にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

カラドゥラ、雨の新潟でデビュー。

乗り込み量は豊富。けれどもずっと非力と言われ続けたカラドゥラ。斎藤先生が辛口なのかリアリストなのか。その答えが出るはずだったデビュー戦は雨の新潟。重馬場。なかなかのスタートを切りながら最後方まで下げてしまい最後の直線のみの競馬で8着フィニッシュ。消極的で消化不良。斎藤語録の応え合わせもできず・・・。

【公式コメント】

29日の新潟競馬では五分のスタートも折り合いに専念する形を採り後方からになる。直線で大外から追い込みをかけるもジリジリと差を詰めるまでで8着。「稽古では結構いいハミががりで前向きに走っていたので、実戦へ行ってそれが悪い方へ影響しすぎないように意識して臨みました。しかし、結果的には慎重に構えすぎてしまいました。後ろまで下げるつもりはなかったのですが、思うように進めず、また他の馬との距離が近くなった時に気にして馬自身が躊躇して他を譲るような形になってしまったんです。直線で外に出してから追うと長くいい脚を使ってくれただけに前半でもう少し良いところをキープして最後の勝負に挑めていればまた違ったかもしれません。デビュー戦で馬にとっては戸惑うこともあるので、それを僕がもっとうまくフォローしなければいけなかったのに、酷な状況のなかで慎重に行きすぎました。僕自身、この馬の良さを感じ取れていただので勝たせてあげたいと気持ちを込めてレースへ臨んだのですが、本当に悔しいです。申し訳ございません」(井上騎手)

「体はまだまだこれからではあるものの若い頃に比べるとだいぶ成長しています。それに比べて脚元に関してはまだ固まりきれておらず気を遣っていく必要があります。そういったことも考えながら調整して競馬へ向かったのですが、馬は落ち着いて輸送をこなし、着いてからも比較的穏やかで、またレース前の鞍置きでも変にピリピリしたりパニックになるようなことはありませんでしたね。人の手を煩わせるようなことのない良い性格の持ち主で、これが活きてくれたらと思っていました。それでも稽古では前向きさがあり、そのことを感じ取っていた井上は勝つつもりで臨んでくれました。結果的には少し慎重になったこと、そして、初めての競馬ゆえに馬自身も慎重な面を見せたためにポジションが後ろになってしまい、最後のいい伸びが活かされませんでしたね。良さを感じ、なんとかしようと気持ちを込めて臨んでくれたのですが、大事にいきすぎたことに関して井上にはこれではいけないということをしっかり言い聞かせました。馬にも課題はありますがともにこれからであり、また、いいところも見せてくれましたから、先々に繋がるよう慌てず長い目で良くしていけたらと考えています」(斎藤誠師)

体質面、そしてコースレイアウト等々を考慮して今回の調整過程で新潟へ向かいました。当該週の動きの良さから楽しみを持って臨むことができましたが、今日は酷なシチュエーションのなかで思うように進んでいかず、最後には見どころがありましたが残念な結果となってしまいました。今はまだ成長している段階ですから、ひとつひとつの経験を糧にしてさらなる良化を見せていって欲しいと願っています。今後につきましてはレース後の状態を見た上で判断していきます。




カラドゥラの気性にも、慎重すぎた鞍上にも問題があったようです。よく2歳馬に競馬を教えるなんて言葉を耳にしますが、1kg減量のアドバンテージよりはベテランを起用してほしかった・・・という思いはありますね。それでも上がりは最速タイの34秒3。同じ条件(芝1600 重馬場)で行われた最終レース(柏崎特別 牝馬500万下)の上がり最速は34秒8。レース展開はもちろんのこと、同じ重馬場でも使い込んだ最終レースの芝とは比べようもないですが、34秒3はカラドゥラのデビュー戦で見えた唯一の光明。井上君!次は頼むよ!
  1. 2017/10/29(日) 22:32:55|
  2. カラドゥラ
  3. | コメント:0

新潟千直。キャラメルフレンチと藤田菜七子。

新潟千直。キャラメルフレンチにとって現状BESTと言える条件でしたが、混合の定量戦、運悪く内枠という事もあって10着。菜七子騎手のコメントからはいつも以上にテンションに気をつかっていた印象があります。6/30から4ヶ月、ずっと在厩での調整でしたのでそのあたりも影響しているかもしれません。たらればになりますが、前走の中山ダート戦という選択肢がこの仔にとって良かったのかどうか・・。短期放牧を挟む選択肢もあったのではと思います。この後はさすがに放牧でしょうから次は年明け中山かな・・・と想像しています。

【公式コメント】

10/28(土)新潟・飛翔特別(芝1000m・混)藤田菜七子騎手 結果10着

「今日はゲート裏までメンコを着用。パドックや返し馬でもテンションが高くならぬように、陣営が最善の注意を払ってくれたため、比較的落ち着いた精神状態でレースに臨めました。いつものようにセンスよくスタートを決めて、無理に押さずともダッシュが利き、残り500mを過ぎるまではまだ前の馬たちを捉えられるくらいの手応えが残っていました。ただ、追い出してからギアが上がってこないですね。枠にも恵まれませんでしたし、牡馬相手の定量戦という条件も厳しかったかもしれません。スタートして、テンからの馬場を掴む走りからは、やはりダートよりも芝向きに感じられました」(藤田菜七子騎手)

前回に続きキャラメルフレンチとコンビを組んだ藤田菜七子騎手。人気や話題性だけでなく、スタートや追い出しの技術もしっかりしていて2年目にしては上出来ではないでしょうか。コーナリングにはやや不安を覚えますが、筋力や体力の男女差が影響しているのかもと想像しています。個人的には新潟千直キャラメルフレンチとのコンビは良い印象があるので今後も乗ってもらいたいなぁと思っています。目指せノルマンディーのストレイトガール!
  1. 2017/10/28(土) 22:42:57|
  2. キャラメルフレンチ
  3. | コメント:0

ノルマンディー人気のわけ

ノルマンディーの勢いが止まりませんね!今日はなぜノルマンディーがここまでの人気クラブになったのかを考えてみたいと思います。


① 格安

会費も一口価格も格安で、まさに一口馬主の門戸を広げたと言っても過言ではありません。この門戸を広げたことで数多くの会員が集まったことが人気クラブになった理由だと考えています。詳しくは最後にまとめますね。

② 岡田スタッドの躍進

昨年の生産者リーディングで4位。今年も5位につけています。サウンドトゥルーやスマートレイアー、ワンスインナムーンなどが重賞戦線で活躍していますし、ノルマンディーでもプラチナムバレット、ローズジュレップ、ディバインコードなどが重賞、オープン戦線で活躍を見せています。その岡田スタッドグループが母体のクラブですから社台グループに次ぐ人気になってもおかしくない話です。

③ 様子見ができる(できた)

もう過去形になってしまうかもしれませんが、様子見ができたことは大きな意味がありました。まずはゆっくりと募集馬を吟味できました。時には気になっていたお馬さんを数か月見守ることが出来たので、サイトへのアクセス数が半端ないと思います。おそらく会員1人あたりのアクセス数はキャロットよりも上なんじゃないかと思います。これだけアクセスすれば非会員さんでもクラブを認知、意識しますので様子見は所属馬の重賞制覇と同じくらいに宣伝効果があるのではないでしょうか。あとは出資に至っても至らなくても様子見していたお馬さんには愛着が沸きます。デビューしてからも「あいつ頑張っているかな?」と気になる存在です。こんな感情はキャロットやシルクではありません。様子見できたノルマンディーだからこそ芽生えた感情だと思います。この気持ちってクラブへの愛着や帰属意識につながる大切なポイントですよね。

④ 1年中何かしらやっている

一口1年目は1歳馬を決めてしまうと他にやることがありません。ただノルマンディーは2次だ3次だと募集が何回もあります。これはネガティブな意見ではなくてかなり良いことだと思います。会員はその度に募集馬をチェックすることで勉強する機会が増えますし、何より様子見してクラブや募集馬への愛着を深める機会になります。ほかにも季節ごとにキャンペーンがあったり会員さんを飽きさせません。これは本当にすごいこと。店舗に携わる仕事をしているワタクシは見習うべきところがとても多いです。本当にやることがなかった1年目はノルマンディーに助けられました。

⑤ ノルマンディスト

門戸を広げたことにより多くの方が会員になったと思います。その中にはTwitterやブログで興味深い話題を繰り広げたり、面白おかしい発信ができる才能を持ってらっしゃる方が少なくなく、クラブの盛り上げに一役買っていると思います。その発信力こそが昨今のノルマンディーの勢いを支えていると言っても過言ではありません。前述した様子見ができることや充実したイベントはノルマンディストに発信の機会を与え、いつの間にか大きなうねりができちゃう。サンデーレーシングの会員さんは「あ、そろそろ満口だ!〆切だ!滑りコールミー、ポチィィィィ~」なんて流れはつくらないでしょう(笑)あっても乗らないでしょう(笑)それに乗るのがノルマンディストであり、笑いあえるのもまたノルマンディストです。この楽しい発信力が他のクラブにはない魅力的なものになっているのではないでしょうか?もしかしたら一口馬主界ではマイノリティーなのかな・・と思っていた時期もありましたが、この流れはもはや全国区。水曜どうでしょうの藩士に似た存在がノルマンディストなのかもしれませんね。

これからも所属馬がそこそこ走ってくれて、1年中笑い合えるような楽しいクラブであってほしいなと心から思っています。
  1. 2017/10/20(金) 23:52:13|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:4

クラブ増やそう計画

もう1つクラブを増やそうと考えています。キャロットとシルクでは欲しいと思うお馬さんへの出資が難しいということが主な要因です。シルクに入会した時にはキャロットとシルクで1年おきにクラシックを目指せるお馬さんへの出資を目論んでいたのですが、それが難しいという現実にぶち当たりました。キャロットでは2年待つかドラフト11位くらいで妥協しないとそれが難しい。シルクでは予算を集中させて実績をつくるかドラフト8位くらいにしないと難しいと感じています。

この流れはノルマンディーにもじわじわやってきて、来年の抽選はさらに厳しくなりそうだなぁと思っています。ノルマンディーには回収率とともにドラフト3位くらいまでに入りそうなお馬さんへの出資がテーマでしたので、3位までが難しくなったらどうすればいいんだ!!との思いに至って、冒頭のクラブを増やす考えに至ったわけです。

検討したのは残口馬が豊富で様子見もできそうなラフィアンとウイン。だけどできるだけ冠名がないほうがいいと思ってしまったのでここにきて消極的になりました。

残ったのはGIサラブレッドとワラウカド。社台系の40口と日高の500口という対照的なクラブ。GIは予算の関係で現役馬は1頭から3頭くらいまでが限界なのと募集額が2400万円くらいまでという縛りがある中での検討になります。GIでは当たりを引かないといつまでもこの縛りの中での選択になってしまうので、相馬眼のない自分には難しいのかもしれないと思いはじめています。今はオーラレガーレをチェックしています。圧巻のトモと尾形和幸厩舎というノルマンディストの心をくすぐる預託先。ただ、この世代欲しいのは牡馬。これまでの5頭はすべて牝馬なのでもうお腹いっぱいの感はあります。

ワラウカドはラヴアンドバブルズの15をずーっと待っていて、シルクのペンカナと天秤にかけていました。ペンカナの残口があと僅かになってしまったので、ワラウカドが産声を上げる半月前にシルクに入会した経緯があります。15年産では叶わなかった入会をこの世代で・・・という気持ちもあります。

ディープ牡馬+藤沢厩舎に、ヴンダーゾンネよりも良く見えるジャスタウェイ牡馬は魅力的に映ります。びっくりしたのはタイキシャトルとスマートファルコンの牡馬。これもすごく良く見える。牡馬のラインナップいいじゃん!と感じている今日この頃で、GIかワラウカドのどちらかを選ぼうと考えています。

仕事がばたついていて、今後もなかなかゆっくりと検討も様子見もできない状況なので、10月中にはケリをつけたいと思います。
  1. 2017/10/20(金) 00:19:27|
  2. 総合 2016年産検討
  3. | コメント:4

ノルマンディー抽選結果

シルク、キャロットで全敗を喫した16年産出資申し込み抽選会。ノルマンディーは応募した3頭全てが抽選対象になり嫌な予感がしていました。

さぁ!結果です。

カグラ→当選!\(^o^)/

キョウエイハツラツ→当選!\(^o^)/

ジョウノボレロ→当選!\(^o^)/

no1018.png

まさかの3頭全て当選は嬉しい限りです。

ご一緒になった皆様、よろしくお願いします!!

そして、出資が叶わなかった方のためにも今回当選した3頭をしっかり応援しますし、皆さんの出資馬も応援します!チームノルマンディーでクラブを盛り上げていきましょう!!
  1. 2017/10/18(水) 21:25:58|
  2. ノルマンディー 2016年産検討
  3. | コメント:8
前のページ 次のページ

FC2Ad