にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

競走馬への出資(いわゆる一口馬主)をはじめたので、記録がてらに綴っていきます。

シルク全敗!!

シルクはやっぱり全敗でした・・・。

silk.png

まぁ、人気どころに突っ込んだので仕方がありません。キャロットで、超人気馬を避け、確実に出資できそうなお馬さんに最優先を行使するのみです。

巷ではシルクの実績制度や口数上限、申し込み頭数の制限や抽選に至るまで、様々な意見が囁かれているようです。ワタクシは新参者だからかもしれませんが、ちょっと冷めていて「ああ、オレって抽選弱いなぁ」と思うくらいです。

シルクのスタンスが分かっていて入会しましたし、実績制度はフェアだと思っているからです。セリで1番高い値段をつけた馬主さんに売るのと同じで、シルクにお金を落としている出資者が優先されるのは当然でしょう。抽選枠があるだけでも良しと思うくらいです。

シルクさんに物申すとしたら、「もうちょっとサーバーを強化しようか」という程度です(笑)

さて、16年産のシルクですが、最終リスト入りはしなかったものの、様子を見たいと思った募集馬が4頭残っているので検討する形にしようと思います。

と言う訳で様子見馬(現段階で残口あり)

・ ウィストラム
・ ウイングステルス
・ グランプリエ
・ ツルマルワンピース

この4頭は残口を見ながら、前向きに考えていますがいっても1頭か2頭まで。去年までのワタクシなら、1次では検討もしなかったディープ牝馬が残っているから・・・と食いつきそうなものですが、ノルマンディーを、ニューワールドレーシングを待て!と自分に言い聞かせています。

一口沼で怖いのは、抽選に外れると、その分で1次の時に見向きもしなかった募集馬に手を出す事!知らず知らずに世代のコンセプトがずれ、予算を圧迫します。残っているから欲しくなったお馬さんではなく、元々欲しかったお馬さんのみ様子を見ていきます。
  1. 2017/08/09(水) 00:49:54|
  2. シルク 2016年産検討
  3. | コメント:2

ハリウッドレーヴ、引退

昨日の追い切り後に歩様が乱れ、出走を回避したハリウッドレーヴの続報が入ってきました。

2日(水)午後に再検査をおこなった結果、左前脚に浅屈腱炎を発症している疑いがあったことから、本日午前にエコー検査を実施したところ左前脚浅屈腱炎が判明。また、繋側靭帯損傷の疑いもあるとのことで、獣医師からは「競走馬としての再起は難しい」という所見を受けました。
これを受けて中村均調教師と協議した結果、大変残念ではありますが、近日中に中央競馬での登録を抹消し、現役を引退することが決定いたしました。出資会員の皆様には追って書面にてご連絡させていただきます。

「屈腱炎が損傷率20%を越える重症ですし、しかも痛めると非常に厄介な繋側部の靭帯を損傷している疑いもあるとのこと。獣医の所見通り、競走馬としての復帰は厳しい状況です。クラブ側と話し合った結果、現役を引退することが決まりました。函館戦をフレグモーネで出走回避となり、そして今回のアクシデント。出資会員の皆様には多大なご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ありませんでした」(中村均調教師


浅屈腱炎と繋側靭帯損傷の疑い・・・。

重症だったんですね・・・。

ラグランドルートは違い、競走馬として再起が難しい事から厳しい運命が待っている事が想像されます。仮に勝ち上がっていたとしても再起が出来ないケガだったので、本当に運命と思うしかありません。

これが競馬の厳しさなのかな。

厳しい世界だからこそ、一瞬だけでも輝く姿がまぶしく見えるのかな。

ハリウッドレーヴ、お疲れさま。ありがとう!
  1. 2017/08/03(木) 21:57:24|
  2. ハリウッドレーヴ
  3. | コメント:0

恐怖の臨時更新

本日はお休みでしてね。(日付的には昨日)

朝9時45分にビキっと腰をやっちゃった訳です(T_T)

針治療から帰ってtwitterを開いた時の衝撃は、腰痛が更に悪化しそうになるくらいでした。

「ブランメジェールの情報を臨時更新しました」
「ハリウッドレーヴの情報を臨時更新しました」

ローズジュレップの件からはこの臨時更新ってのが苦手でして。

恐る恐る開いてみると

ブランメジェール

本日の追い切りで左後肢の膝蓋を傷めたため、今週の出走を回避することになりました。4日(金)に福島県・ノルマンディーファーム小野町に移動いたします。

「今週の8/6(日)新潟・3歳上500万下(ダ1200m・混)への最終追い切りをいつも通りウッドコースでおこないましたが、追い切り後に歩様が乱れました。左後肢の膝蓋を傷めたことが原因のようです。念のためレントゲン検査を予定していますが、今のところ骨や腱などに異常はなく、膝蓋付近の筋肉の炎症だと思われます。復帰までそれほど時間は掛からないでしょうが、場所が場所だけに無理は禁物。一旦、小野町に運ばせていただきます。到着後はパドック放牧で様子を見ることになるでしょう。 今朝まで順調にきていましたし、今週2勝目を挙げて夏休みと思っていた矢先のアクシデントなだけに、非常に残念です。申し訳ありません」(高木登調教師)


ハリウッドレーヴ

本日の追い切り後に歩様が乱れたため、今週の出走を回避することになりました。午前中に検査をおこなった結果、骨折や挫跖などの症状は確認されませんでしたが、念のため午後に再検査を実施する予定です。

「現地のスタッフから『今朝、追い切った後に歩様が乱れた』と一報が入り、すぐに検査をおこないました。骨折や挫跖などの症状は見られなかったものの、かなり痛がっているとのことだったので、ひとまず今週の出走は断念します。これまで脚部不安とはほとんど無縁だったのですが、函館のウッドから札幌のダートに調教コースが替わったことで脚元に負担が掛かったのかもしれません。念のため午後に再検査をおこないます。アクシデントが続く形になってしまい、誠に申し訳ありません」(中村均調教師)


週末に出走を予定していた両馬が追い切り後に揃って歩様が乱れ、回避になりました。

ブランメジェールは筋肉の炎症っぽいとの事で、小野町でしっかり休養してもらいたいと思います。

ハリウッドレーヴは今のところ原因不明の脚部不安。再検査を行うとの事で、続報を待ちたいと思いますが、3歳未勝利でフレグモーネと脚部不安で連続回避となってしまったからには覚悟せねばなりません。

また、この日はテイルインジエアーも引退と3歳未勝利馬にとって臨時更新ほど怖い情報はないです。競馬は厳しい世界だと改めて感じる今日この頃です。
  1. 2017/08/03(木) 00:06:13|
  2. ブランメジェール
  3. | コメント:0

ゴレアーダ、初の掲示板

ゴレアーダが小倉の未勝利戦を走りました。

正直なところ、あまり期待していませんでした。連戦できない身体のようなので今回が最後かも・・・という気持ちの中レースを見守ります。

スタートはいつもより全然良く、好位から競馬を進めます。時折行きたがる素振りも見せ、これまでにない闘争心を感じました。追走に苦労している様子もなく、最後の直線。じわじわと伸びますが、切れないハービンジャー産駒の典型!それでも5着に入り、初の掲示板です。

それでは公式のコメントです。

30日の小倉競馬では五分のスタートから出たなりで中団を追走。前半はやや行きたがっていたが、折り合いがつくとスムーズで直線はしっかりと脚を使って5着。「前半は控えて脚を溜めて行って欲しいという指示でしたが、最初はけっこう行きたがっていました。なんとか馬群で抑えて折り合ったらそこからはスムーズでしたし、ペースアップにも楽に対応してくれましたよ。今日は逃げた馬が残る展開でしたが、その中で直線はしっかりと脚を使ってくれましたし、もう少し流れてくれればもっと楽に運べるはずです」(松若騎手)

「この距離は初めてですし、カーッと行ってしまわないように我慢して欲しいと話をしていました。懸念していたとおりスタートからスタンド前はやや行きたがっていましたが、なんとか馬群に入れて中団で収まりましたし、そこからはスムーズで、直線はよく脚を使ってくれました。大きな5着ですね。このあとは一度トレセンに戻って馬体をチェックし、番組を考えていきます」(中尾師)

馬体こそ減っていましたが、細く見えることはなくパドックの気配も上々でした。前半はやや行きたがっていたものの、ジョッキーもうまく馬群で収めてくれたことで直線の伸びにつながりました。こういう競馬ができたのは大きな収穫ですし、久々を使った次も楽しみです。このあとは馬体をよく確認してから検討します。

これまでとは違ったレースっぷりで、半ば諦めていた自分はひっぱたかれた気分です。ただ、残すところあと1ヶ月。これまで連戦した事がなく、体質に不安があるように思います。それでもあと1チャンスに賭けてほしいと思います。今回優先出走権を確保できた事はとても大きい!それをどこに使うか!理想は8月12日(土)小倉芝2000m(牝)。中1週になりますが、状態がすこぶる良ければ牝馬限定戦を使う意味はあると思います。とは言え、出来るだけリフレッシュする事を優先するのであれば、8月26日(土)小倉芝2000m、今回と同じ条件が良いかと。

とにかくあと1チャンスでしょう。泣いても笑ってもあと1走で現役を続けられるかが決まります。最後の最後まで応援するぞ!
  1. 2017/07/30(日) 21:39:41|
  2. ゴレアーダ
  3. | コメント:0

ビターレ、痛恨の出遅れ!

ビターレが札幌ダート1000mの未勝利戦に出走しました。

栗東では未勝利とは思えない調教タイムをたたき出し、満を持して北上しました。これまでの成績からはとても考えられない、単勝9.1倍・5番人気の中ゲートイン!

が・・・大事なスタートでまさかの出遅れ!!

短距離では致命的な・・・・。この瞬間勝利は諦めましたが、なんとか掲示板を・・・と思いながらレースを見守る事に。最後方から徐々に進出してバテたお馬さんを何頭か抜き、8着でのフィニッシュになりました。

それでは公式のコメントです。

★7/30(日)札幌・3歳未勝利(ダ1000m)藤岡佑介騎手 結果8着

「大人しい馬なので、ゲート内でも落ち着いていましたが、まだトモに緩さがあって機敏なスタートは切れませんでした。この距離はやや忙しかったですが、出てからはジワッとスピードに乗っていけました。馬場の外目から上がっていこうかとも考えましたが、無理せずに内で脚を溜めて直線勝負にかけました。何とか優先出走権は確保したかったのですが、脚を溜めた割には終いの伸びがもう一息でした」(藤岡佑介騎手)

1000m戦ですとスタートを決め、しっかり伸び切る事が求められますが、今のビターレには厳しいようです。1700mくらいのほうが良いのかな・・・。状態次第ですが、中1週を2回続けて、なんとかあと2回走って最後まであがいてほしいです。
  1. 2017/07/30(日) 21:23:20|
  2. ビターレ
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad