にんじんサンデーの一口馬主ダイアリー

出資中の競走馬の話を中心とした競馬の話題を綴っていきます

勝手にMVP 2017

今年もまたあの企画がやってきました。年内最後の更新になりますのは昨年に続き2回目の「勝手にMVP」と題しまして、ワタクシの出資馬に関わってくださったホースマンの中でどなたが1番貢献してくださったかを決めるという独断と偏見に満ちた企画です!

昨年は一口馬主デビュー戦となったキャラメルフレンチを管理してくださった尾形和幸調教師をMVPとさせていただきましたが、年末にはそのキャラメルフレンチが転厩と競馬の世界の厳しい現実を目の当たりにしています。

まずはノミネートの発表の前に今年のおさらいを一口馬主DBさんのページから拝借。

2017122801.png

ワタクシ、今年わずかに2勝です(T_T)

3月の未勝利戦でブランメジェールが大野騎手とのコンビで勝利。
11月の新馬戦ではブラストワンピースが池添騎手とのコンビで勝利。

この2勝です・・・。うん。もうちょっと勝ちたかったな・・・。

2017122802.png

キャラメルフレンチが夏の新潟で500万下クラス2着に入り、賞金だけを見れば回収率100%超え。一方で回収率0%で引退したお馬さんが4頭と苦しい1年だったように思います。来年はピボットポイントとルベライト、ロワセレストには早めに勝ち上がってもらい幸先よい1年にしてくれると助かるんだけど・・・。

と、いう訳で勝手にMVP 2017ノミネートの発表です!!

●大野拓弥騎手

3月にブランメジェールの未勝利脱出に貢献してくれた騎手です。スタート良く2番手でレースを進め、楽な手応えで直線に。後ろから何もこないのを確認してから抜け出し、完勝と言って良い内容でした。年末のブランメジェールのレースは大野騎手がサウンドトゥルーで遠征していた為、三浦皇成騎手が乗り変わりましたが、いつもより一列後ろに下げ、6着。コメントからは高木先生の指示による位置取りだったように思いますが、チグハグした位置取りからは大野騎手不在が響いたように思いました。

●池添謙一騎手

11月にブラストワンピースの新馬勝ちに貢献してくれた騎手です。スタートはまずまず。内でジッと脚をため、ロスのない形でレースを進めます。最後の直線、余力たっぷりの中抜け出そうとしますが、前が壁に・・・。しかし冷静に外に持ち出し素晴らしい末脚で快勝!ジッとためてくれた事が最後の切れ味に繋がったと思います。若い騎手であれば少しでも良い位置をとりに早めに外に持ち出し、大外をぶん回ししたりするものですが、ベテランの域に近づきつつある池添騎手の経験値が活きた形になりました。

●大竹正博調教師

ブラストワンピースの調教師です。脚元に不安のあるブラストをしっかりケアをしてくれた事、勝てる可能性がある番組にエントリーしてくれた事、そのレースに池添騎手を確保してくれた事、総合的な厩舎力の賜物だと思います。獣医でもある大竹先生ならではの気づき→触診→ケアがブラストワンピースのデビュー勝ちに繋がったのでしょう!

以上3名です。

それではこの3名の中から栄えあるMVPは・・・・

池添謙一騎手です!!

やっぱりしっかりとした位置取りをしてくれた冷静な騎乗が全てです!ぜひ次のレースにも乗っていただきたいですし、その先もずっとお願いしたいくらいです!池添騎手!ありがとうございました!!

と、いう訳でこちらのブログは年内最後の更新にしようと思います。この1年見ていただいた方、コメントいただいた方、本当にありがとうございました。来年もどうかよろしくお願い致します!!

皆さんの出資馬が無事に走り抜け、良い結果になりますように!!

それでは、良いお年を!!
  1. 2017/12/28(木) 22:42:08|
  2. 競馬雑談
  3. | コメント:6

近況あれこれ

気づいていましたが、12/17のピボットポイントのレースがワタクシの出資馬年内最終レースでした。まだ競馬開催日がある中で1年を振り返っちゃうのもあれなんで、ここ最近の近況を。

①ニューワールドレーシングに入会・出資の申し込みをしました。

タバートさんが立ち上げた新しいクラブですが、そのコンセプトに感銘を受け、募集開始時刻と同時に申し込んだ次第です。自分にとっては初めての40口クラブになります。既に出資馬ごとのLINEグループや毎日の情報更新がはじまっていて、その存在感は自分の中でも急速に高まっています。このクラブへの想いはまた次の機会に。

②ノルマンディー2次募集に申し込みをしました。

ノルマンディー2次募集に申し込みしました。写真を見るまでは気になっていたフォーハピネスは自分の出資基準ではポチるに至らず。申し込んだのはミスルナ。マル外牝馬でダート短中距離路線を歩みそうな存在です。人気になりそうな気配もあるので抽選になるかもと思っています。出資できるといいんだけど・・・。

というような近況です。

2016年産は今日のミスルナをもって出資は終了です。キャンセル募集にもいきません。結構な頭数になってきたので走ってくれないと困るゾ!
  1. 2017/12/27(水) 23:07:09|
  2. 出資馬検討
  3. | コメント:4

ディフィカルトの16に出資した理由

2016年産出資した理由第3弾はシルクの「ディフィカルトの16」。

dif1031.jpg


テスタマッタの半妹になります。父がヘニーヒューズに変わり、牡馬なら速攻で満口だったでしょうが、測尺が超小柄な牝馬ということもあり残口たっぷり。ただ馬体のバランスは良く見えたし、歩様もしっかりしていて好感が持てました。

11月の更新で身体が大きくなってきたのが確認できましたが、ダート戦線を戦っていくにはまだまだ筋肉量は足りず、かなり鍛えなきゃいけない様子。しかしこの頃へニーヒューズ産駒がダートの新馬未勝利戦での活躍が目立ち、なんとか勝ち上がり、地道に稼いでくれるのではという得意の甘い目論見が脳内を占めたのと馬券のサポートもあってポチった次第です。

関東の牝馬限定ダート条件戦はわりと手薄と思っているので回収率目指して走ってくれれば嬉しいです。ヘニーヒューズ産駒は好調期間が短い印象ですが、大事に使ってくれる久保田先生なら長持ちさせてくれるのではと考えています。


★ 出資した理由のまとめ

・ 半兄テスタマッタはダートGI馬。父へニーヒューズはダート戦線で活躍馬が出てきており、関東の牝馬限定ダート戦に活路を見出せそう。
・ 小柄で筋肉量は少ないけれど、馬体のバランスが良いのと運動神経がそこそこありそうな歩き方をしている。
・ 大事に使ってくれる久保田厩舎所属。
  1. 2017/12/22(金) 23:47:07|
  2. 出資した理由(2016年産)
  3. | コメント:2

ピボットポイント2着!

ピボットポイントの2戦目。

結果はどスローで逃げた勝ち馬から2馬身離された2着。3着馬の猛追をハナ差で凌いだのが収穫でしょうか。

デビュー戦と今日と2つのレースを通じて感じたことは、本格化はまだまだ相当先にある・・・という事です。スタートから行き脚つかないし、道中もずっと促しながらの追走になっていますので、まだまだ身が入っていないのでしょう。それでも2着に来ていますから、力はあると思います。もしかしたら距離も長い方が良いのかもしれません。

ここからは個人的な想いになりますが、ピボットポイントは来年の夏までに勝ち上がるという方向性にした方がよいと考えています。理由は上記の通り、身が入っていない状況で素質だけで走っているので成長を促した方が将来的にもいい方向に繋がるのではと思います。一旦外厩に出して、3/11(日)阪神 未勝利 芝2200あたりを目指す感じで・・・。

もし続戦するのであれば1/6(土)京都 未勝利 芝2200を走った後は4月まで休むくらいのローテーションでも良いと思います。勝ち上がらなきゃ何も言えないのはもちろんですが、ベクトルを「古馬になってから」に向けての調整になってほしいと考えています。

今の状況で素質を感じているからこそ、1日でも長い現役生活を送ってほしいし、故障に泣いた全兄2頭も見てきているので大事にいってほしいと思います。
  1. 2017/12/17(日) 21:51:55|
  2. シルクの出資馬
  3. | コメント:0

ウィストラムの16に出資した理由

2016年産出資した理由第2弾はシルクの「ウィストラムの16」。

wi161022.jpg


最初にピンときていた本馬。今年のクラシックにも顔を出したアウトライアーズの半妹にあたります。

小柄ながらしっかりとした立ち姿に魅力を覚えました。力強くて全身を使った歩き方はかなりの魅力。気持ちが強そうな面も好感が持てました。残口点灯の段階ではちょっとぽっちゃりしたかもなーと思いましたが、逃したくなかったので出資を決意しました。

父ダノンシャンティーと半兄アウトライアーズの仕上がりを見ると早めのデビューも可能では・・・と思いますが、5月生まれですし、じっくりいってほしい気持ちもあります。

★ 出資した理由のまとめ

● 半兄アウトライアーズはクラシックに顔を出した逸材
● 小柄ながらもバランスと力強さを兼ね備えた好馬体
● 時折見せる気持ちの強さ
  1. 2017/12/14(木) 22:37:17|
  2. 出資した理由(2016年産)
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

FC2Ad