にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

ニューワールドレーシング、17年産募集馬を発表!

ニューワールドレーシングCLUBの17年産募集馬が発表されました。

今年はNWRでの出資を第一に考え、出資をした場合はほかのクラブでの出資は3頭までにする。NWRで出資をしなかった場合でもほかのクラブでの出資は5頭までという超少数精鋭世代にしようと考えています。

まずはツアーまでの間に血統をしっかり見ときましょうかね。

それでは募集馬のリストです。

①ハナズゴールの17 牝 鹿毛 
募集額5000万円(1口125万円) 新規開業厩舎
父ルーラーシップ 母父オレハマッテルゼ 生産:カナイシスタッド(浦河)

http://www.jbis.or.jp/horse/0001241630/

ニューワールドの聖地カナイシスタッド生産。父と母はともに海外GI馬でダイナカールの3×4という配合。新規開業厩舎とありますがTwitterでは加藤士津八厩舎との話が出ていました。ハナズゴールのオーストラリア遠征が1番の思い出と話していた士津八さんに初仔を預けるなんて、粋な開業祝いというか、タバートさん男前すぎますよね!

②Black Roddedの2017 牝 栗毛
募集額5000万円(1口125万円) 栗東:武幸四郎厩舎
父Siyouni 母父Bahamian Bounty

Siyouni産駒とは面白いところついてきましたよね。去年の新馬戦でエポカドーロを子供扱いしたタングルウッドがSiyouniの仔。

③Pressurizingの2017 牝 黒鹿毛
募集額5000万円(1口125万円) 栗東:藤岡健一厩舎
父Speightstown 母父Henrythenavigator

まさかのゼニヤッタの近親。SpeightstownといえばNHKマイルC2着のリエノテソーロ。芝でもダートでも夢が見れちゃう血統ですね。

④リリアンタイムの2017 牡 黒鹿毛
募集額4000万円(1口100万円) 栗東:矢作芳人厩舎
父スクリーンヒーロー 母父ブライアンズタイム 生産:チャンピオンズファーム(新ひだか)

www.jbis.or.jp/horse/0001231435/

セラールネイジュの生産牧場チャンピオンズファームさん生産の本馬。牧場のHPで写真が1枚だけありましたので、生産馬の中から探してください!

http://champions-farm.co.jp/

⑤ブロードチョイスの2017 牝 栗毛
募集額4000万円(1口100万円) 栗東:矢作芳人厩舎
父キングカメハメハ 母父エーピーインディ 生産;下屋敷牧場(三石)

www.jbis.or.jp/horse/0001235683/


下屋敷牧場さん、好きなんす。少数精鋭で勝ち上がり率も高い生産牧場。去年キャロットで募集されたクライフォージョイに落選した悔しさもあり・・・気になりますな。

⑥プレイガールの2017 牡 鹿毛
募集額4000万円(1口100万円) 栗東:友道康夫厩舎
父ルーラーシップ 母父カーリアン 生産:飛野牧場(静内)

www.jbis.or.jp/horse/0001233159/

去年の仔(ハーツ牝馬)はオーナーズの募集馬でしたが今年はクラブに回ってきました。マカヒキ、ワグネリアンとここ3年で2度ダービー制覇のトレーナーに夢を託すのも悪くない。

⑦ユニバーサルの2017 牝 栗毛
募集額4000万円(1口100万円) 栗東:武幸四郎厩舎
父ハーツクライ 母父ブライアンズタイム 生産:様似渡辺牧場(様似)

www.jbis.or.jp/horse/0001229887/

去年のディープ牡馬に続いてユニバーサルの産駒が募集。それにしても武幸四郎厩舎は矢作先生と並んでNWRの重要ステーブルの位置づけですな。

⑧マルハチラブームの2017 牡 黒鹿毛
募集額3200万円(1口80万円) 美浦:加藤征弘厩舎
父エピファネイア 母父キングカメハメハ 生産:鮫川啓一(荻伏)

www.jbis.or.jp/horse/0001232525/


小岩井牝系。フロリースカップからはスペシャルウイークやメイショウサムソン、ウオッカなどを輩出。新種牡馬エピファネイアの仔がラインナップ。馬産地の評価も高く、初年度産駒を押さえるクラブの戦略は正解な気がする。ちなみに母マルハチラブームはオースミハルカ、オースミグランワンの半妹という良血馬。

⑨ヤマノグラスの2017 牝 黒鹿毛
募集額2400万円(1口60万円) 栗東:須貝尚介厩舎
父エピファネイア 母父バブルガムフェロー 生産:チャンピオンズファーム(新ひだか)

www.jbis.or.jp/horse/0001237365/

こちらも新種牡馬エピファネイアの仔。しかも須貝先生。牧場のHPで写真が1枚だけありましたので、生産馬の中から探してください!

http://champions-farm.co.jp/

⑩タイセイハニーの2017 牝 芦毛
募集額2200万円(1口55万円) 美浦:加藤征弘厩舎
父ハービンジャー 母父エンドスウィープ 生産:前川勝春(三石)

www.jbis.or.jp/horse/0001230762/

来ました!芦毛の牝馬。まぁ芦毛って人気ありますよね!馬体を見るのが楽しみです。

⑪アンティックドールの2017 牝 黒鹿毛
募集額2000万円(1口50万円) 栗東:安田翔伍厩舎
父ダイワメジャー 母父フサイチペガサス 生産:前川勝春(三石)

www.jbis.or.jp/horse/0001233965/

今年も50万円のダイワメジャー牝馬が来ました。メジャーエンブレムやレーヌミノルの活躍を見ると桜花賞を目指すNWRとしては必ずラインナップしてくる種牡馬ですよね。

⑫フミノサチヒメの2017 牝 鹿毛
募集額1800万円(1口45万円) 栗東:橋口慎介厩舎
父キズナ 母父タイキシャトル 生産:谷口牧場(浦河)

www.jbis.or.jp/horse/0001237573/

こちらも小岩井牝系がラインナップ。アストニシメントの牝系からはメジロマックイーンやオフサイドトラップを輩出。ディープ系とタイキシャトルの組み合わせって成功しそうな雰囲気なので注目しています。

⑬タカミツグリーンの2017 牝 黒鹿毛
募集額1800万円(1口45万円) 美浦:奥村武厩舎
父キンシャサノキセキ 母父タニノギムレット 生産:鮫川啓一(荻伏)

www.jbis.or.jp/horse/0001234151/

この仔も小岩井牝系。フロリースカップからはスペシャルウイークやメイショウサムソン、ウオッカなどを輩出。

⑭マイネナデシコの2017 牝 青鹿毛
募集額1400万円(1口35万円) 栗東:杉山晴紀厩舎
父フェノーメノ 母父サッカーボーイ 生産:谷口牧場(浦河)

www.jbis.or.jp/horse/0001237610/

ゴールデンサッシュとサッカーボーイのクロスという挑戦的な配合。2015年産の半姉はノルマンディーで募集されたお馬さん。

⑮プロフェシーライツの2017 牝 黒鹿毛
募集額1200万円(1口30万円) 栗東:牧田和弥厩舎
父カレンブラックヒル 母父アフリート 生産:ゴールドアップカンパニー(静内)

www.jbis.or.jp/horse/0001229646/

プロフェシーライツの2016(牡 ブラックタイド フジワラファームさん生産)はセレクションセール3780万円で落札された高額馬。牡牝の違いがあるとはいえ、この価格なら魅力的かも。カレンブラックヒルも無敗でNHKマイルCを制覇した仕上がりの早いお馬さん。うん、狙い目かもしれん。

⑯トップヴィーナスの2017 牝 鹿毛
募集額1200万円(1口30万円) 栗東:武英智厩舎
父ワールドエース 母父キングカメハメハ 生産:宮内牧場(浦河)

www.jbis.or.jp/horse/0001233472/

またまた新種牡馬。ディープ系に母父キンカメ。ディープまんまだとバカ高くなっちゃいますが、ディープの仔なら価格を抑えられます。

⑰オールモストフォーエヴァーの2017 牝 黒鹿毛
募集額1200万円(1口30万円) 栗東:小崎憲厩舎
父トゥザワールド 母父キングオブキングス 生産:猿橋義昭(荻伏)

www.jbis.or.jp/horse/0001231738/

馬産地で評価が高いトゥザワールドの仔。GI制覇こそなかったが、3歳時に有馬記念2着ですから底力十分。ヌレイエフの4×5とか熱いですね。

以上17頭です。お財布との相談にはなりますが、現時点で気になっているのは・・

リリアンタイム(牡スクリーンヒーロー)
マルハチラブーム(牡エピファネイア)
ヤマノグラス(牝エピファネイア)
フミノサチヒメ(牝キズナ)
タカミツグリーン(牝キンシャサノキセキ)
マイネナデシコ(牝フェノーメノ)
プロフェシーライツ(牝カレンブラックヒル)

といったあたり。しばらく血統表とにらめっこになりそうです。
  1. 2018/06/03(日) 23:00:59|
  2. ニューワールドレーシング
  3. | コメント:0

メルマガ風ブログ。

こんばんは。にんじんサンデーです。

今夜はノルマンメールマガジン風にお届けします。

G1・安田記念の舞台となる東京競馬場では、今週土曜、日曜の二日間にわたって「BOKUJOB(ボクジョブ)フェア」が開催されます。生産、育成牧場が多数参加し、競走馬を扱う仕事の魅力などを紹介するイベントです。
競走馬を生産、育成する仕事への就業をお考えの方、興味があるという方は、ぜひ岡田スタッドのブースにお越しください。

それではノルマン2歳馬の近況です。出資馬以外のお馬さんも紹介しますよ。

ヴンダーゾンネの16
27日(日)に右トモに外傷を負いました。

パッションレッドの16
左トモの外傷が完治しました。

ソラコマチの16
この中間に左前脚の爪を痛がる素振りが見られました。

テーマソングの16
まだ右前脚に腫れと熱感があります。

エンシャントアーツの16
右前繋部の皮膚炎は完治しました。

キョウエイハツラツの16
左肘付近の皮膚炎は完治しました。

ジョウノファミリーの16
右前脚の腫れは引きましたが、今度は左後脚に外傷を負ってしまいました。

ジョウノボレロの16
左肩を痛めました。

ラドランファーマの16
両前脚の浮腫みも治まってきました。

カリオンレディの16
左前の骨瘤が落ち着いてきました。

タニノジュレップの16
帯道付近に軽度の皮膚炎が出てきました。

ファシネイトの16
右前脚の腫れが引かず、まだ痛みと熱感もあることから、この中間に獣医によるエコー検査をおこないました。診察した獣医によると「中筋に炎症を起こしているので、症状が落ち着くまでは運動も控えてください」と言われちゃいました。

サマーロコガールの16
皮膚炎だった影響でまだ本調子ではありません。

カルストンツバサの16
この中間に口角と帯道付近に軽い皮膚炎を発症しちゃいました。

岡田スタッドとノルマンディーファームは皆さんの新しいチカラに期待しています。ご興味のある方はぜひ岡田スタッドのブースにお越しください。これは出資者の心の叫びです。
  1. 2018/06/01(金) 21:22:04|
  2. ノルマンディーの出資馬
  3. | コメント:0

ダービーを終えて。

やっぱりダービーは別格だった。

また挑戦したい。素直にそう思えたのは、悔しさがあるからに違いない。

スタートこそ後手を踏んだが、すぐに良い位置をキープできた。

が、本当に走りたいポジションを福永騎手鞍上のワグネリアンにことごとくブロックされ、最後の直線では大きな進路変更を余儀なくされた。福永はブラストをブロックしながらダノンとエポカを射程に捉える完璧な位置取り。それがなければブラストは勝っていたかもしれない。福永の勇気とそれに応えたワグネリアンの完成度の高さが上回ったダービーだった。

前回のブログでも書いたけれど、太めだった、緩かった。けれどもベストだったと思っている。

ダービーに出走したこと、無敗で挑戦したこと、2番人気になったこと、掲示板に載ったこと。夢のような時間をくれたブラストワンピースと池添騎手、大竹厩舎と天栄の皆さんには感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございます。
  1. 2018/05/27(日) 21:37:48|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:4

本音を書こう。

まもなくダービー。

ブラストワンピースも最終追い切りを終えた。

毎日杯以降、ダービーが待ち遠しかった。

無事にゲートインすることの難しさをシルクライトニングは教えてくれている。
無事にレースを終えることの難しさをマルチマックスやエキマエは教えてくれている。

願うのは無事にゲートインして、無事に走り終えること。

と、ここで本音を書こう。

もちろん勝って欲しいと思っている。

が、ブラストワンピースは太い。

これが本音だ。

昨日の午後の時点で馬体重は541kg。(会見で大竹師が公表)

帰厩の1週間前、4/27に550kgがアナウンスされて以降、ようやく明らかになった数字である。

毎日杯に向けて帰厩した前日(レース21日前)で541kg。レース当日は初の輸送もあり522kg。過去3戦、520kg→522kg→522kgで走ってきたブラストが最終追い切り前で+19kg。今回輸送はなし。

レースでは+10kg前後での出走になるだろう。

JRA VANで今回の追い切りと毎日杯の追い切りを比べて欲しい。今回、明らかに前の捌きが鈍いのだ。

天栄での仕上げや大竹先生の調教過程はBESTだったと信じている。ほかの出走予定馬の調教と比べるとブラストの緩さが目立つ。つまり完成度で劣っているのだ。本当によくなるのは来年以降だろう。

思い出して欲しい。ルージュバックがきさらぎ賞から桜花賞に直行したときはマイナス体重だった。血統の、牡牝の違いはあるけれど、ルージュバックはそのレースで完敗している。その後、活躍したもののGIには届かなかった。

ここでギリギリの仕上げをして、将来を潰すわけにはいかない。プロがそう判断したのだ。

一口出資者としてはそれを受け止め、全力で応援するだけ。

応援馬券は買うけれど、単勝フルスイングはできない。

それでも勝って欲しい。

これが紛れもない本音なのだ。
  1. 2018/05/23(水) 23:44:12|
  2. シルクの出資馬
  3. | コメント:6

大杉神社に。

茨城県にある大杉神社に行ってきました。

ここは競馬関係者が多数訪れる美浦近くの神社で、ずっと行ってみたいと思っていたところの1つでした。

大杉神社

ここには、勝馬神社なるものもあります。

勝馬神社1

勝馬神社2

勝馬神社3

その名の通り、必勝を祈願する神社です。

明日のブランメジェールに来週走る予定のブラストワンピース、そして全ての出資馬の名前を心の中で呼びながらお祈りしていたら、結構な時間がかかっちゃいました(´ω`人)

もちろん、勝ってほしいですよ。

けれども、無事に競走生活を過ごせる事のほうがもっと大事で、できれば余生も幸せであってほしいと願ってしまう欲張りな一口馬主にご利益があると良いのですが・・・。

絵馬

絵馬は飾るか持ち帰るか聞かれますので、もちろん持ち帰りを選択。

御守り

たてがみ入りの勝馬守はカメラケースに。

うん。

ご利益があるような気がしてきた。

特別な信仰とかないけれど、神社に行くと厳かな雰囲気の中、背筋が伸びるような・・・しゃんとできるので結構好きです。

栗東の近くにもこういった神社があったりするのかな。
  1. 2018/05/19(土) 23:40:25|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad