集予想価格:6,000万円(1口120,000円)

ルヴォルグが7,000万円と考えればそれよりは下げてくると思いますので、このあたりが妥当かと。あとは藤原厩舎のプレミアムがどれだけつくか。

④スウィートアンドフローレスの17 牝 黒鹿毛 栗東 鮫島一歩厩舎
父オルフェーヴル 母父Unbridled's Song
募集予想価格:2,000万円(1口40,000円)

昨年のセレクト当歳において1,800万円で主取り。レイローの募集価格と比べてもこのあたりが妥当かと。

⑤セルフプリザヴェーションの17 牝 栗毛 美浦 藤沢和雄厩舎
父スクリーンヒーロー 母父Lion Heart
募集予想価格:3,000万円(1口60,000円)

半兄シャルドネゴールドは重賞戦線でも活躍。厩舎も関東の名伯楽とくれば強気の設定間違いなしでしょう。

⑥ナンの17 牝 芦毛 美浦 国枝栄厩舎
父ゴールドシップ 母父High Yield
募集予想価格:2,500万円(1口50,000円)

ステイゴールド産駒の半兄がセレクト当歳時に3,456万で落札されており、そこが1つの目安。牝馬であること、新種牡馬で良い意味で未知数であること、人気が高い芦毛であることなどからこのあたりを予想。

⑦リズムオブライトの17 牡 鹿毛 栗東 池江泰寿厩舎
父ディープインパクト 母父Beat Hollow
募集予想価格:9,000万円(1口180,000円)

海外重賞での実績はキトゥンカブードルよりも上の母を持つので、かなり強気の設定にしてくると思います。厩舎からもそれは伺えますが、ディープインラヴは超えられないと判断し、同じ価格を予想しました。

明らかになっている募集馬は以上です。大きな早期割引があることやディープインパクト産駒の国際的な活躍によりキトゥンとリズムはかなり強気の設定になると思います。また、ワウはリズムが高いな・・と感じる方向けに20%OFFで4,000万円くらいかな・・と想像しています。

あくまで素人の妄想ですのであしからず・・・。
  1. 2018/06/18(月) 00:12:52|
  2. 出資馬検討
  3. | コメント:4

17年産出資方針

今年はNWRでの出資を第一に考え、出資をした場合はほかのクラブでの出資は3頭までにする。NWRで出資をしなかった場合でもほかのクラブでの出資は5頭までという超少数精鋭世代にしようと考えています。

と、言うわけで17年産における各クラブとのつきあい方を記しておきます。

キャロット
16年産で欲しいお馬さんがとれなかったため、15年産の2頭だけが現在の出資馬。14年産から参戦も未だに未勝利のキャロット。15年産もここまで勝ち上がれていません。1番は自分の見る目のなさが問題ですが、これまでの出資馬すべてが続戦できない体質と表現されるのは、入厩制限の問題も絡んでいると思います。3年に1度本当に欲しいお馬さんに出資できる可能性があるのは魅力的ですが、自分の相馬眼ですと当たりを引くのは難しそう。キャロットでは地方馬を狙いたいという斬新な考えを持つ方の話も聞きましたが、キャロットは15年産の引退をもって退会することにしました。カラドゥラとルベライトが未勝利で終わればそう遠くない未来にお別れすることになります。

ノルマンディー
出資代金や会費の安さは随一。相場眼がないワタクシでも大きなマイナスにならないのが特徴です。とは言え、14年産・15年産で8頭に出資しているもの勝ち上がりは2頭で苦戦が続いています。15年産においてはクラブ全体が苦戦しており、育成か馬質のどちらかに問題があるのは明らかです。16年産は1歳の国内セリで落札したお馬さんをなるべく避けました。(カグラは当歳のセレクトセール、ミスルナは海外セール、ジョウノボレロは庭先、キョウエイハツラツは自家生産。)17年産はクラブ全体における15年産の勝ち上がりをみて判断したいと思いますが、最大でも1頭までと決めています。

シルク
2000万円の馬が重賞を勝ち、1億2000万円の馬が未勝利というなんともいえないクラブとの相性ですが、決して悪くはないと思っています。17年産についてはNWRでの出資の可否を判断してからの検討する予定です。つまり1次募集には間に合わない。それまでに魅力のある募集馬に残口があると思えないので、もしかしたら17年産はスルーするかもしれません。

ワラウカド
募集時期はNWRとほぼ同じタイミングになりそう。NWRで1頭出資したらもう1頭はワラウカドの1番良く見えた牡馬にしようと思っています。NWRで出資しなければ、3頭前後の出資を考えています。

ニューワールドレーシング
今後、NWRクラブでの出資をメインに考えています。元から一口馬主クラブに感じていた疑問点や日高への想いが繋がったと思えました。競馬とは違うベクトルで考えていた地方活性化への貢献にも繋がることはとてもうれしいことで、NWRがどこまでいけるのか、楽しみにしていたいですし、出資者の端くれとして応援していきたいと考えています。40口馬をたくさん持てるわけではありませんが、出資馬が途切れないようにしたいです。NWRの夏のツアーに参加しますので、そこで最終的な出資の可否を判断したいと思います。先日明らかになった募集予定馬の血統を見る限りではPressurizing、リリアンタイム、ブロードチョイス、ヤマノグラス、フミノサチヒメ、タカミツグリーン、マイネナデシコ、プロフェシーライツあたりが気になっています。2018年産のドゥラメンテ×ハナズゴールはとても気になっていますし、産まれたその日に会っちゃっているので、想いも強いのですが、ルーラー牝馬の2017の募集価格を見る限りではユニバーサル2016かそれ以上になりそうかな・・・と思っています。ユニバーサルまでいくと完全に予算オーバーなので、この世代で欲しいところに突撃するのもありかと考えはじめています。
  1. 2018/06/10(日) 22:11:41|
  2. 出資馬検討
  3. | コメント:0

NWRからのメッセージだと妄想してみる。

今年のダービーに産駒を送り出した種牡馬は

ディープインパクト
オルフェーヴル
キングカメハメハ
ステイゴールド
ハービンジャー
ハーツクライ
ロードカナロア
ルーラーシップ
オウケンブルースリ
スクリーンヒーロー
キトゥンジョイ
カネヒキリ

外国産のキトゥンとダートのカネヒキリを除けば、たった10頭の父親からしかダービー出走がかなわなかった。

この中でステイゴールドは既に亡くなっているので来年、再来年のダービー出走を目指すのであれば、この9頭プラス新種牡馬の中から選ぶのが近道と考えられる。

初年度ディープインパクトとオルフェーヴルという今年のダービー1、2着の種牡馬の牡馬産駒をラインナップさせ、2年目の募集はルーラーシップとスクリーンヒーロー、そして新種牡馬のエピファネイアをラインナップさせたニューワールドレーシングは全くブレがないと感じる。

ダービーに出走させるのが馬主の、一口馬主の目標であれば種牡馬の選択肢は多くない。

私はNWRからのメッセージだと捉えている。

新種牡馬については、オルフェ、カナロア、2年目のルーラーシップを参考にすれば、海外GIで連対以上の実績が挙げられる。エピファネイアはその実績には足りないものの、香港4着のジャパンカップ圧勝と考えれば、新種牡馬の中では優秀と考えて良さそう。今回ラインナップされませんでしたが、NWRはキズナの牡馬も欲しかったんじゃないかな。海外重賞制覇に凱旋門賞4着。産駒は走るよね、きっと。

18年産になればドゥラメンテ(ダービー馬・ドバイ2着)が控えています。そう考えるとハナズゴールの種付け相手であることも納得できちゃう。
  1. 2018/06/05(火) 23:58:29|
  2. ニューワールドレーシング
  3. | コメント:0

17年度募集馬メモ

tweetをまとめた個人的なメモです。あしからず。

フミノサチヒメ

マイネナデシコ

タイセイハニー

マルハチラブーム

タカミツグリーン
  1. 2018/06/04(月) 22:59:15|
  2. ニューワールドレーシング
  3. | コメント:0
次のページ

FC2Ad