にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

阪神競馬場に行ってきます!

今週末は

24日(土)
阪神 毎日杯 ブラストワンピース

25日(日)
阪神 未勝利 ピボットポイント

中山 1000万下 ブランメジェール

の3頭が出走予定です。

と、言う訳で土日は阪神競馬場に行ってきます。

特に出資馬初の重賞出走になるブラストワンピースは上位人気が予想され、なんとか賞金加算、ダービー出走のメドをつけてほしいと願っていますが、2400mからの距離短縮、初の遠征、そして最内と乗り越えなければならないハードルは低くありません。

しかし、このハードルでメドがつかないとダービー云々は言えない立場ですので、目の前での激走を期待したいと思います。

また、日曜日はピボットポイントが未勝利脱出を目指します。距離もこれまでで最長の2400mですので、トモが甘いピボットでもなんとかついていけるペースになるのではと思います。気になるのはしっかり降った雨の影響。金・土、日と天気は良いようで、どこまで乾くかが好走のカギを握ると考えています。なるべく良い馬場で走らせてあげたいのが本音です。

2頭とも口取りは外れてしまいましたが、勝つ姿が見たいです!

そして中山のブランメジェール。昇級戦になりますが、1000万下でも十分やれる能力は持っているので、一気に通過してくれる事を願っています!
  1. 2018/03/23(金) 18:00:00|
  2. シルクの出資馬
  3. | コメント:8

ピースヴィクトリアの16に出資した理由

出資した理由第12弾はニューワールドレーシングの「ピースヴィクトリアの16」。

オーナーズ設立時より気になっていたニューワールドレーシングのクラブ1期生にラインナップされた本馬。

正直なところ、お金が許せばナウシカの16のほうが馬体は上に見えましたが、完成度や肉付きは同期のお馬さんたちと比べてもかなりのもので早い段階での始動が期待できると思いました。

歩様は力強く、気の強さも垣間見えました。ハートは競走能力に直結する!が持論ですのでこれはプラス材料。当初は関西の新規開業厩舎としか明記されていませんでしたが、すぐに武幸四郎厩舎と発表され、もしかするとお兄様が騎乗してくれる可能性が・・と妄想がはじまります。

牝馬の目標は桜花賞に定めているクラブですので、2017年の桜花賞馬レーヌミノルを輩出したダイワメジャーはドンピシャの種牡馬。きょうだいに目立った活躍馬はいませんが、母父マヤノトップガンという近い血統構成を持つトップノートは浦河産の牝馬で中央2勝。2490万円稼いでいます。

ワタクシの財布が許す範囲で最も期待できると判断しての出資申し込みとなりました。

正直なところ、ニューワールドレーシング以外の40口なら申し込んでいなかったと思います。それだけワタクシにとっては大きな出費ですが、クラブのコンセプトに感銘を受けての応援の意味も込めています。

クラブライフはとても楽しく、40口はニューワールドレーシングのみで出資すると決めました。ただ現役馬はそう多くは持てません。多くても2〜3頭かな・・・と思っています。この仔がちょっとでも稼いでくれたら数を増やせる可能性は広がりますので期待したいところです。

初の40口クラブの出資馬は新規参入のニューワールドレーシングのお馬さんで管理するのは新規開業の武幸四郎厩舎。

「新」とか「初」づくしの出資になりましたが、1日でも長い現役生活を祈っています。


★ 出資した理由のまとめ

・ 完成度の高い馬体。
・ 歩様が力強く、気持ちの強さを感じる。
・ 新規参入のニューワールドレーシングのコンセプト。
・ 新規開業の武幸四郎厩舎。
  1. 2018/03/22(木) 18:00:00|
  2. 出資した理由(2016年産)
  3. | コメント:0

プロミストリープの件から思う事。

プロミストリープが南関牝馬クラシック第一弾桜花賞を勝ちました。出資者の皆様、本当におめでとうございます!!

中央2連勝からの南関移籍、クラシック制覇について、様々な議論を引き起こした事は事実ですが、ワタクシは・・・

・ ルールの中で最善の選択をした
・ 移籍の判断をしたシルク・ノーザンが素晴らしい

という考えです。

ずいぶんと前の事のように思えますが、弥生賞のヘヴィータンクの件も、調教師、馬主の判断は最善であったと考えています。

突然やってきてタイトルを奪うなんて・・・調教もできない状態で重賞に出すなんて・・・という感覚がわからない訳ではありませんが、現行のルール、制度の中ではなんの問題もありません。

では何が問題か。

エピカリスの時にも触れましたが、中央3歳ダート路線が確立されていない事だと考えています。

もしエピカリスがドバイに遠征せず、南関移籍、クラシック3冠を取ったとしたら、

キャロットとノーザン、ナイス判断!

と捉えられるか

弱いものイジメして、カネだけ稼ぎやがって・・・

と捉えられてしまうか・・・それはわかりませんが、世論は今回よりも割れていたと思います。

プロミストリープはようやく慣れてきた環境を突然離れたものの、新しい環境に順応し、結果を出しました。

これは素晴らしい事で、賞賛されるべきコトです。

けれどもそうではない考えを持つ方がいらっしゃるのも事実で、それは頑張ったお馬さんにとっては悲しい事ですし、競馬界にとってもプラスになる事はありません。

となると問題はただ1つ。

3歳のダート路線を整備する事。これだけです。

JRAが3歳ダート路線を整備していないのには「ダートの売上不振」「出走馬のレーディング(レベル)」「地方への配慮」があると想像できます。

出走馬のレベルの向上は整備すれば上がっていくと考えています。ヴァーミリアンやゴールドアリュールはダービーの時期までは芝で走り、それからダートに転向しています。もし、3歳春に稼げるダートの番組があればもっと早く転向していた事も考えられます。すなわち、ダートの適性があってもやむを得ず芝を走らせていた、芝用の調教を施していたお馬さんが多くいるということ。こういったお馬さんが出られるような環境を整えればレースの質は上がっていきます。

売上はレースの質が上がればついてくるでしょうし、重賞という格が売上をつくってくれる事もあります。

最後に地方への配慮ですが、3歳ダート日本一決定戦を牡馬はジャパンダートダービー、牝馬は関東オークスという地方主催のレースに譲るとして、その前哨戦として機能する重賞を中央で行えばいい。

牡馬はユニコーンSがあるのでもう1つを4月末あたりに。牝馬は3月末か4月頭に1つ、5月頭に1つ、計2つ重賞をつくれば整備可能だと考えています。

仮に路線が整備されたとしても、今度はその重賞で掲示板が精一杯というようなお馬さんが移籍する道を探る事も想定されるので結局は移籍そのものが制限される可能性があります。移籍の制限は競走馬の寿命と直結する話ですので安易にするべきではないと考えています。

人間の都合で、人間の考え1つで、慣れてきた環境を離れなければいけなかったり、行き先がなくなってしまうのはお馬さんですから。
  1. 2018/03/21(水) 22:19:10|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:0

アナザートゥルースの応援に。

一昨日のこと。

中山競馬場へアナザートゥルースの応援に行ってきました。出資馬ではありませんが、久々の競馬場ということでカメラを持ってブラストワンピース撮影の予行練習。

結果はご存知の通り、アナザートゥルース快勝!中山の鬼になれそうな巧者っぷりで、来年の今頃はマーチSに顔を出しそうな雰囲気です。

a1.jpg

a2.jpg

a3.jpg

a4.jpg

パドックではいつもより落ち着いて見え、去勢の効果が出始めたのかな・・・と。

快勝後の主役。

a5.jpg

a6.jpg

うらやましい口取り。

a7.jpg

a8.jpg

鞍上の大野騎手は最後の1人までサインをしてくれました。

a9.jpg

はっ!

ワタクシはこのとき初めて気がつきました!!

ブランメジェールのゼッケンを持ってくれば良かった・・・。

ま、次回の機会に!

今回は久々にPENTAXのカメラを持っていきましたが、絶望的な写真ばかりでしたので、ブラストワンピースの時はSONYのカメラで遠征する事を決意したのであります。

アナザートゥルースの出資者の皆様、本当におめでとうございます。
  1. 2018/03/20(火) 18:59:30|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:8

ミスルナの16に出資した理由

出資した理由第11弾はノルマンディーの「ミスルナの16」。

missluna.jpg

海外のセールで購入され、二次募集にラインナップされた本馬。

馬体の完成度は高く、現役馬のような背中でかなりバランスが良いように感じます。ジョウノボレロ同様、力強さのある歩様と推進力は世代随一。早い段階での活躍を期待したくなります。

ダートが主戦場になりそうな血統構成ではありますが、芝でもやれそうな柔らかい脚捌きが見てとれます。もし兼用であればレースの選択肢が広がり、勝ち上がった後も出走に苦労する事は少なそう。

管理するのはキョウエイハツラツと同じく山内先生。本馬をセール時に見かけ、山内先生の方からノルマンディーにオファーがあったという話ですので、先生の期待は大きいものと確信しての出資となりました。

★ 出資した理由のまとめ

・ 完成度の高い馬体。
・ 歩様が力強く、推進力抜群。芝でもやれそうな柔らかさがある。
・ 山内先生自らノルマンディーにオファーするほどの惚れ込みよう。
  1. 2018/03/15(木) 18:00:00|
  2. 出資した理由(2016年産)
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad